3匹の子豚との日々 =DIAS CON MIS TRES CERDITOS=

スペインSpainのサラマンカSalamancaのラ・アルベルカLa Albercaから不定期につづります。

七夕と大蒜と選挙

2010-07-08 02:44:18 | Hymne a l'amour


今日は、7月7日。七夕です。
子供の頃は、お願いことの短冊を書きました。
今、お願いことを書くとしたら・・・なんて書くのでしょうか・・・?
ちょっと・・・内緒にしておきます。

スペインへ来てからは、日本的な風習を子供たちに
伝えたいと思いつつ、自分で全てを用意し、説明をするのが
面倒で、ついつい、手付かず状態です。。。

反省しつつも、生活に精一杯で、余裕がなかったこと、また
エクストラの事をすることに力を費やすと、生活にひずみが出る
だろうから、無理をするのを避けたというところでしょうか。

でも日本人の心は伝えたい・・・その思いは持っているので、折りを見て
徐々に伝えていきたいと思います。
伝統行事という形に囚われることなく、その心と精神の継承を目指して・・・。


今日は、なんだかとても疲れていて、お昼ご飯のあと、つい、ソファーに
横になったら、3時間くらい昼寝してしまいました。
このところ、ずっと寝不足が続いていたので、ちょっと昼寝をして、回復。
ちょうど、仕事の電話で起こされましたが、すっきり起きることができました。
6月が終わったので、3ヶ月ごとの会計の〆に取り掛からなくては・・・。
会計のお仕事は、あまり好きじゃないけれど、やらなくては・・・。



全然話しは変わりますが、今朝、TVの「あさイチ」という番組で、
にんにくについて特集をしていました。
これがかなり良い内容だったので、メモ的に書いておきます。

NHKの公式ホームページから。
7月7日(水)「イチおし パワー野菜!にんにくの底力 」

■イチオシの「イ」・・いいこと発見!がんが減少
*にんにくのにおい成分の研究を進める有賀教授の研究室(生命科学科)
*抗血栓効果も・・・。

■イチオシの「チ」・・チャンス! 美肌・健康をゲット
*【ヘリョン流 簡単サムゲタン】
*宮崎美代子さんの「にんにく卵黄」の作り方。

■イチオシの「オ」・・オーマイゴッド!あのにおいが消えた
*金子さんの食後におわないにんにくの作り方紹介。

■イチオシの「シ」・・・知らなきゃ損!「食べるラー油」マル得レシピ
*杵島直美さんの“食べるにんにくラー油”レシピ
*にんにくオイルの作り方

詳しくは、上で紹介の公式ホームページへ。。。

HPに載ってませんでしたが、番組内では、ビタミンB群を多く含む、
豚肉と一緒に調理すると、にんにくの栄養を効率よく吸収できると
説明していました。

にんにくの成分には血小板に作用して抗血栓つまり血液サラサラ効果が
あるので、血小板の研究の時被験者には、検査前の一週間は、にんにくを
多く使う中華料理は食べないようにという注意事項があるそうです。

にんにくの匂いは、海藻のねばねば成分と結合すると消える!って、すごい
発見ですよね。
番組で紹介されていた「匂わないにんにく」作って試してみたいと思います。

スペイン料理もにんにくをたくさん使います。
私もスペイン料理ばかり作っているわけではありませんが、にんにくはほとんど
毎日料理に使っています。

にんにくを炒める時、油の中ににんにくだけをいれると匂いが広がりますが、
野菜や肉を先に炒めて、直接油に触れないように加えると、匂いがあまり気に
ならないことに、最近気づきました。
もし、よかったら、試してみてください。



またまた、話が飛びますが、もうすぐ参議院選挙ですよね。
私はスペインに住んでいるので直接的には生活に関係ないのですが、つい
無関心になってしまいがちですが、日本人としてこれからの私達の未来を託す
ことのできる政党や議員を選びたいですよね。


政治に興味を持ってなかった私が、こんなことを言うのも何なのですが・・・、
今までにも何度も記事に書いてきたように、私達一人一人の思いと行動が
未来を変える、私はそう信じています。

でも政治って、私達とは縁のない世界のことではなく、生活に密着しているの
ではないかと最近は思うようになり、だから、こうやって私なりに小さな発信を
して、皆で未来をよくするために考えることができたらいいな、って。。。

マスコミ報道だけでなく、最近はいろいろな方がいろいろな視点で政治について
ブログなどで発信しています。
全てに目を通すことは出来ないでしょうが、マスコミ報道だけではわからない
いろいろな面が見えてきて、勉強になります。

