MALTESE-CROSS

日常生活で感じた事、F1観戦の感想、アニメの感想、環境関連の記事などを書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

F1 日本GP 2012

2012年10月07日 23時43分36秒 | F1 感想
久しぶりに感想!

っていうか、もう一つしか無いでしょ!!

可夢偉やってくれた!!
おめでとう!!!!

感動的でした。
よくバトンを抑えきったよーwww


普通に感想書くと
やはりベッテル速いね。
TOPの座もそそろ見えてきた。

あと、マッサもようやくのってきた感じw
最近、調子良さそうやし
来年もういちどチャンス有れば
やってくれそうな感じ。

アロンソは、ちょっと不運だったけど
これからのレースは面白くなるね。
まぁ、アロンソには頑張ってもらいたいけど!!
コメント

F1 ハンガリーGP 2012

2012年08月02日 22時02分41秒 | F1 感想
ハミルトンがポールポジション。
2番手グロージャン。3番手にはベッテルと
個人的にはあまり予想していなかった結果に。

最近好調のアロンソは
バトン、ライコネンの後の6番手。
なかなか厳しい位置からのスタートです。
もう一人好調だったシューマッハは17番手とこれまた予想外。

さてオープニングラップと思いきや
シューマッハがスタート出来ず
エキストラフォーメーションラップへ。

ディレイっていうの始めた見たわ。
かなり驚きました!!

さて気を取り直して、スタートです。
ハミルトンは上手くスタートを決めました。
2番手のグロージャンはベッテルにかわされそうでしたが
なんとか踏ん張り、2位をキープ。
ベッテルはグロージャンとのバトルしていましたが
後ろのバトンがうまく隙をつき3番手に上がりました。
アロンソもライコネンをかわして5番手に。

一度目のピットストップでは、バトンが少し早めでしたが
うまく切り抜けて、もとの様にベッテルの前に出られました。
アロンソが少し遅れて、ライコネンが5番手に戻りましたが
その他はあまり大きな変動はなかったかな。

2度目のピットストップもバトンは他より早いタイミングで
3ストップ作戦っぽい様子。
セナに引っかかってるうちに
ベッテルのピットストップが行われて
前に出られてしましました。

コース上ではライコネンが速く
一気に2番手に上がりました。
もう少しでハミルトンの前だったんですが
惜しかったですね。
アロンソは逆にコース上で引っ張りすぎてしまい
少し順位を落としてしましました。

コース上ではほとんどオーバーテイクはなく
なんというか退屈なレースでした。
流石ハンガロリンクというところでしょうか。

順位はハミルトン、ライコネン、グロージャンの表彰台。
4位以降は、ベッテル、アロンソ、バトン、セナ、ウェバーでした。

ライコネンの猛追にハミルトンはよく耐えました。
ライコネンにはもうちょっとだけ見せて欲しかったかな。

これからしばらくレースは無いですが
後半戦に向けて各チーム、マシンを仕上げくるでしょうし
後半のレースも楽しみですね。
コメント

F1 ドイツGP 2012

2012年07月29日 17時54分51秒 | F1 感想
相変わらずの一周週れですが…
ドイツGP決勝の模様です。

予選ではアロンソ、ベッテル、シューマッハのトップ3
最近アロンソの調子がいいですね。
シューマッハもすこぶる良い感じw

OPラップではTOP3に大きな変化はありませんでした。
一方アロンソのチームメイトのマッサは接触もあり
大きく後退してしましました。
ん~調子が悪いのか、マシンがあわないのか…

バトンがいいスタートを決め順位を上げると共に
コース上でもオーバーテイクを連発!
久々というかいいバトンをみましたw

レース中盤に入りアロンソとベッテルの戦いが熱い!
また、6番手以降の戦いもあつかったですね。

そんな中、バトンが徐々にTOP2の
アロンソ、ベッテルに追いついてきて
TOP3の3人の戦いになってきました!!
と思ったら、ハミルトンが意味不明に
戦いに飛び込んできて…ちょっと無理にいきすぎでしょ。
トップ争いが微妙につまらないものに…

2度めのピットインでバトンがベッテルの前に。
そして徐々にバトンがアロンソに追いついてきて
2台の接近戦!!ベッテルもこの2人から離れずにいて面白い!
結局、アロンソがそまま逃げ切りました。
混戦が続く中、一人3勝目です!!
2番手には順位を取り戻したベッテルが入り
3番手にはバトン。最後ちょっとタイヤがもたなかったかな?

