TRINITAKISS

ブログ検索
2018年よりTRINITAKISS
2017年はシントリニータKISS
J1時代はトリニータKISS

11、18 J2優勝報告会

2018-11-19 12:33:12 | トリニータ雑記
大分トリニータJ2優勝おめでとう

ってことで夕方より大銀ドームで優勝報告のイベントへ。

この季節は、寒く 防寒対策が必要ですが青いレプユニの方の姿もチラホラと見受けられました。

ドームの可動席はそのままで北口シートへ着席でした。




開演までは前方の大型ビジョンで今シーズンのゴールシーンを上映。

今期のゴールで記憶に残ったベスト5を選ぶならば

ゴッチャンのオーバーヘッド
那須川のクロスがそのまま入っちゃったやつ
バズのロングシュート
三平の半ケツ
それとホーム最終戦の川西の逆転シュートかな。

で 定刻となり 選手、スタッフ入場。


司会者のやたらとJ3からのってのが気になりましたが。。。。

J1のステージの監督続行と市営陸上競技場使用の声を確認。

ただ、、、この方が振り向かない素振りに誰もが
『なんでぇーー』だったのでは。。。


11、17山形戦(三つ巴ならぬ四ツ巴 勝利の女神は?)

2018-11-18 06:40:23 | 2018年観戦記
大分トリニータサポーターにとっては代表戦よりもJ2最終戦が気になる1週間。
既に山形へ向かった人、当日向かう人。
まさに大分市民大移動。トリサポ大移動と言ったところか。

粋なはからいで大分銀行ドームにてパブリックビューイングが開催。

どのくらいのサポーターが押し寄せるかというと。。


1時間前で既に長蛇の列が防寒着に身を包み並んでいます。
こうしてみると家族連れや夫婦が多いかな。
古参サポや若者カップルと、年代の幅があるのも大分の特徴かも⁉️

13時 北口開門です。

日頃の習慣なのか いつもの席へと向かう。
前日の代表戦の可動席はそのままの状態です。



前方の大型ビジョンをとりあえず撮影。
大分銀行様 長期に渡り有難うございます。



観戦者は次から次に到着し西側メインも埋まっていきます。



右前方の観戦者が黄色いチョッキを着はじめます。
むむぅーー。。。報道関係、プレスの方々か。

ゾロゾロと撮影ポイントをチェックしはじめ

からーーのぉ

ちょっといいですか?

きたーー。インタビューだぁ。勘弁してくれぇーって感じです。。。

その後もカメラは居座ります。
なんか監視された状態ですね。

試合は双眼鏡を覗き、時々裸眼で観戦。
ビジョンと現地の2次元観戦です。
ここドームにも太鼓、フラッグ、キッズによるコールがありました。

ライブ会場じゃないの凄い入りです




サポーターって多いんだなと実感しました。

さあ始まりますよ🎵


まずは前半、大分の右サイドが流れるように連動します!



シュートは星ほしーーー

会場もおぉーーと沸きました❗




先制は大分トリニーターー

この試合 もらったぜ‼️



若い二人。素晴らしい❗

周り近所とハイタッチ🎵

そして星の応援チャント。

今期のチームの象徴でもある左サイド星の得点は嬉しい限りです😁

追加点が欲しいが2ー0は危ない得点差

前半1ー0で終わります。

ふーードキドキしますなぁーー。

そしてカメラクルーがウロウロと。

それをスルーして後半に備えます。

後ろの客の他会場の呟きが聞こえます。。。

お願い、この試合に集中させて。。。


そしてーーーーー



男の声は、まもれーー、クリアーー

俺は、高木ふんばれーーー


女性の声は、キャーーーーーー





一瞬 放心状態

『ウソだろぉ。。。。。』

『高木ぃーーー』

いやいや時間はまだあるぞ。高木が悪いんじゃないんだ。FWが追加点入れればいいんだ‼️
切り替えろーー。

それにヨソのチームが勝たなきゃいいんだ‼️



すかさず他会場の経過を確認

松本、町田、横浜と。

大型ビジョンにも都度 順位が掲示されます。

アディショナルタイム

ーーーーーーーーーーー


試合終了


ーーーーーーーーーーーー





やったーーーーー

引き分けだけど


やったーーーーーー







監督ぅーーーー



星ぃーーーーーー


馬場ちゃーーーんーーー

ーーーーーーーーーーーー


やったーーと思う自分と、冷静な自分がいました。

なんか実感が湧かない不思議な時間をあとにドームを去ります。。。


これって徐々に嬉しさが込み上げて来るんでしょうね。

J1に向けて切り替えろーー。



2018年大分トリニータ 2位で全試合を終える。

恒例の伊佐グラムは。。。。。
本人悔しいだろなぁと思いつつ

『完😃』





11、10金沢戦(激闘90分 泣かすぜ編 )

