日々の美学を求めて

秘湯・グルメ・旅行・ポケモンgo
(粋と張りを本領とし計らって活きる)

結婚式

2013年04月29日 | 日記
結婚式

グランド ハイアット 東京にて
来賓・友達・親戚約100名招いて

天気が良くて暖かくて
いっぱいの人に囲まれて
幸せいっぱいの2人を目の前に

末永く幸せでいて下さい。

写真はブーケトスと料理です

会場は教会を出て屋外にありました。
料理はどれも美味しくて、量も質も最高です。

でも時間があっという間で・・・食べ切れませんでした・・








コメント

一足お先にGW突入です!

2013年04月26日 | ミニチュアダックスフンド
一足お先にGW突入です!

今日から10連休・・・会社に入って一番の
大型連休かもしれません。

今日はとても天気が良くて
ルナのシャンプーをしました。

暖かくて、適度に風もあり
乾かすのにも最適でした。

でもルナは迷惑そうです!







コメント

DVD「007/スカイフォール」

2013年04月23日 | 映画(DVD)
DVD「007/スカイフォール」

原題:SKYFALL

007生誕50周年記念のシリーズ第23作「007 スカイフォール」。
テーマソングと共に銃を撃つシルエットもキマってるし、
ジェームズ・ボンドの死?という衝撃のオープニングから、
引き込まれました。
アクションシーンも丁寧に撮られてて好印象。
何より、いつになく人間ドラマに厚みがありました。
でも旧来からのファンにとっては、どーなんでしょ?
防戦一方の戦いや、「人間」ボンドに迫る終盤の展開は、
007らしくないというか、もはや007じゃなくてもいい気
さえしますね。
その一方で、新シリーズ中もっともボンド映画の
お約束を踏襲してるのが面白いところ。
007のテーマ曲がこれまでにないくらい鳴り響くし、
アノ人たちやアノ車も登場したりして。
「こんなのボンド映画じゃない!」という反応を見越して、
おなじみのアイコンを一層散りばめたってとこでしょうか?
僕のようなにわかファンには、
十分楽しめました。

コメント

【野球】5-2で勝利です!3人の投手で1安打勝利

2013年04月20日 | 野球
【野球】5-2で勝利です!3人の投手で1安打勝利
投手
林下 3回を49球1三振2四球1死球2失点
宇都 4回を46球3三振1四球1安打
黒田 1回を17球1四球


1番ショート倉田
2番キャッチャー新添
3番サード伊藤1安打・・なんと2失策(2点はこのエラーです)
4番ピッチャー林下
5番セカンド徳倉1本塁打2打点
6番ファースト平井1安打
7番センター竹内1安打
8番ライト成田1安打
9番レフト荒巻
10番黒田1安打
11番野口
12番宇都1安打1打点
13番関谷
14番内野1四球2打点
15番友情参加清水さん
(橋本、水田は元気ですか・・・と言ってました・・・早く還暦にとも)


1回倉田・新添・伊藤三者凡退
2回林下・徳倉凡打のあと、平井・竹内・成田の連続安打で満塁も荒巻初球を必死に避け結果三振チェンジ
3回黒田四球、野口凡退、宇都エラーで出塁、関谷凡退、内野のショートゴロ俊足でエラーを誘い2打点、倉田凡退でチェンジ
4回新添凡退、伊藤センター前ヒット、林下凡退のあと、徳倉レフトオーバーの本塁打で2点追加、平井凡打でチェンジ
5回竹内・成田・荒巻三者凡退
6回黒田安打、野口凡退、宇都の安打で黒田生還1点、関谷エラーで出塁、清水さんなんと見逃し三振、内野四球で続くも倉田凡退でチェンジ
7回新添、伊藤、林下三者凡退

肌寒い日でしたが、試合は楽しく熱く出来ました!
名手伊藤3回の守備で2失策・・・がっかりです・・・一つはタイムリー2点エラー!
そのときの荒巻の言葉・・・なにやってんだよ・・・なだめるのが大変でした!
その後同点から徳倉の逆転本塁打で勝利、スパイクで右足の軸が決まり、遠くへ打てますと冷静に分析!
ぜひ、Goodmorningとタカラモノ見せたいです!
今日は友情出演も含めなんと15名の参加、最初は平井と内野の2人しかいなかったのが・・・
本当にありがとうございました、次は5月です。







コメント

DVD「最強のふたり」

2013年04月18日 | 映画(DVD)
DVD「最強のふたり」

製作年:2011年 製作国:フランス
原題:INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE

主演2人の演技が世界中で絶賛された感動のヒューマン・コメディ。
実話を基に、首から下が麻痺した大富豪と、その介護人となった
黒人青年が真の友情を育んでいく姿を感動的に綴る。
主演はフランソワ・クリュゼとオマール・シー。
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった
大富豪のフィリップ。彼の新しい介護人募集の面接に
やって来たスラム街の黒人青年ドリス。
失業手当をもらうための不採用の証明書がほしいと
いう彼のふてぶてしい態度に興味を抱き、
思いつきで採用してしまうフィリップ。
ところが、障がい者相手にも遠慮することなく
本音で接するドリスは、他の誰よりもフィリップ
の心を解きほぐし、いつしか2人は固い
絆で結ばれていく。・・・と言う解説。

面白い!
障害者と付き合うのは難しい。
どうしても同情してしまうし、
上から目線になってしまうし、
どう扱ったらいいかのかわからず…
結果として腫れものに触るような
接し方になってしまう。
でもこの作品の主人公ドリスは、
相手を見るとき何のフィルターも通さない。
レッテルも貼らないし色眼鏡もかけない。
けど、大富豪フィリップが求めていたのはそれ。
「自分の手足」じゃなく、同じ目線に立っている存在。
全体としてはふわっとした印象の作品かもしれません
でもきっと観ておくべき作品ですし、
時間と共にじんわり何かがこみ上げてくる映画です。



コメント