その後ろのライコネン、シューマッハ、可夢偉の戦いも
すごく面白かったです。
シューマッハは途中でピットインして3トップだったため
ペレスの後ろの7番手に落ちてしまいましたが
いいレースしたように思います。
あとは、マシンが出来上がってくればというところ。

可夢偉はかなり速かったですね!
あとは予選でいいところに入ってこれて
ピットでの作業でミスがなくなってくれば…
今年のうちに優勝が狙えるかもしれない。
と思わせてくれるレースでした。
悪い流れで来ていましたが
今回をきっかけに、良い方向に向かってもらいたい!
コメント

F1 イギリスGP 2012

2012年07月16日 19時53分59秒 | F1 感想
アロンソが2勝目を上げ
その勢いのまま迎えたイギリスGP。
今回はポールポジションからのスタートです。
2番手にはウェバー。
3番手にシューマッハがきて
4番手はベッテルでつけました。

雨模様のなかでの予選だったようですが
各ドライバーは大変だったようですね。
そういえば、最近バトンがぱっとしなくて寂しいかな。

OPラップでは、トップの3人は見事にスタート決めました。
ベッテルは少し失敗し、スタートの良かったマッサが4番手。

1度めのタイヤ交換が終了した後のレース中盤。
シューマッハはなかなかレースペースを上げられず
ライコネンとハミルトンにパスされてしまいました。
しかし、ペースが上がらない中でも
よくライコネンを抑え続けていてすごかったです。

可夢偉は17番手スタートから
8番手にジャンプアップ。
ハードタイヤでのスタートは正解だったのかな。

トップのアロンソもいい感じのレース展開w
まぁ、後半ソフトをはかざるを得なく
辛い展開にはなりましたが…
少し、運というかマネジメントがうまく行かなかったですね。

残り14周でハードスタートのアロンソ、可夢偉がピットイン。
可夢偉は焦りからか、ピットストップをミス。
かなり危ない状態でしたが、なんとかセーフでよかったです。

さてアロンソですが、後半は辛い展開に。
ソフトタイヤが全くもたなかったです。
レース終盤にウェバーにパスされました。
しかし、そこはアロンソ。
後ろから来るベッテルをしっかり抑えてみせて
見事な2位表彰台だったように思います。

トップは、ウェバーで、今シーズン2勝目
3位にはベッテルが入り
4位にはマッサ。猛追してくるライコネンを抑えきりました。
ライコネンが5位、グロージャンが6位。

可夢偉は事故の影響もあり、11番手でフィニシュ。
しかし、最後のテイルトゥノーズの戦いはみどころ有りました。

このレースうでもタイヤ戦略・使い方の難しさがでました。
最後まで何がおこるのかわからないですね。
コメント

F1 ヨーロッパGP 2012

2012年07月01日 20時31分42秒 | F1 感想
ヨーロッパGP決勝の感想です。
第8戦目ということで、そろそろ2勝目を上げる
ドライバーがでてくるのか?
はたまた、8人目のウイナーがでるのかそこも注目です。
小林くんも7番手からのスタートということで
楽しみなレースです。


さて、OPラップでは
ベッテルが見事なスタートを決めてくれました!
抜きにくいとされるバレンシアでは絶好の位置をキープ!
2番手にはハミルトンが順位を守ってつけ
3番手にはグロージャン。
可夢偉はなんと4番手までジャンプアップです。
事故は無かったけど、少し荒れた(?)スタートな印象。

ベッテルは3ストップ作戦なのか、ガンガン飛ばしますね。
後続はハミルトンが蓋をする形で、徐々に離されていきます。

10週目では、グロージャンがハミルトンをパス。
綺麗に抜き去りましたねw

可夢偉はピットインの時にミスがあり
ライコネンにかわされてしまいました。
ん~あいかわらず、ついていないというか…

それにしても、ベッテルはアレだけ飛ばしていたのに
なかなかピットインしませんでした。
うまいタイヤの使い方をしていたのでしょうw
さすが、ワールドチャンピオンですね。

レースも中盤に入り、タイヤ交換していないマシンと
タイヤを交換したマシンが入り乱れてかなり危ない状態に。
とか思っていたら、可夢偉くんとセナが接触ですか。。
本当についてないよね・・・

その後も少し大きなクラッシュがありSCが入りました。
大きなギャップを作っていたベッテルはついてなかったよね。
あと、SC導入で各車が次々ピットインしましたが
ハミルトンはまたもという感じでピットでミスがありました。
6番手に後退してしまいました。。

SC導入後の再スタートではアロンソがグロージャンを交わし
可夢偉とマッサが接触、さらにはベッテルがスローダウン。
ベッテルと可夢偉はリタイアとなりました。
数周後にはさらにグロージャンのマシンもストップしてしまいました。

終盤のところでもとんでもないドラマが。
ハミルトンが一気にペースダウン。
そこをライコネンがかわしていき
マルドナードとハミルトンの争いではなんと接触が。
ハミルトンにしてみればついていないレースでした。

そしてなんとシューマッハが3位に入りました。
2位には見事ライコネン。
そしてスペイン人のアロンソが優勝を飾りました!
その喜びようというか、感激してる様子は良かったね。

少しあれたレースでしたが
この3人の表彰台は見ごたえありました!!