2018-11-15 22:35:38 | 2018年観戦記
試合開始1時間前。
徐々に大銀ドームが埋まってくる。
この中には直近のニュース、報道で大分トリニータの存在を知った人やチケットを貰い初めて来た人、以前は通ってた人など それぞれと思うが1万越えると感覚的に埋まったなぁと感じてしまう。

これがJ1だったら もっと多いんだろうなと。

当たり前だった2万オーバーのドームで選手達に試合をさせてあげたいねと親心のような想いが沸いてくる。同時にこのドームで戦った選手の思い出が頭を過った。。。


そのためにも今日の金沢戦は負けられない戦いなのです❗

選手登場。

おーーー応援歌だね。


選手にも届いているわ🎵

大分よりの使者の大合唱ならぬ大声援、いや青炎か。



2018年大分トリニータホーム最終戦は、青と黄色のパッチワークコレオです。
対戦相手の金沢サポのイカした演出なのかホームに敬意を評しての演出なのか無音です。

ドームは完全に大分トリニータのために‼️

ピー。キックオフ。

まずは先取点が欲しいところです。
大分の攻撃に欠かせないのは右サイドのようで、この席からは岩田の運動量がすごーく解る。後方からゴール前までひたすら駆け上がってますからね🎵

大分のシュートがあと一歩。精度なのかツキなのか、入りません‼️

客観的に見る限り金沢の方がいい感じでボールも繋がっているような。
ヤバいか?
あくまでも客観的にみた見解ですが。。。。この席からはそう見えます‼️

前半は金沢ペースで大分の得点は見れませんでしたが後半に期待。

後半にFKのチャンス。チャンスと言えばチャンスだけど今期の大分はセットプレーでの得点の記憶が余り無いんだよね❗パスサッカーのイメージだしバズは試合のスタメンから遠退いてるし。。。

誰が蹴るんだろうか?




双眼鏡でチェーーーック。
G裏にいっときゃなぁーと。。。




あーーーーー

当たった🎵



どうかーー


おぉーーーー




ノリが決めたーーー✨

昨年もココってときに決めてくれたしなーー

この1点は大きいぞ。
追加点追加点。
2点目もらうぞーーーーーー





高木ーー、1本目のシュート防いだだけにショック。
目の前で見えるだけに個人的にこの同点弾はキツイ。

切り替えろーー。それしか言えね‼️

ベンチが動く。
監督ぅーー早く点取り屋を入れてくれよ‼️

引き分けじゃダメなんです。
勝たなきゃいけんのです。
上に行けんのです。。。。

でG裏に移動。
やっぱこの席に根付くことは出来ません。


そして



ウォーーー雄叫びって、これです。
日常で発するのはmこの場所からしかないぜ



この時間帯での追加点



サンペーのマルセイユルーレットも素晴らしかったけどカワニーの一撃だな。


そして試合終了



うわぁーーー、やったーーー、勝ったーー
周りから声が轟く。
そしてハイタッチ バシバシ‼️

ヒーローインタビューは、劇的ゴールを決めたカワニー



試合に出られない選手を代表しての思いを伝えてくれました。

そうなんです。試合に出てない選手がいるからこその御言葉でした。


2018年ホームの応援も終わりました。
今年のサッカーは面白かった。
得点力がずば抜けていた。
2桁得点者が4人もいるなんて凄いわ。光輝いてるわ‼️
だけど
カワニーが言ったように遠征にいかず大分に残って腐らずに練習続ける選手もいるってことなんですよねーー。

残り1試合 この1試合は勝つしかない。
引き分けでも負けても1~4位次第で状況は変わるかもしんないけど

勝って昇格するぞーー

切り替えろーー。

と平成最後の大銀ドームをあとにしましたとさ



11、10金沢戦(選手入場まで編。。)

2018-11-11 13:21:09 | 2018年観戦記
今年も11月になり残すところ1ヶ月です。
2018年大分トリニータのホームも最終戦となったわけで、
このチームが大銀ドームで試合をするのも最後なわけで、
いや、このメンバーも2019年には新しく生まれ変わり、そんでもって大銀ドームって名前も同じく刷新しちゃうわけで。
全てが決まっていないっちゅうことです。

ビッグアイってよんだらいけんのやろか?

で、

ラグビーの大会までドーム使えるのかな⁉️

で、10時過ぎに家を出発です。

ガーーーーーン。

なんてこっちゃ、駐車場が空いてないやん。そりゃないやんと我が家の応援隊をおろして隊長は帰宅して、徒歩にて再度ドームを目指すべし‼️

歩いても行ける距離だし、天候もいいんでと。

紅葉を楽しみ森の空気を吸いながら。

当たり前のようにドームへいってますが建設時も見に行きましたが凄いところにあるんだよね。イメージ図だとパークプレイスと橋かなんかで繋がっていたんだよね。ってなつかしながらドームを目指します。

こうしてみると凄い場所にあるよね


メディアのスタッフもご苦労様です


開門15分前に到着です。

11時30分に入場しまして一気に弁当タイムです。急がなくてはいけません。なぜならバスで乗ってる選手を迎えるんですからと。

この行動もかなりやってるなぁ🎵

今のトリニータバスってどこから来るんだろうね?