例えば・・・

◆武山祐三さんの、【菅内閣支持率39%、不支持率40%、朝日新聞調査】
【日本は増税の前に脱デフレと内需の拡大を図れ!】

◆つむじ風さんの、【twitterによる支持率!!】
【もうすぐ選挙、あとわずか、瞬間英断が邪企を砕く!!】
【緊急!!財源はいくらでもある! 騙されるな!】

◆植草一秀さんの、【庶民大増税を阻止するには菅首相の退場が必要】

◆孝彦さんの、【何故 普天間が争点にならない その17】
【ドラゴンボールの予言  カメ 亀 かめ~~】

◆マヨさんの、【政府紙幣発行が一番、まず発行してみろ】

ツィッターの鳩山さんへのメッセージ集。
*私のメッセージもたまに取り上げられていることがあります。




その他、お薦めの記事です。。。
◆ブッチさんの、【男と女(1) 責任や喜びは男女で分かち合おう】

◆サブリナさんの、【大人的、小泉今日子さんと長瀬氏の関係】

◆慈魁さんの、【Mahaloha / 伊藤由奈 with Micro of Def Tech】

◆Shigeさんの、【[ニュース iroiro]100708 [ニュース]】

自然農botさんのツィッター

◆水玉さんの、【わからないことは こわい? (7/7)】
【目を閉じてちゃ見えない (7/7)】


サブリナさんの記事で、話題となっていて、思い出した懐かしい曲。
「丘を越えて」小泉今日子
Youtubeへ


写真は上から・・・。
1枚目:昨日の午前の眼科の帰り、植え込みで見つけた雑草。
本当に小さい白い花ですが、なんか妙に可愛くて・・・。
小さい小さい昼顔のようなお花・・・。
2つのお花が寄り添う感じが七夕っぽいかな・・・って。

2枚目:同じ植え込みに植えてあった木に咲いていたお花。
小さいな紫の花が、いっぱい集まって一つの房になっていて、
何だか、これも可愛いな・・・って。

3枚目:昨日の午後の歯医者の近くの画廊の前の植木鉢のお花。
1輪だけ、すっと咲いていました。桔梗っぽい?
お花の真ん中に白い星・・・。なんでしょう?不思議。

4枚目:近所の街路樹。スペイン語でマグノリア(Magnolia)。
日本語では、モクレン(木蓮)またはタイサンボク(泰山木)。
家の前の植え込みにもこの木がありますが、去年はお花を見たけど、
今年はありません。毎年咲くわけではないみたいです・・・。


07/07/2010
晴れ、青い空に薄い白雲。
暑い!!!
今日は疲れていたのか、久しぶりに昼寝。

田舎へ行って、空に広がるたくさんの星を見たい・・・。
天の川が見たい。。。

さぁ、サッカー準決勝、スペインVSドイツ。
今のところ、0-0。ハーフタイム中です。

試合終了しました。1-0でスペイン決勝進出!!
初めてですって!!!すごい!!!

* 73分【スペイン】ビリャの左CKからのクロスを
ゴール正面に走り込んだプジョルがヘディングシュート。
ゴール右に決まり、スペインが先制


10:30すぎから、クラクションを鳴らした車が走り出しました・・・!
コロン広場には、パトカーが待機。


10:45くらいには、人々が集まり出し・・・



10:50
真ん中の子の右目が腫れて、眼球に水が溜まっている感じ・・・。
目のことは、心配なのでタクシーに乗って救急病院へ。
アレルギー性角膜炎じゃなくて結膜炎ということなので、目薬を差せば
すぐに治るって・・・。よかった・・・。
帰り道の、ケベドの広場では、噴水に飛び込む人達・・・。
おもわずタクシーの中から撮ったけれど、ピンボケ・・・。


タクシーの中からビルバオの噴水もアロンソ・マルティネスの大騒ぎも
みました。ヘノバ通りは通行止めだったなので、タクシーを手前で降りて
歩いて帰りました。

コロン広場は、警察の警備が厳しいので騒いでいるけれど、水に
飛び込む人達はいないです。。。
それでも今12時過ぎてるけど、クラクションと人の声で外は騒がしい・・・
一晩中続くのかも・・・寝れるかしら・・・?
私は、ベッドに入ったら、グーというタイプだから、大丈夫だと思います。


ちょっと宣伝・・・
◆イベリコ豚については・・・「イベリコ・フェルミンの広場」
ジャンル:
ウェブログ
コメント (23)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« コンプレックス | トップ | 愛って・・・ »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Aloha (慈魁)
2010-07-08 07:21:57
ひろみさん、リンクしてもらって、ありがとうございます 感涙

スペイン決勝進出ですね!
すごいです。
さぞ、盛り上がってるでしょうね!