ここまで、予想を裏切られる結果になっていたとは驚きだよw
コメント

F1 カナダGP 2012

2012年06月18日 23時04分38秒 | F1 感想
やっと見られたーという感じですが
すでに結果を知っているので簡潔になるかと。

予選の結果は
ベッテル、ハミルトン、アロンソと続き
以下、ウェバー、ロズベルグ、マッサ…
可夢偉くんは11番手でのスタートです。

OPラップは大きな混乱ない綺麗なスタートでした。
マッサのスピンがありましたが
特になにもおこらない前半戦。

レースが中盤にはいっていくところで
ピットストップでの順位争いがありました。
いつものことやけど、順位わかりにくいよね。
ベッテルの前にハミルトン
そしてその前にアロンソが出ました。
しかし、ハミルトンにDRSを使わてパスされました。
その後も、ベッテルに猛追されつつなんとかしのぎつつ。

シューマッハは最近ついてないですね。
予選ではなかなかいいんですが。
マシントラブルが多いですね><
頑張ってもらいたいなぁー。

さて、結果はわかっていたんですが
レース終盤はドラマがまってましたね。

勝負に出たアロンソとベッテルは
タイヤが限界に達してしまい
ハミルトンだけでなく
グロージャンやペレスにも
順位を譲ってしまう結果となってしましましたね。

それでも勝負にでた姿勢、優勝を狙う姿勢は
すばらしいと思います。

また、アロンソやベッテルの前に出た
グロージャンとペレスにも感動しました。

結果は、ハミルトン、グロージャン、ペレス
その後にベッテル、アロンソ、ロズベルグと続きました。

アロンソより早めに優勝を諦めて
タイヤ交換を行ったベッテルが
アロンソの前にたったのは皮肉なものです。
この結果が後半の順位争いに影響してきそうな予感。

可夢偉は9番手でのフィニッシュ。
同僚のペレスと同じように
なんとか今シーズンのうちに
表彰台に立つ姿が見たいものですねw
コメント

F1 モナコGP 2012

2012年05月28日 20時23分52秒 | F1 感想
まさかのシューマッハの予選TOP。
とはいっても、前回のペナルティで
5グリッド降格ですが…

結局予選は
ウェバー、ニコ・ロズベルグ、ハミルトン
グロージャン、アロンソ、シューマッハ
マッサ、ライコネンという順番。

ポールはウェバーですが
スタートを成功させてるイメージないし(失礼←)
1コーナーでロズベルグかハミルトンがTOPにたってる予想。
マシン的に、シューマッハも速そうやし
ロズベルグの2回目の優勝あるのかな?
とか希望的予測をしていた予選結果でした。
ちなみに可夢偉は11番手です。

タイヤ選択は、上位陣では
ベッテルとバトンがソフト(ハード側)で
残りはスーパーソフトという選択。

モナコは、SCも入りやすいし
荒れたレース展開が予想されますね。

では決勝レース、スタート!!
私の予想は見事に外れて
ウェバーがスタート決めましたね。
失礼なこと言ってすみません><
きっちり集中してましたね。
2番手はロズベルグ、3番手にハミルトンと続き
グロージャンと接触したシューマッハは8番手に。
そんな中でベッテルが6ジャンプアップしました。

可夢偉はクラッシュしたグロージャンの影響で
大きく順位を落としました。
結局、リタイアとなり残念なレースでした。
しかしまぁ、マシン浮いてたし
かなり危険な状態でした…
多重クラッシュにならなくて本当に良かったです。


雨の予報があり、各車がコースで粘ります。
しかし、雨がなかなか降らず
各車我慢できずに、ピットインしていきます。
最初に入ったロズベルグは
懸けというような感じでしたが
順位も大きく変わることなくレースに戻れました。

