モーターサイクル日記

モーターサイクルと日常

ラビットS301 修理依頼

2019年10月17日 | モーターサイクルの話

得意と言う訳でもないが、ラビットの修理依頼がたまに来る。

メインスイッチ分解修理~配線補修などを施し、いざエンジン関係を。

混合燃料を1L作ってタンクに投入。

キャブからガシャ漏れ~~~~(@_@;)

調べるとキャブレターガスケットが入ってない~~~(@_@;)

コックは入庫した時から「コックが付いてないなぁ?」と思っていたのだが、汎用コックをタンク下部の取り付けネジにホースで繋いであった。

ラビットはサイドカバー(ボディカバー?)を付けると、ガソリンコックにアクセス出来ないので、ON-OFFはどうしてたんだろう?

ラビットのパーツを売っているショップにもコックの販売は無い。(コック内部のOHキットは出てるんだけど)

仕方ないのでタンク下部の取り付けネジに、アルミのパーツを製作して延長。

汎用コックを取り付けて、外部からON-OFFを操作できるようにジョイントパーツを製作した。

 

 

これでON-OFFが出来るようになった^^

 

 

 

コメント (1)

社外タコメーター

2019年10月14日 | モーターサイクルの話

自家用R80GSベーシックに、タコメーターを付けたいな~と前々から考えてた。

ヤフオクに当時オプションのタコメーターが出て、ウオッチしてたんだけど落札価格が何と7,8万!!!

競う事もなく撃沈(笑

そんな経緯もありまして。。。

自分のバイクだし別に社外でも良いじゃないか。とイロイロ探してみた。

派手な奴は除外、出来るだけ小型で地味なやつが良い。

そんな条件で見つかったのは、かなり小型で文字板も8000rpmのツイン用、LED照明でバッチリ明るく見やすい。

ステッピングモーター式で、キーを入れると一度動作確認のため針が動く。(コレは今風だがまぁ良いだろう。)

まさに お値段以上ではないか^^

 

 

社外タコメーター

コメント (5)

DUCATIマッハ1 エンジンリペア5

2019年09月30日 | メンティナンス

組み込みを進めていくうちには不具合も出てくる。

ロッカーカバー取り付け6ミリねじ穴が、IN側EX側とも一か所ずつ舐めっていたのでヘリサート修理。

 

 

 

 

 

 

クラッチのレリーズレバーの摩耗がなかなかのものだ。

レバー穴は楕円に、取り付けピンも段付き摩耗してる。

 

 

 

肉盛りして修正しておく。

新品にしたければ後からでも交換すれば良いだろう。

 

 

取り付けてこんな感じ。

プッシュロッドのオイルシールも作り変えた。

 

 

 

そして前にも書いたがタコメーター取り出し口、カム側の差し込み部が折れていた。

ここも直そうと思う。

 

 

 

まず溝を切る。

 

 

 

ロウ付け後成型。

 

 

 

ついでにオイルリーク対策で、Oリングを入れる溝も加工しておく。

 

 

 

 

続く

コメント (2)

DUCATIマッハ1 エンジンリペア4

2019年09月25日 | メンティナンス

しばらく作業が出来なかったマッハ1エンジン。

シリンダー下のシムベースが入荷したので早々に組み込む。

 

シムベースは矢印のもの

 

 

通常のOHCエンジンだとカムスプロケット位置がずれてしまうが、ドカティシングルはベベルシャフトが上下にスライドできるので、改造は要らない。

 

それでもインレットのバルブに当るので、リューターやヤスリで少しづつ削る事にした。

何度か(今回は4回)ピストンに粘土を付け当ってる箇所を確認、修正を繰り返していく。

 

 

 

バルブが当らなくなれば、あとは削った箇所の仕上げ。

出来るだけ傷を消していく。

 

 

 

ここまで出来ればエンジンは完成に近いだろう。

 

 #追記

オーナー様に持ち込んで頂いたガスケットキット。

その中のクラッチカースパッキン。

これがいつもピッタリ付かない。

どうにかすれば付くって感じではないんだよなぁ。

何回か同じ事をやってると思う。

切り出す型が狂ってるのか?

 

 

 

考えていても仕方ないので、パッキン紙から新たに切り出す。

 

 

続く

 

コメント (3)

KDX125  エンジンリペア2

2019年09月15日 | メンティナンス

左右のクランクケースを合体させた後、ガンメタでペイントを施した。

 

 

 

シリンダーのここは工房に来た時から折れていて、カバーも付いていなかった。

 

 

 

センターに下穴をあけ、折れボルト抜きで抜き取る。

 

 

 

上手く抜けた。

 

 

 

シリンダー、ヘッドもガンメタペイントを施す。

 

 

 

ピストンは新品を使う。

 

 

ほぼカタチになったので後は載せ替えかな。

 

工房内が空いたら作業に入る予定。

 

 

 

#追記

 

さあ いざ合体と思ったら、思い出した。

リヤ側のマウント穴にカラーを製作して入れたんだっけ。

しかも接着しちゃったから、壊れたエンジンのカラーが抜けず使えない。

仕方なくもう一度新たに削りだした。

 

 

 

無事に合体。

 

あとは細かな箇所を煮詰めて完成かな。

 

コメント (4)