MALTESE-CROSS

日常生活で感じた事、F1観戦の感想、アニメの感想、環境関連の記事などを書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鋼の錬金術師 第3話「邪教の街」

2009年04月19日 23時14分46秒 | アニメ (鋼の錬金術師FA)
「奇跡の業」を使うという教主の話を聞き、リオールという街にやって来たエドとアル。
そのレト教教主・コーネロは、等価交換の原則に反した錬金術を行っていた。
ことの真相を探るべく、知り合った少女・ロゼの案内でコーネロの元を訪れるエドとアルだったが。
(公式サイトより抜粋)



3話目にして感想書くのつらい・・・
なんていうか、アニメみているというより、マンガが動いてるってのが正直な今の感想だったりします。
話は面白いんですが、アニメっぽくないよな~。
まー序盤のわかりやすいとこ見てるんで、仕方ないのかもしれません。
これから伏線もどんどん絡みだすでしょうし、キャラも個性がたってくるでしょう。
マンガでは少し読み返したりした部分がアニメでどうなるのか楽しみです。


さて、今回の感想ですが。
とりあえず、やっぱりエドの最後の台詞がかっこよかった!!
「立って歩け、前に進め、あんたには立派な足がついてるじゃないか、何にもすがる必要なんて無い。」
とりあえず今回はこの台詞のための回だったと思っています。
コメント

どうにもこうにも

2009年04月15日 23時17分41秒 | たわごと日記
4月も中頃なんですが、どうにもこうにも調子が上がってこない…

体調もそうだし、気分的なものも。

そういうのもあってか、実験もうまくいってないしなぁ。

やることやること、プラスになってる気がしないのはなんでなのか?

そんなことはないばずなんで、しっかり気持ちの整理をつけなければ。

また明日から頑張ろう!!
コメント

鋼の錬金術師 第2話「はじまりの日」

2009年04月12日 17時26分51秒 | アニメ (鋼の錬金術師FA)
エドとアルは、優しかった母を蘇らせるため、最大の禁忌とされていた「人体錬成」に挑む。だがそこで待っていたのは余りにも大きすぎる代償だった。ある日、絶望の淵に沈んでいた兄弟たちの前にひとりの軍人が現れた。彼は兄弟たちに国家錬金術師への道を提示する。失ったものを取り戻すため、彼らの長い旅が始まった!
(公式HPより)

うんまぁ予想通りの流れかな。
派手な戦闘シーンも無く、ほんとにバックグラウンドを埋めるためだけの感じ。
初回からのワクワク感が、少しそがれた感じがあるけど、あのまま突き進むのも無理があるでしょうから。。
来週からありそうな戦闘シーンやキャラの表情の変化に注目していきたい。

初回もおもったんだけど、OPとED何とかならないのかしら?
まったくハガレンの世界観とあってないと思うんやけど・・・
コメント

入学式

2009年04月08日 22時41分19秒 | たわごと日記
今日は大学院の入学式でした。
研究室自体は、すでに1日から始まっていたので、新たなスタートって感じではありませんでしたが、気持ちの引き締まる思いでした。
明日から、院の授業もありいますし、また明日からも頑張りたいと思います。
コメント

鋼の錬金術師 第1話「鋼の錬金術師」

2009年04月05日 19時29分48秒 | アニメ (鋼の錬金術師FA)
始めだからか、えらく力入ってましたね~w
ギャグもストーリーもうまくあっていたように思います。
ただ、はじめてみる人には辛い感じだったような・・・
いきなりメインになるキャラが出すぎでしょ。
バックグラウンドは来週放送分に入るんでしょうが、
その次にはリオールに行くんでしょうに、
みんな初回の内容覚えているのかな~。。
まぁ、有名作品ですし、みんな楽しめたんじゃないかな~。
ドキドキもワクワクもしっかり持てましたしw

そういえば、声優さんが結構かわっているんですが、
それほど違和感なく受け入れることができたかな。
まぁ、ちょっとはありましたが・・・
とりあえず、アルとエドの声が変わっていなくてよかった。

内容としては結構核心に迫る部分が出てきていて、
今後の展開でどのように拾っていくのか楽しみですね。
今回はオリジナル?な感じの話で、
軍上層部への不信の始まりを描いたようなものでした。
この段階では誰も思っていないんでしょうが、
今後の布石にはなって、また出てくるんでしょう。

今回は良かったんで、今後だれないことに期待します!!
コメント   トラックバック (2)

「今期(3月終了アニメ)を評価してみないか?4」 No.2

2009年04月05日 00時10分13秒 | その他 感想
前回の続きになりますが、
みなみけ おかえり
とある魔術の禁書目録
を見終わりましたので、感想など書かせていただきます。

「みなみけおかえり」
ストーリー    1
キャラクター性 4
画        2
演出       2
音楽       4
総合的な評価 3
合計 16

3クール目のみなみけです。
前クールのみなみけよりは良かったと思います。
でも、キャラの扱いがひどくなっていた印象がいなめません。
使い捨てのようなキャラもいた気がします。
OPで結構インパクトあったキャラがあれ?今回もでないの?
みたいなことになっていた気が。。
画の崩れは、意図があってのことでしょうが、不快感しかなかったな。
ただOPは良かったw盛り上がりますよね~。
口ずさみたくなる感じはよかったです。


