TRK_Private

2012年、東京から秋田=夫の出身地に移住した主婦の日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ディズニーランドが怖かったという思い出

2010-10-31 16:41:10 | おでかけ
去年のことなのですが、ディズニーランドに行った時のことを書きます。ちょうど10月、ハロウィンの飾りつけが楽しい雰囲気でありました。

・・・が、私は「ほぼ初めて」のディズニーランドでありまして、一番強く思ったのが「怖かった」でありました^^;;


 *

うちは子どもが3人もいるわりには、ディズニーランドに行ったことがありません。人混みも遊園地の乗り物も苦手なので、行きたいという気持ちが無いのです。(ディズニーランドの近くのホテルに泊まって、千葉マリンスタジアムに通ったことはあります。そういう家族なんです)

が、娘の友だちのママが「運動会の振替休日に、ディズニーランド行こうよ!」と誘ってくれまして、せっかくだし、じゃあ行きましょょーか・・・となったのでした。以降、娘の友だちを「Kちゃん」、そのママを「Kちゃんママ」と呼ぶことにします。


Kちゃん&Kちゃんママ

出かける数日前に、Kちゃんママから

「私が車を出すから、運転お願いできる?」

と提案されました。彼女は「普段は近所しか運転しないから自信が無いの~」ということでした。まあ、子どもたちがいるし、車のほうが便利だし。でも私が運転するなら自分の車のほうがいいわと、うちの車で行くことになりました。

で、早朝に待ち合わせまして、首都高があまり混雑する前に通過。うちの車にはナビが付いていないので、首都高の分岐を間違えずに行けるかちょっと不安でしたが、何とかテキトーに(?)

そうしたら、助手席のKちゃんママが、わーわーきゃーきゃー騒ぐのです。

「どうして高速道路を普通に運転できるの~!!」

・・・いや、首都高は何度走っても慣れません、というか、できれば走りたくありません。分岐が難しいし(=構造上の欠陥ってやつだと思います)、狭いし、カーブキツイし・・・でも、かといって下道で行くと時間がかかるでしょうし、仕方なく走ったのですが。

そうこうしながら、ディズニーランドに付きまして。
私はまったく無知なので、車の中でも「Kちゃんママに全部お任せするからね」と言っておりました。Kちゃんママはディズニーランドが大好きで、しょっちゅう来ていると言っていました。

まず最初に、「プーさんのハニーハント」のパスをとってきてくれまして、その間にKちゃんママの大のオススメ=「ビッグサンダーマウンテン」に並ぶことになりました。

しかし。
全く情報の無かった私は、この乗り物が、あんなに怖いものだとは知らなかったのです。
長い待ち時間の間、子ども達は子ども達で、親は親で、おしゃべりに花が咲きまして、どんな乗り物なのかは、深く考えることはありませんでした。ときどきコースターが走る音や乗客の声が聴こえても、楽しそう・・・と勝手に思い込んでしまっていたのです。

(帰宅してから、この乗り物の動画を見ました。あまり怖そうには思えないのですが、実際に乗ったら本当に怖くて死ぬかと思いました)

遊園地が好きな人、慣れている人には、ビッグサンダーマウンテンはそれほど怖くない乗り物なのかもしれません。が、私は、遊園地の乗り物は「見ているだけで怖そう」と思ってしまうほうで、実際ほとんど乗ったことが無いのです。こういう親なので、娘もほとんど乗ったことがありません。

薄暗い乗り場の時点で、子ども達2人はビクビクしておりました。実は私も、乗る直前にあった「心臓の弱い方はご遠慮下さい」という掲示でビビっておりました。マズイ・・・

果たして。
少し動き出した時点で、娘は私の隣で泣き出してしまいました。後ろの席でKちゃんも「こわーい!」と泣き出しました。ここで、私も急に恐ろしくなりました。確か、ディズニーランドの乗り物で心臓麻痺を起こした人いたよね・・・乗り物が怖いというより、娘に何かあったらどうしようかという怖さで背筋が凍る思いでありました。

