3匹の子豚との日々 =DIAS CON MIS TRES CERDITOS=

スペインSpainのサラマンカSalamancaのラ・アルベルカLa Albercaから不定期につづります。

「愛のバクダン」~アインシュタインから娘への手紙の真偽

2026-02-14 13:26:33 | Hymne a l'amour
過去にこのブログで何度も書いていますが、
子供のころから馬鹿みたいに、空想していたこと・・・。

地球環境や他者を傷つけずにどうやって仲良くしていくか
調和のある、共栄共存の世界をどうやって実現するか、
支配という縦の関係ではなく、役割分担という横の関係で
つながる社会をどう実現するか、
「みんな違って、みんないい」という他者への尊重が
ベースである社会をどう作り上げていくか、
私が幸せであるだけでなく、周りの人も、みんなみんな
幸せであってほしい・・・
被害者とか加害者とか、存在しない世界はどうしたら
実現できるんだろう・・・

巷に流れるニュースを見るたびに心が痛み、うつうつとし、
引きこもりになってしまったり、声が出せなくなってしまった
時期もあります。

でも、紆余曲折の中、「最後の答え」に到達しました。

アインシュタインが娘さんに書いたという真偽不明の手紙に
書いてあった「愛のバクダン」です(笑)

もうすでに、知っていたことなんですけれどね(笑)
それに、最後の答えには到達しましたが、
実現の方法は、まだまだ試行錯誤中です。

どういう内容か、というのは、別ブログに書いた記事を
以下シェアしますので、お読みください!


【転載開始】



先日書いた「アインシュタインから娘への手紙」
記事で、最近、インターネット上で話題になっているのは
後半部分だけで、前半があるということを書きました。

また、この手紙の真偽は不明とも書きました。

その後、私は、さらに検索を続けました。
2009年出版のスペイン語の小説「最後の答え」の中で、
この手紙の章があることを知り、著者のfacebookを見つけ
メッセージを送って確認したところ、著者の創作という回答を
頂きました。
「La Ultima Respuesta」71章

つまり、アインシュタイン本人による手紙ではないので、
偽物ということになるのですが、それでもなお、私の中では、
この手紙はアインシュタインの魂が、著者にインスピレーションを
与えて文章化され、時空を超えて、今、私たちの目の前に現れた
のではないかと感じています。

まだ、日本語になっていなかった前半を翻訳しました。
後半部分は、すでに先の記事に載せましたが、通して読んだ
ほうがいいと思いますので、再度掲載します。



アインシュタインの最後の答え(前半):

愛するリーゼル:
お前の近くにいたことはないけれど、最後の出発(死)の前に
私の人生で最も価値のある発見をお前の手に委ねたい。
お前の誕生は、予期せぬ出来事で、あまりの責任感の大きさと
恐れのため分別を失ってしまった。
反応できるようになったときには、もうすでに遅かった。

死を目前にする今まで、お前の誕生を経験したことがどんなに
重要なことか気づいていなかった。
矛盾しているようだが、お前は、私について、別離と忘却だと
思ってきただろう。
私は一度もお前のことを忘れたことはないし、毎晩暗闇の中で
目を開けてお前の顔はどのようだろうと想像していたのだ。

しかし、間違いは、老いたときに、致命的で決定的なものとなる。
私の行動によって感じた羞恥心が、長年にわたって、
お前に連絡を取らせなかった。そして、結局遅すぎた。

私がちょっと風変わりな天才として有名なのをお前は知っている。
ある者は、無神経であまり優しくなくて共感しない人間だと
私のことを非難する。

しかし、時の経過によって、特にたった一つの公式E=mc2が
想像もしたことのない、悪夢とも思える結果をもたらしたので、
私は他者の痛みに敏感になってきたことを保証できる。

直接的に責任はなくても、私は残忍で不条理な人類の破壊に
向けての競争の協力者であると感じている。
それは、私が計画したものでものなければ、望んだこともない
ものなのだが、私の公式が高い破壊力を持つエネルギーを
開放することを許してしまった。