で、金沢のバスに対しブーイング。それってアリか( ´∀`)


愛する青いバスには旗を振り歌でお迎えです。

ドームに入るまでの一本道。時間にしてわずかだけど選手に思いは伝わったんじゃないかな⁉️

本日のG裏の動きはほぼ把握出来てたんで撮影ポイントと観戦ポイントを同じにしました。個人的にここは、観戦席だと思ってます。まわり見渡しても青とか関係ないし、勝負にこだわっておらずただ単にサッカー観戦、親に連れられてひたすら90分試練のお子ちゃま。対戦相手のサポだけどG裏に行かない人など(笑)


阿部真央さん登場。
大分出身のシンガーってことですね。

誰かのように1周しないんですね。。

首位決戦 松本山雅戦 言うことなし❗

2018-10-29 12:29:35 | 2018年観戦記
ついに来ました首位決戦。
決戦の中の決戦と言っても過言無かろう‼️

日曜のお昼と言うこともありお客さんも入りそうな気配であるが、TV放映もあるんだよなぁ。陽射しの強さと日陰の寒さが気になるところだが『首位』は俺たちトリニータだと信じたい❗

さてさて本日は、うん年ぶりにカミサンも出陣。
ベビーカーを押さずに来場するのも新鮮なはず。
1号も2号も大きくなり 今では3、4号のみの参戦と。。。

開門前にドーム周辺を散策。
既に弾幕がドドーーんと


対戦相手のサポーターもメディアがおっていました。


また、首位攻防ということで長蛇の列が懐かしい。


本日は、選手のバスを迎えることと、ビッグフラッグが複数枚掲げられます。また派手な決起大会を行い 圧倒的なホームの雰囲気作りが義務つけられています(笑)

まずは、開門にそなえ列に並びます。

後方、周囲を見渡しても人の多さがわかりますね。


11時30分 開門始まり始まりぃぃぃーーー。
席はG裏とメインのアウェイ側を確保。

今日のドームはまぶしいねぇー



そしてランチタイム。

選手のバスを迎えるために急いでたいらげ子供たちは出発。
私はまったりと時間を潰すことに。

12時一般者の開門始まり始まりぃーーー。

緑の軍団がドット入場してきます。
こんな感じぃーーー。



そうこうしてると遠くの方から大旗が見え威勢のいい声が届きます。
行進が始まりました。

気合い入ってます。若者達が増えればもっと活気出るんでしょうねぇ。


ピッチ内練習となると両方から応援が始まります。

今日の松本山雅の太鼓の音は大きくて低温が響くのですが声が今一つ。何を歌っているのか今一つ。


一方トリニータは、女性の声がいつもより耳に入ります。
そのような位置に座っているんでしょうね。




さあ間もなく始まりますよぉーーー。


あれ?
いつもと違う🎵
前半の得点シーンを見るためにココを確保したのに大分はG裏方面へ攻めるようです。
やられたなぁ。

まっ、後半は目の前で得点シーンが見れるから。。。



先取点は大分トリニータ。
藤本のオシャレなバックパスからの三平のシュート。
技あり1本て感じです。





三平も2桁得点となり、チームのFW4人が2桁得点ってすごいよね。

流れは大分。

追加点が欲しいところだが2ー0は危ない得点差だしね。。。

前半は1ー0でおわりました。フーっとため息がドット出ます。

ココの席から観戦すると両方のサポーターの音圧と後ろのお子ちゃまの鳴き声と近くでコーチングするおじさんの声が面白くもあり、うるさくもある。

小さいお子ちゃまを連れて来ても 余程のことがない限り試合に興味ないだろなと考えます。


さあ、後半。

目の前をレイチェルが疾走しますが岩田の方が運動量ありますね‼️

右再度は協力ですわ。

しかし、攻めれどもゴールは遠くFW2人をチェンジします。

これが裏目のような。。。。

パスが繋がりません。


点が入らん時は ほんと入らないねー


後半出場した小手川の素晴らしさがよくわかりました。徐々に落ち着きが出始めたからね。。

残り時間と大分の完璧な守備を考えれば、この試合はもらったなと‼️

あとは意味のないカードだけは避けたいものです。


が、が、が、ゴッチャン それは無意味やろ❗ってGKとガチャン‼️

GK大丈夫かな⁉️



あちゃーー担架か。。。


そして試合は1ー0で勝利しました。


三平も面白いトーク的なインタビューを見て


のびしろーーってオイ。

ちなみに本日の入場者数は拍手ぅーー


ドームをあとにして

選手のバスを待ちます。
ばっちり伊佐グラムに写ってしまいました。

さあ、次節も勝率。

切り替えろーーー。