そういう中、Kちゃんママだけが元気でして、「もったいないから、ちゃんと見なよー!」と私たちを励ましているのです。いや、無理・・・

ようやくゴールしました。私は冷や汗だらだら、子ども達は涙でぐしょぐしょ。Kちゃんママだけは「これ、初歩の初歩だよー!」と元気いっぱいなのでした。いや、無理、これが初歩だなんて・・・

その後で、プーさんのハニーハントに入場しました。非常に人気がある乗り物らしいのです。

が。

ワタクシ、これもダメでした。子ども達はそれなりに楽しんでいましたが、しかし、乗り物がどういう方向へ動くのかがわからないので、めちゃくちゃ怖いのです。周囲の景色を楽しむ余裕は全くありませんでした。

※帰ってきてから、ディズニーランドのHPで確認しましたら、プーさんは「小さな子どもでも楽しめる」のカテゴリに入っていました。いやいやいや、あれ、怖いし!


その後は、Kちゃんママも方針を「幼児向け」に転換してくれまして、「上下運動なし」「決まったレールの上を滑るだけ」の乗り物をセレクトしてくれたのでした。
が、高い入場料を払って入ったのですから、Kちゃんママが我慢するのではもったいない気がします。・・・ということで、後半は子ども二人は私が引き受けて、Kちゃんママは一人で「怖い系」に何度も乗りに行っていました。


私と子どもたち二人とで、のんびり散策。


また、もうひとつ怖かったのはパレードでした。大音量で近づいてきて、近くにくると巨大な行列。パレードが通過するまで道を渡れなくなってしまって、それもまた怖いのです。途中でKちゃんママから電話が入ったのですが、大音量で聴こえず、困るを通り越して、やはり「怖い」でした。・・・この日、私はパニックに陥っていたと思います。何から何まで「怖い!」としか思えなくなっていたのです。


まあ、最後のほうに見たマーチングバンドや、ショッピングなどは楽しかったので、気を取り直して帰ってまいりましたが。。。


Kちゃんママ(=運転暦はけっこう長い)が、「私、高速って怖くて走れなーい!」と言うのに、遊園地の乗り物は「怖ければ怖いほどいい!」というのが不思議で仕方がありませんでしたが、彼女は私を「首都高を運転できるくせに、遊園地の乗り物がダメっておかしすぎるー!」と笑うのでした。

いや、自分の運転は自分で行く先がわかるから怖くないですよ。
どこへ連れて行かれるのかわからないのは、やっぱり怖いですよ。


 *

ずっと前に、『ディズニーランドの経済学』を読んだことがありまして、遊園地には興味が無いけれどディズニーランドは面白いなー、機会があったら実際に見に行ってみたいなー・・などと思っていたことがあったのですが。何でしょう、やはり、最初に乗ったのが怖すぎたのでしょうか。事前に下調べをしておくのは必要だなーと反省しました。


ちなみに、娘は

「2度と行かない!」

と言っておりました。すまん^^;;



↓参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
<script</script><noscript></noscript>
コメント

歩数計の旅 野辺地、平内

2010-10-30 17:58:07 | 歩く
歩数計の旅は、青森県の「野辺地」を通過し、今日は「平内」に入りました。
野辺地も平内も、名産は「ホタテ」だそうです。

野辺地には戊辰戦争での戦死者の墓所があるそうです。
これを読むと胸がイタイですわー
県指定文化財

こんな情報ブログも
まちBlog野辺地


平内町の「浅所海岸」ではオオハクチョウが。
浅所海岸

 *

ワタクシ、だんだん青森県に詳しくなってきましたよ。



↓参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
<script</script><noscript></noscript>




コメント

タイガー魔法瓶「SAHARA」の保温性に感動

2010-10-29 16:46:00 | 生活
雨の日のハイキングの話のついでに。

今更ながらですが、タイガー魔法瓶の「SAHARA」というボトル(500ml)の保温性に感動してしまいました。ほんと魔法のようでしたわ。

タイガー魔法瓶 ステンレスボトル「SAHARA」


朝7時頃に熱湯でお茶を入れて、日中に半分ほど飲み、残りはそのまま持ち帰ってテーブルの上に置いておいたのですが、夜の8時頃になっても「あちち!」という感じでした。中に半分くらいしか残っていなくて、寒い中を歩きまわって、12時間以上もたってて、それでも「熱いお茶」のままだったのです。

すげー!