そして私の思考に変曲点を生み出してしまった。
公開されているたくさんのインタビューによって、
長年私が最後の答えを、つまり、宇宙を支配するすべての力を
統一するものを説明することができる変数を探してきたことを
お前は知っているだろう。

私は、物理学、形而上学、心理学、生物学、重力、光など
我々が知っている全てを支配する根源の力が何であるのか
理解したかったのだ。
長年、私は、統合した分野の理論を見つけるため戦ってきた。
今、結論に達することができたと言える。

今からお前に打ち明けることは、科学的でないと感じるだろうと
思っている。
そして、この最後の手紙、お前を受取人とする私の形見は、
たくさんの人たちを驚かし、私が完全に気が狂ったと思う人も
たくさん出るだろう。

ノーベル賞の受賞へと私を導いた発見だけでなく、
一般相対性理論や特殊相対性理論と共に達成した多く承認も
含めて問題にされ疑われるかもしれないと思っている。

なぜなら今から私が言うことは、まさしく物理学だけでなく
科学全体の未解決の大きな課題だからだ。
私の仮説を発展させるのに、常にとても気難しく厳しいと
私について言うことから知っているだろう。

そのため私の人生の間、いいアイディアはとても少なかったと思う。
これらの最新のものを含めて、後で紙に書き移そうとした
閃きと直感に由来していた。
お前の母親ミレーバは私の直感を数字と公式に具現化するための
言語を見つけるのを手伝ってくれ、彼女に大いに借りた力の
おかげで、私は高度で厳格で精密な課題に取り組むことができた。


アルベルト・アインシュタインから娘への手紙(後半)

私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか
私を理解しなかったが、私が人類に伝えるために
今明かそうとしているものも、世界中の誤解と
偏見にぶつかるだろう。

必要に応じて何年でも何十年でも、私が下に説明する
ことを社会が受け容れられるほど進歩するまで、
お前にこの手紙を守ってもらいたい。

現段階では、科学がその正式な説明を発見していない、
ある極めて強力な力がある。
それは他のすべてを含みかつ支配する力であり、
宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、
しかも私たちによってまだ特定されていない。
この宇宙的な力は愛だ。

科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らは
この最も強力な見知らぬ力を忘れた。

愛は光だ。
それは愛を与えかつ受け取る者を啓発する。
愛は引力だ。
なぜならある人々が別の人々に惹きつけられるように
するからだ。
愛は力だ。
なぜならそれは私たちが持つ最善のものを増殖させ、
人類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。
愛は展開し、開示する。
愛のために私たちは生き、また死ぬ。
愛は神であり、神は愛だ。
この力はあらゆるものを説明し、生命に意味を与える。

これこそが私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。
それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを学んで
いない宇宙の中の唯一のエネルギーであるため、私たちが
愛を恐れているからだろう。

愛に視認性を与えるため、私は自分の最も有名な方程式で
単純な代用品を作った。
「E = mc2」の代わりに、私たちは次のことを承認する。

世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で増殖する愛によって
獲得することができ、愛には限界がないため、愛こそが
存在する最大の力であるという結論に至った、と。
私たちを裏切る結果に終わった宇宙の他の諸力の利用と
制御に人類が失敗した今、私たちが他の種類のエネルギーで
自分たちを養うのは急を要する。

もし私たちが自分たちの種の存続を望むなら、もし私たちが
生命の意味を発見するつもりなら、もし私たちがこの世界と
そこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、愛こそが
唯一のその答えだ。

恐らく私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと
身勝手さと貪欲を完全に破壊できる強力な装置、愛の爆弾を
作る準備はできていない。

しかし、それぞれの個人は自分のなかに小さな、しかし強力な
愛の発電機をもっており、そのエネルギーは解放されるのを
待っている。
私たちがこの宇宙的エネルギーを与えかつ受け取ることを学
ぶとき、愛しいリーゼル、私たちは愛がすべてに打ち勝ち、
愛には何もかもすべてを超越する能力があることを
確信しているだろう。
なぜなら愛こそが生命の神髄(クイントエッセンス)だからだ。