「とある魔術の禁書目録」
ストーリー    4
キャラクター性 3
画        4
演出       3
音楽       3
総合的な評価 4
合計 21

結構すきな作品でした。
2クールで終わると思ってなかったので残念。
これからもっと面白くなると思っていたのですが…
3クール4クール目もあるんでしょうか?スピンオフの方の予告はありましたが。。
キャラは結構好きだったんですが、話数が少ない分キャラの魅力が全て伝わってこなかったのが残念。
ストーリーはいいとは思う。でも、もう少し一つ一つの章のつながりを考えて欲しかった。よくわかんないまま次に行き過ぎ。
次回作を期待しての評価になったのかな~。





最後にこの企画に参加させていただいて。
自分のブログには、00の感想記事を書かせてもらっていました。
なかなかうまく気持ちや意見を言葉に出来なくて、
記事を投稿してから、またTBをつけてくださる方の記事を読ませていただきながら、これはねーなーとか思ったりしていたのですが。
何回かやめそうになったんですが、TBをつけてくださる限りは続けようかと思って、書いて今に至っています。
それで最後に、見てた作品の感想を書く機会をいただきましたので、
言葉が足りない部分はあると思いますが、書かせていただきました。
っていうか、言葉もですが思慮もたりないんですよね(^^;

いろいろ大変でしたが、
来期(もう今期かw)の作品についても何かしら書いていこうと思うので、
駄文ではありますが、おつきあいいただければと思います。
今回の経験が生かせていければいいんだけど。
コメント

「今期(3月終了アニメ)を評価してみないか?4」 No.1

2009年04月02日 01時54分47秒 | その他 感想
いつもTBなどでお世話になっている「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のピッコロ様が上記のタイトルのような企画をされておられますので、参加させていただきます。
このような企画に、誘っていたいただいたことに感謝いたします。

さて、では評価させていただく作品を。
とらドラ!
黒執事
鉄のラインバレル
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
ソウルイーター
まぁ、評価っていうかただの作品の好き嫌いだけども。。
あと、みなみけ おかえり と とある魔術の禁書目録を
見てるんですが、まだ見終わっていないのでまた後日ってことで。
そういえば、今期は原作知ってる話なかったな~。

「とらドラ!」
ストーリー    4
キャラクター性 5
画        4
演出       4
音楽       5
総合的な評価 4
合計 26

すごい好きな作品でした。
キャラは魅力的でしたし、初期のお互いの恋を応援しあうってのがすごく興味惹かれていました。
声優さんも豪華でしたし、演技もすごかった。
最後の駆け落ちってところが無茶なって!感じで、もっとうまくまとめられた気がします。
そこがなければ…
ラスト前でいっきに冷めさせられたので残念でしたが、最終回はよかったと思います。
もう一話最終話のためにあってもよかったのではないかと思いますが。


「黒執事」
ストーリー    5
キャラクター性 4
画        4
演出       5
音楽       4
総合的な評価 5
合計 27

ストーリー完璧にはまりました。
ギャグ回も有りなのに終わりの綺麗さは素晴らしいの一言。
あと、田中さんの絵がくずれなければ(わざとですが…)最高なんですが。
リアル田中さんの渋さがたまらないってのにね(^^;
誰が好きかで評価が変わりそうな作品かな~。


「鉄のラインバレル」
ストーリー    2
キャラクター性 2
画        3
演出       4
音楽       3
総合的な評価 3
合計 17

ストーリー展開をあまりよめなくて、毎週楽しみにしていた作品。
もっと戦闘シーンを多く書いて欲しかったんですよね~。
ギャク回とエロが多すぎですって…本筋の足をひっぱりすぎですね。
っていうか、本編よりラジオの人気の方が高いのでは??
ラジオはすごく面白いと思う。


「機動戦士ガンダム00」
ストーリー    2
キャラクター性 2
画        4
演出       2
音楽       2
総合的な評価 2
合計 14

全体的にストーリーの展開が遅すぎ。
前半が盛り上がったですが、そこだけかも。
まぁ、最後ハッピィーエンドな感じでよかったですが、それも無理やりな感じ。
もう1クール伸ばしてやっとうまくいくって感じ。
テーマは深く考えればそれぞれ思う部分あると思うんですが、伝わりにくい。
まぁ、こういう作品では受け手側に問題があるのかもしれませんが。。
いいキャラがそろってはいたけど、無駄キャラも多かったのも事実。
殺すだけ?みたいな使い方はやめてほしかった。
もったいないキャラ達が多すぎ。そして意味ないキャラ達がもったいない。
キャラが重くて、動けなかったのかな~…
とりあえず、映画には期待。


「ソウルイーター」
ストーリー    3
キャラクター性 3
画        4
演出       3
音楽       4
総合的な評価 3
合計 20

原作よりも絵は好きでしたが、ストーリーがちょっと飛びすぎかなと。
無理やりな終わりな感じがしましたし、ちょっとあれは無茶。
キャラはそれぞれよかったんですが、それほど描く必要ないのではって思うキャラもいた。
音楽は自分としては好きでした。
いい感じにあってましたね。


ベストキャラクター賞
刹那・F・セイエイ(機動戦士ガンダム00)

ベストOP賞
プレパレード(とらドラ!)

ベストED賞
STRENGTH.(ソウルイーター)

ベスト声優賞・男性
小野大輔

ベスト声優賞・女性
釘宮理恵
コメント (1)   トラックバック (1)