ずいぶんと前に買ったもので、どれくらい前のものかはわからないくらいですが、久しぶりに引っ張り出して使いました。普段はほとんど車で出かけているので、「熱いお茶を持ち歩きたい」という機会がなく、これの威力を実感できておりませんでした。


SAHARAではありませんが、数年前に子どもが部活で使いたいということで、スーパーで安い1.5リットルくらいのボトル(保温&保冷)を買いまして、これは数時間たてばすっかり常温に戻っていました。それでも、そういうものは似たり寄ったりだと思っていたのです。


しかし、本当の保温とは「SAHARA」のようなものを言うのですね!
これがあれば寒い日も安心です!

・・・と、多くの方が知っているであろうことを、あらためて知って騒ぐワタクシ
(頭がおかしいのですわー)




↓参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
<script</script><noscript></noscript>
コメント

雨の中のハイキング(4)

2010-10-29 13:41:05 | おでかけ
日和田山を実際にご存知の方にはおわかりでしょうが、「金比羅神社の鳥居をちょっと過ぎた辺りまで歩いた」というのは、山歩きというより、お散歩程度の距離でした^^;;

もうちょっとで山頂なんだけどなーと思うと非常に残念でしたが、娘に無理をさせるわけにもいかず、また娘を置いて私だけ登るわけにもいかず、きっぱり諦めて下山しました。下山というほどの高さでもないのですが^^;; (日和田山の山頂は標高305mとのこと)


で、また来た道をのんびりと戻ったのですが、やはり歩く距離が物足りなかったので、巾着田のほうへも行ってみました。


マンジュシャゲの季節が終わって、遠くにコスモスが少し見えるだけでしたが、周囲を囲む木々が美しく、また鳥の声が美しく響いてきて、非常に気持ちのよい場所でした。



そういえば、立て看板に「猪が出るので、安全のため冬季は夜間の出入りはできなくなりました」というようなことが書いてありました。


その後はアリサンカフェでお楽しみのランチ

娘と相談してテラス席(=しっかりした屋根があります)へ出てみました。少し寒かったものの防寒ばっちりの服装でしたので、食事とともに雰囲気もじっくり堪能。ブルーの電飾がきれいでした。


テラスは川に面していまして、その川にはシラサギ(かな?)が。

  
娘はメープルミルクを熱々で。ここはベジタリアンカフェですが、一部で乳製品は使われているみたいです。


娘が頼んだピタピザ。野菜とチーズだけのピザですが、娘も「美味しい!」と絶賛。


豆のペーストのベーグルサンドセット。スープはたっぷりLサイズ、娘とシェアしました。

 *

ランチの後は、すぐ向かいにある書店へ寄りました。
娘が最近ハマっているのは「リトルジーニー」のシリーズでして、・・・本はできるだけ我慢させずに買ってやりたいとは思うのですが、ここのところ立て続けに「ジーニーの新しいのがあった!」と言われて、お財布ピンチであります。(結局、買っちゃったけど・・・)

ランプの精 リトル・ジーニー〈13〉ときめきのドールショップ
ミランダ ジョーンズ
ポプラ社

このアイテムの詳細を見る



この日は、ずーっと雨が降っていてずーっと寒い日でしたが、その分人混みもなく、電車のもゆとりで座れて、娘とずっとおしゃべりができて、非常によい一日でした。
たまには、こういう日もあっていいですわね。

(・・・と、頭のおかしい母は、ひとり納得する)