ソフトタイヤでのスタートを選んでいたベッテルは
コースに残り続けて、しばらくトップを走っています。
やはり、OPラップでのジャンプアップは大きかった!
47週目(残り31周)のところでピットインし
ハミルトンの前4番手でコースに戻りました。
この段階で順位はウェバー、ロズベルグ、アロンソの順。

終盤にシューマッハのマシンにトラブル。
大きくスローダウンした後
リタイアとなりました。
予選もよく、相性のいいモナコ。
残念な決勝レースとなりました。

残り8週となり、上位6台の超接近戦。
タイヤ的にも厳しい状況ですごいおもしろい状況。

バトン、ペレスも順位を上げるべく
仕掛けていきますが
やはりモナコ。簡単には抜けませね。

結局上位陣は誰もミスすることなく
ウェバーがポールトゥウィンを決めました。
2位にはロズベルグで3位にアロンソでした。
4位ベッテルで5位にハミルトン
6位にマッサが入り、フェラーリ復調してきました。
ようやく、マッサもマシンとあってきたのかな?
今後のレースを盛り上げてくれる役者となれるか?

今回のレースでもウェバーが今季初優勝を飾り
今年のF1は本当に誰が勝つのかわかりませんね。
ハミルトンの優勝もまだですし
今後も注目度高いですねw
コメント

F1 スペインGP 2012

2012年05月16日 21時41分11秒 | F1 感想
ハミルトンの失格により
マルドナードがポールポジションを獲得。
いきなりの波乱の決勝レースの始まりでした。

さて、OPラップでは
アロンソがいいスタートをきり
マルドナードをかわしてTOPにたちました。

5番手につけていた可夢偉のチームメイトの
ペレスはコースオフしてしまい大きく順位を下げました。

レッドブルの二人は結構早いタイミングでピットイン。
可夢偉もそれに習う感じで入り
その後次々ピットインでした。

10周目を超えた辺りで
セナとコバライネンが接触。

セナはその後もシューマッハと接触。
シューマッハに追突された感じでしたが。
両者リタイアとなりました。

予選失格となり最後尾からの出発となったハミルトン。
順調に順位をあげていたんですが
初めのピットストップでミス。
なんか最近、ピットでのミスが多いな。
それでも、レースはいいペースで走ってました。

2回目のピットインのタイミングで
マルドナードがアロンソをパスしました。
先にタイヤ変えてファステスト!
いいレースしましたね。
途中、ピットでミスがありましたが
結局、マルドナードがこのまま逃げ切り
みごと優勝を果たしましたw

レースも中盤を過ぎてきたところで
ピットのミスがありペレス出れたのは出れたけど
結局コース上でリタイア。

ベッテルの3ストップ目は
フロントノーズの交換を行い
順位を大きく下げました。
なにがあったんやろうな?

レース終盤に可夢偉が見せてくれました!
DRSゾーンではなく、コーナーのブレーキング勝負で
ロズベルグを見事にパスしました。
いやー、いいもん見れたわw
やはり、コーナーでの飛び込み・ブレーキングでの
オーバーテイクシーンは見応えが違いますw

ハミルトンはそれにしても速かったな。
まさか8位まであがってkるとは。


結果です。
優勝は上でも書いたように
ウイルアムズのマルドナードでした。
2位にはアロンソ。
優勝も狙えてただけに、残念でした。
ただ、安定した走りでしたねw流石。
3位はライコネン。
マシンの性能もあるんでしょうが
やはりうまいんだろうな。
4位はグロージャン。
5位は可夢偉でした!
自己最高タイですか。
予選は最近活躍ないけど
決勝では勝負強さを見せてくれました。
ベッテルが6位でロズベルグが7位。

ロズベルグはタイヤの状況が厳しいなか、
ハミルトンの追い上げを見事抑えきりました。
周回数は少なかったけど、本当によく抑えたな!

次回はモナコです。
ウイリアムズは火災もあり大変だろうけど
全車がそろってレースしてくれることに期待ですねw
コメント

F1 バーレーンGP 2012

2012年04月23日 23時49分53秒 | F1 感想
いろいろもめたようですが
無事に開幕しました、バーレーンGP。

予選ではベッテルが前回の不調から一転
ポールポジションを勝ちとりました。
マシンを仕上げたチームもですが
ベッテル自身も勢いだけじゃない
本物の力を着けてきたことがよくわかりました。