鳩山さん、きのうは秋田県にも来てたんですよ。会えませんでしたが。力強いメッセージを伝えていたようです。

http://www.sakigake.jp/p/akita/politics.jsp?kc=20100706l


にんにくの記事、すごくためになりました。
夏バテ対策に、さっそくやってみようとおもいます。

ひろみさんも、疲れたらムリしないでくださいね。

Aloha.
快癒 (慈魁)
2010-07-08 07:25:12
お子さんの目、はやく治りますように。
「断片化」論いろいろ (その日暮らしの毎日)
2010-07-08 18:36:22
 今日は、封印したはずの「悪い投稿癖」が出てしまいましたので、「断片化」についてチョットだけ。
 (これで、いつも管理人さんに怒られて「2度と来るな」と言われておりました)。

 「断片」とは、切断された破片という意味と私は思っております。
 私は過去の職業上、電子電波科学・機械工学・金属学・化学薬品・建築建設力学などを、ちょっとだけ学ばせていただきました。
 その上で、「断片化」とは、科学分野で使われるべき言語・単語であって、精神科学に当てはめるのは「不適切」だと思います。

 例えば、「桜の花びら」に例えて説明しますと、「桜の花びらは断片か」という問題です。
 ガラスのコップが割れて破片になったら、その破片は「断片」だと思います。

 では、一般に、「桜の花びらは断片」という表現をしますか。違和感を覚えます。それが普通です。
 桜の花びらは、桜の木に咲いている間は「桜の一部」なのです。ひらひらと舞い散って地面に落ちて初めて「散った花びら」という断片になるのだと思います。

 それと同じように人間の精神分野に「断片」などという言葉が当てはまるのかと云うことであります。

 「人間が断片化している」。それは飛躍・拡大解釈もいいところで、例えば、仕事が細分化されても家に帰れば人間に戻るわけで、仕事上の業務が「専門化」しているだけだと思います。
 また、それぞれの家庭環境や育て方などで「個性・人間性」が異なったとしても、人間の考え方・意識は絶えず変化していくわけですから、それを「断片化」などと決めつけるのも大いに問題があるのではないかと思います。

 私が思いますに、「断片化」と云うのは、「一度離れて、2度と戻る事の無い状態」を断片化と理解しております。
 例えば、割れたコップの破片は2度と元には復帰出来ませんし、木から離れた花びらは2度と元に戻れませんから「断片化」でしょうが、
 人の心は絶えず変化しますし、集合意識・無意識として連帯することもありますから、例えて云えば、「変化」という表現のほうがより分かりやすいのではないかと思います。
 従いまして、人間の意識などの精神科学に対して「断片」という物理学的な用語を用いるのは、「不適切」だと思います。


 物理学や科学で精神世界を理論付けようとするのは、「無理」だと思います。
人間いろいろ、神様もいろいろ (その日暮らしの毎日)
2010-07-08 20:54:48
 昨日の夜に閃いたことなのですが、

 世界には、太陽信仰・月信仰・星信仰があるようです。
 例えば国旗で見た場合に、太陽をシンボル化している国旗、月をシンボル化しているもの、星をシンボル化しているものがあります。

① 超古代に太陽信仰があったとされる国は、日本を始め、マヤ・アステカの「太陽の神殿」、インカの「太陽の子」、エジプトの太陽神「ラー」などがありますが、環太平洋文明というか海洋系とも云えそうです。

② 月信仰は、シュメールの神話では、月神は「シン」という男神(別名はナンナ・ナンナル)で、神話によれば天神「アヌ」の子の「エンリル」の子となっているようです。
 (ぶっとび妄想で、「エンリル」系が「月神派」であり、それに対するエンリルの異母兄の「エンキ」系が「太陽神派」なのかも知れません。つまり、エンキの子の「マルドク」とエジプトの「ラー神」につながりがあると云われているからです。ふ~む)。

 それから月に関係するものとしては、イスラム国家の国旗のシンボルは月が多いようです。
 それから、中国に昔「月氏」を名乗る国家がありました。
 これらを総合すると、海洋系に対する「陸上系」とも云えそうです。