雨のハイキングシリーズ終り。


↓参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
<script</script><noscript></noscript>
コメント

雨の中のハイキング(3)

2010-10-29 12:52:03 | おでかけ
この日の予定では、「日和田山方面へ、子どもの足でも行けるところまで歩いてみる」でした。日和田山を目標にしたのは、近くに「アリサンカフェ」があるからです。

春先にアリサンカフェに行った時の記事
4月14日の記事「ベジタリアンカフェでランチ」

良いお店だったので、機会があったらまた行きたいと思っていたのでした。


日和田山&巾着田というのは、私は車で近くを通りかかったことがあるだけで、実際には歩いたことはありません。が、小学生でも遠足に行くようなところらしいので、子どもと一緒でも、ある程度のところまでは行けそうだな、と。まあ、雨ですし、山の雰囲気をちょっとでも味わえればよいのです。






高麗駅から平地をしばらく歩きまして、これは山へ入ってすぐのところにある休憩所で撮った写真です。

実は、あまりにしっかり防寒対策をしたために、ちょっと歩いたら汗をかいてしまいまして、屋根のある休憩コーナーでヤッケを脱ぎ、ちょっと涼んだのでした^^;;
とはいえ、静かに座っていると、やはり冷気が襲ってきます。少し休んで、またヤッケをかぶって歩くことにしました。

ここまでは傘を差して歩いてきましたが、木々の中に入ると雨粒もあまり落ちてこないので、傘をたたみました。



↑金比羅神社入り口の鳥居です。ここまでは林道がきちんと整備されていまして、スニーカー(=一応、靴底のしっかりしたもの)でも、あまり苦労せずに歩けます。

 *雨の中で困るのは、カメラが使えないことでした。結局、古いケータイの古いカメラで片手で撮りましたら、ボケボケになってしまいました。



↑歩く途中にあった算数の問題です。さすが子どもの遠足コースという感じでしょうか。


で、この辺りから道に岩肌の露出が増えてきまして、歩くのに難儀しました。
それまでは木のチップや細かい砂利が敷かれた整備道だったのですが、岩肌が出ている道だと足元が滑りそうで怖いのです。

だんだん、娘が「怖い怖い」と言い出しました。



↑娘の手を引いてやりながら、何とか歩いて行くと、こういう感じになってきました。それこそ「三点確保をしっかり」しないと危なそうなコースです。

実は、これはちょっと予想外でした。子どもの遠足コースと聞いていたので、日和田山の山頂くらいまでは(雨でも)何とかなるだろうと思っていたのです。が、さすがにこの岩肌を、子どものスニーカーで歩かせるのは無理だなーと思い、ここで引き帰すことにしました。

しかし、晴れていたとしても、ここを小学生の遠足で歩かせるんだろうか・・・トレッキングシューズとか無しで? 私がルートを間違えたのだろうか、もっと歩きやすいルートがあったのだろうか・・・

ちょっと謎の日和田山でした。



↓参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
<script</script><noscript></noscript>
コメント

雨の中のハイキング(2)

2010-10-29 12:16:50 | おでかけ
雨が降って寒~い中、山方面へ遊びに行ってきました。娘を強引に同伴させています。あらためて振り返ると、ちょっとどーかしています。平日に学校をサボらせて、雨の中をわざわざ山歩き。我ながら頭がおかしいと思います、マジで





↑前日に思い立って天気予報を確認すると「雨」だったので、こんなものを作りました。防水スプレーを吹き付けて乾燥させて出来上がり。



↑飯能で乗り換えた西武秩父線はボックスシートの電車でした。一気に旅行の気分~♪ 飯能から東飯能までは普通の(?)風景なのですが、東飯能を過ぎると急に周囲が「山!!」の景色になりまして、これもまた感動であります。



↑高麗駅です。娘が足に着けているのが、前日に縫った「簡易スパッツ・低山歩き用」です。筒状に縫って下には幅広ゴムを縫い付けてあり、それを靴の底に引っ掛けて歩きます。これは、