2番手からはハミルトン、ウェバー、バトンと続き
マクラーレンの勢いを感じますね。
5番手には前回優勝のロズベルグが続き
こちらも勢いを感じます。

可夢偉はチームメイトのペレスから遅れての12番手。
最近、ペレスの後塵を拝している感じですので
頑張ってもらいたいところです。

さて、オープニングラップです。
ベッテル、ハミルトン、ウェバーは順位かわらず。
ロズベルグが順位を落としましたが
アロンソ、ライコネンと大きくジャンプアップ。
マッサも順位を上げてきました。
久しぶりに、マッサも良い感じですねw

今レースはロータスのライコネン、グロージャンが
光ってました!!
特に前半のグロージャン!!
ハミルトンやウェバーをパスしたのはすごかった。

中盤ではライコネンがベッテルを追い込んでいきます。
7秒くらい(もっとか?)差がありましたが
徐々につめていきました。

中盤では抜けませんでしたが
後半でもまた徐々に追い詰めていき…
しかし、ここでもベッテルがふんばりました。
さすが前年王者という走りでした。

ライコネンも落ち着いた走りだったけど
ベッテルもすばらしく落ち着いていました。
これが復活の優勝となるのでしょうか?!

2位はライコネン、3位はグロージャン。

可夢偉くんはあまりうまくいってない感じですね。
13位かぁ。まだまだ物足りないなー。
早くマシンには仕上がってきてもらいところ。

今年は昨年とは違って、○○が強い!!
っていうのが今のところなくて
レーズごとにそれぞれの上手さや
作戦・戦術の上手さが出ていておもしろい。
コースに合わせたマシンセッティングの力も必要で
やはり経験のあるところが強いのは間違いないのですが。

さて、次回はどうなるのか?
タイヤ戦略も含め面白いことになりそうです。
コメント

F1 中国GP 2012

2012年04月22日 15時09分41秒 | F1 感想
中国GP決勝です。
ニコ・ロズベルグがメルセデス初のPP。
シューマッハもハミルトンの降格で2番手ですし
メルセデス良い感じですね。

ていうか、可夢偉が3番手とかw
今年は表彰台のチャンスまじありそうと心躍るw

以降はライコネン、バトン、ウェバー、ハミルトン
と続き、ベッテルはまさかの11番手です。
アロンソやマッサも9番手、12番手と
今年もまだフェラーリは苦戦しそうです。
前レースはアロンソ優勝で
個人的には燃えたんですが。

さて。決勝レーススタートです!
スタートは珍しく可夢偉ミスったなー。
なんとなく車の調子が悪い感じ?
いつもの位置とは違ってたんで緊張かなー。

ワンツーはかわらず、バトンが3番手に上がって来ました。
後続では、7番手の可夢偉の後ろに
アロンソ、ウェバー、マッサと続いて。
可夢偉はなかなか厳しい戦いになりそうですね。

ウェバーがピットに入ってからは
各車が次々とピットIN。
ピット作業ではハミルトンがライコネンが逆転。
その後入ったシューマッハは
ピットのミスでフロントタイヤが止まらないまま出発。
途中でリタイアとなりました。
でも、タイヤが外れての大事故にならなくてよかったです。

2回目のピットINは思っていた以上にはやですね。
それだけタイヤが持たないのか作戦なのか。

その後のレースは安定していて
ピットストップが勝敗の分かれ目かなとか思いつつ
2番手以降の争いを見てました。
いやーしかし、電車みたいに隊列組んでましたね。
どの車が止まらないといけないのか
よくわからないというのは
レース展開がわかりにくくてあかんな。
(フジももう少しわかりやすく編集してくれないかな)

そんな中、ロズベルグは安泰な感じでした。
ちょいちょいミスはあったみたいですが
落ち着いたレースしてたようには思います。
才能はすごくあるドライバーだし
ようやくのF1での優勝という感じ。
今年はいい車手に入れましたねw
シューマッハも嬉しそうだったのが印象的w

2位はバトンです。
さすがにうまいという感じです!
速いわー。いいレースでした。
3位にはハミルトンで
マクラーレンは安定して強いという印象。
というか、ドライバーがいいね、ここは。

4位はウェバーで5位にベッテル。
昨年だとウェバーはベッテルを
かわせなかったんだろうけど今年はやってくれたね。
とはいっても、ベッテルは大分ジャンプアップしてきました。
さすがのワールドチャンピョンですね。
6位からはグロージャンやセナ、マルドナードといった
ドライバーでいいレースしましたね。

9位にアロンソでフェラーリの不調っぷりが心配。
可夢偉は10位という結果でした。
なんとかポイントはとれたけど
まだまだ作戦面とか成熟が必要なのかな。
今年のうちには表彰台の高いところに立ってもらいたい。
ただ、ペレスをかわしたところは
意地が見えてよかったですw
コメント