③ 星信仰は、よく分かりませんが、アメリカ国旗は「星条旗」で、統一ユーロ連合も「星」ですね。

 日本では「北斗信仰」の「妙見山」、毛利氏の家紋 「一文字三つ星」、京都の鞍馬寺のシリウス信仰の可能性など、その他があるようです。
あかりさんへ (ミドリのバンビ)
2010-07-08 21:53:09
わたしも先ほど,ある書き込みを見ました。
刺々しい書き方でした。まったく酷い事です。
ひろみさんは絶対に見ないでほしいです。
ひろみさんが気の毒で,心が痛い。

あかりさんが見た書き込みは、心が張り裂けるような酷いページ。
そんなヒトたちをこそ,チミモウリョウと言うのですよ、
まだ心が痛い。激しく痛い
あかりさんへ (ミドリのバンビ)
2010-07-08 22:15:29
コメントが途中で途切れました。すみません。
あかりさんの受けた衝撃や悲しみがどれほど大きいか。。。
あのような書き込みは極力目にしないほうがよいです。

あかりさん、籠神社行かれるのですね,すばらしいですよ。
まず、天橋立がお迎えしてくれます。
神社入り口に堂々たる狛犬がいますが,この狛犬,
しょっちゅう逃走するので,足に紐が付いていて繋がれています。
なかなかお茶目です。そして本殿,眞名井の水,奥の院。

私もこれでしばらくコメントを控えたいと思います。
あかりさん、ひろみさん、その日暮らしの毎日さん、
わたしの好きだと感じた方々に幸運が訪れますよう・・祈ります。
その日暮らしの毎日さんへ (慈魁)
2010-07-08 23:50:31
いつも「空想と閃き」、楽しく拝見させてもらってます。

とっても理にかなっていて、共感しています。


太陽・月・星を「三光」ということもあるそうですね。
秋田県にも三皇熊野神社があります。
この神社のシンボルはやっぱり日・月・星をあらわす3つの丸です。

もしかして日本には海洋系・陸上系・謎の星系の3つの流れがあるのかもしれませんね。
悪の連鎖・人を呪わば (その日暮らしの毎日)
2010-07-09 00:28:59
 「人を呪わば、穴2つ」。穴とは墓穴のことです。

 因果応報。自分が行ったことは自分に帰ってきます。

 醜い人を見て、あなたは どう思いますか。
 醜い親を見て育った子どもは、どんな人間に育ちますか。
 醜い人と結婚した人は、どんな家庭を築くと思いますか。

 「子供は親の背中を見て育つ」と言います。
 醜い人に育てられた子供は、醜い人間に育って、醜い生き方をして、親に「仇・アダ」なす子になって、醜い親に復讐するような人生・行動をすることになります。

 また、醜いことをした人は、醜い目で見られる事になりますから、醜い最後を遂げることになります。
 
 善と悪。悪があるから善が見えます。おもしろい。

 続きは明日でも。おやすみなさい。
皆さまへ (ひろみ)
2010-07-09 05:41:09
コメントをたくさん書いてくださってありがとうございます。
全部読んだのですが、今日はどうも頭がぼーっとしていて、お返事が書けません。新しい記事も書きたかったのですが、どうも書けません。。。
明日は午前中、仕事で外出するので、お返事や記事を書くのは、スペイン時間の夕方になるので、日本時間では夜中になってしまうと思います。。。

今日は午前中メルカードに買い物へ行って、午後は子供の歯医者へ行ったそのまま別の買い物へ行きました。蒸し暑いし夕立は降るしで、身体が疲れたのだと思います。。。

というわけで、早めに寝ることにします。おやすみなさい。。。
永遠に変化する自分 (その日暮らしの毎日)
2010-07-09 07:55:55
 此の世の一切が生まれてくる。 そこには神も無く人も無い。

 ただ生まれては消えていく。 永遠に繰り返す。

 太陽も無く 月も無く 星も無い。

 在ると思うから在るのであり 無いと思えば 何も無い。

 人は限りなく生まれ 限りなく死に そしてまた限りなく生まれてくる。

 過去も無く 現在も無く 未来も無い。

 善も無く 悪も無く また愛も無く 憎しみも無い。

 生も無く 死も無い。 ただ在るのは 永遠に変化してゆく 自分の魂だけである。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

トラックバック

七夕っぽい (3分で、今日のニュースが見たい。)
ナムラタイタン、ケタ違い!プロキオンS 水曜追い ‎8 時間前‎ まだ子供っぽいところはあるけど教えたことをクリアして、順調に成長してくれている。折り合いの心配もないし、心強い馬だよ」 パートナーへの期待の大きさ、信頼感が言葉の端々か...