 ・足元が濡れても冷たくならない
 ・小石や草などが靴に入るのを防ぐ

・・・という効果があります。ちなみに、私自身は石井スポーツで買ったスパッツを持っております;娘が今後も山歩きがしたいと言い出したら、きちんとしたのを買ってやろうかと。


この日は天気予報で「寒いです!」とさんざん驚かされていましたので、服装は、例えば娘の場合、
・Tシャツ
・ウール混ニットのチュニック
・中綿ジャケット
・長ズボン+厚手ハイソックス+簡易スパッツ
・手袋
・ツバ広キャップ
・ヤッケ

でした。ヤッケはリュックを背負った上にかぶりました。平地は傘も差し、防寒防雨対策は万全です。ついでに言えば、熱いお茶の入った水筒と非常食(チョコレート)も持参であります。



・・・と、準備は万端なのですが、だからこそ、「何でわざわざ冷たい雨の中、そこまでして? 子連れで? それも学校サボらせて?」であります。

いや、理由はあまり無くて・・・急に行きたくなって・・・





↓参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
<script</script><noscript></noscript>


コメント

10月28日(木)のつぶやき

2010-10-29 02:41:18 | twitter
19:01 from ついっぷる/twipple
今日はずっと外にいて、ネットはおろかラジオすら聴かなかったのです。さっき帰ってきてドラフトの結果に驚いております。ほえー、ファイターズはハンカチ王子をご指名でしたかー #lovefighters
by Twitter


↓参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
<script</script><noscript></noscript>
コメント

雨の中のハイキング

2010-10-28 20:22:02 | おでかけ
今日はこんな感じのところへ行っておりました。今、既に猛烈に眠いざます〓





↓参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
<script</script><noscript></noscript>
コメント

10月27日(水)のつぶやき

2010-10-28 02:38:28 | twitter
10:53 from web
今、ラジオで昔話をしている男性が・・・女性の部屋に行ったらドアチェーンをかけられたたまま「今は人が来ているから帰って」と言われたんだけど、男の靴が見えたので頭に来てチェーンをギコギコ切ったと。そうしたら警察を呼ばれて捕まったと。この変態じじいは誰なのかと思ったら渡辺淳一(怖・・)
10:56 from web
警察で職業を聞かれて「作家だ」と答えたけど、そんな名前は知らないと言われた。でもその3ヶ月後に直木賞をとった、あのときの警官はどう思っただろうかねー、これも女性たちのおかげだねー・・・みたいに、自慢げに語っているのが、めっちゃ気持ち悪~い!!
11:02 from ついっぷる/twipple
札幌在住の息子(大学生)が「雪をかきわけ自動車学校行ったら雪かき間に合わないから教習中止だ」とつぶやいていた・・・本当にそんなに降っているのね(驚)
on Twitter



↓参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
<script</script><noscript></noscript>
コメント

バジルのハート

2010-10-27 11:35:22 | 生活
仕事中、娘がわざわざ電話をしてきて、

「バジルの葉っぱを摘んだら、虫食いの穴がハートの形になってた!」

とのこと。さらに「写真に撮ってブログに載せてね!」と強い要望。あー、はいはいはい。
(やっつけで撮ったら、ボケボケ写真になってしまった・・・)


ちなみに、このバジルですが。
玄関脇にプランターを置いて、春先に苗を植えておいたらどんどん伸びたものです。夫が大事に育てていまして、娘と一緒に、何度もバジルソースを作っていました。
 
 ・バジルの葉っぱ
 ・塩
 ・オリーブオイル
 ・ナッツ類
 ・にんにく

を、テキトーな分量で、すり鉢やフードプロセッサーなどで混ぜるだけ。夏の間は、パスタに素麺にサラダに、そして肉に魚に、何にでも使っていました。


まだまだ葉っぱが青々としています。(さすがに、今日のような寒さになれば、もう枯れてしまうかな?)


↓参加しています。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村
<script</script><noscript></noscript>



コメント