私は自分のハートの中にあるものを表現できなかったことを
深く悔やんでおり、それが私の全人生を静かに打ちのめしてきた。
恐らく謝罪するには遅すぎるが、時間は相対的なのだから、
私がお前を愛しており、お前のお陰で私が究極の答えに到達
したことを、お前に告げる必要があるのだ。

お前の父親
アルベルト・アインシュタイン



「La Ultima Respuesta (最後の答え)」の
共同執筆著者のHP
ÁLEX ROVIRA
FRANCESC MIRALLES


アインシュタインの科学と生涯(参考のために)



今回の件で、twitterやfacebook、ブログなどで
どれだけ多くの人が出典を確認しないままに
シェアしているのか、ということを目の当たりにし、
驚いています。。。
私は、この手紙の真偽、そして出典が気になったので
とにかく、この数日、思いっきり馬鹿みたいに検索を
し続けていました。

アインシュタインの手紙などは、すでにネット上でも
公開されていますが、全てを網羅しているわけではなく
まだデジタル化されていないものもあるとどこかに書いて
あったけれど、手紙の最初の文章をそのままコピペして、
検索したら、手がかりが見つかるのではないかと思って
やってみたら、「本」が見つかったのです。

びっくりしました。

そして、著者に直接確認し、私自身「最後の答え」に
到達することができたのです。

この手紙は、著者が創作したものかもしれませんけれど、
あちらの世界へ旅立った後に、多くの人を傷つけたことに
気づいて後悔していたアインシュタインの魂と、著者の魂が
シンクロし、インスピレーションを与えたのでであれば、
素敵だなぁーなんて、思っています。

または、パラレルワールドに生きた、娘と別れることなく
暮らすことができた、アインシュタインからのメッセージを
著者が受け取って書いたものなのかもしれません。

今この時期に、アインシュタインから娘への手紙が
日本で話題になっていることに意味があるのだと思います。
「美しき緑の星」「魂の法則」/a>、「愛の法則」などに
つながる、大いなる力の働きを感じてしまいます。

私たちは、次の段階へと進化する時期を迎えているようです。
物質世界だけを見ていたら、どんどんと悪いことが起こっている
ように見え、いろんな現象が、極端になってきています。

私たちは、物質的な存在であると同時に、精神(エネルギー)的な
存在でもあります。
物質的な存在としての私たちには、生死がありますけれど、
精神(エネルギー)的な存在としての私たちには、生死はありません。
時空を超えて、次元を超えて、個体を超えて、永遠に
存在し続けているのです。。。

何のために・・・?!


11/2/2016
1.4


2018/5/4(3.19)追記
後半部分もわたしが翻訳した記事はこちら
『アインシュタインの「愛のバクダン」』





先週の金曜日、2月5日は、小学校の子供たちのカーニバルでした。
今年のテーマは「自然」

番外編「乳がんの手術のこと」 2016/1/28
光とテラヘルツと感謝と共鳴 2016/1/10
視野の広がり 2015/8/18(火)
精神性と量子物理学と医学 2015/6/8
祈りと奇跡・・・ 2015/6/7
記憶・・・ 2014/10/16
感謝・・・ 2014/9/26
細胞間コミュニケーション 2014/1/12
祈りの力・・・ 2013/9/6
「マゼンタ」 2013/2/4
「VIVA 菌♪」 2013/1/28
↑言葉と↓言葉 2012/12/29
「響け・・・」 2012/12/19
ホ・オポノポノ 2012/12/14

【転載終了】




この記事を書き終わってから、夕方のお散歩に出かけ、
戻って夕食を終えてから、ネットをチェックしたら、
アインシュタインが100年前に予言していた重力波の
直接観測に成功したというニュース
!!!

おぉ~、シンクロ~♪♪♪
と、私は一人で盛り上がってました(笑)


アインシュタインは、原爆が広島、長崎に落とされたことに
大変ショックを受けて、第2次世界大戦後は平和活動をされて
いたようです。

だから、亡くなる直前、1955年に、ラッセルからの提案で
ラッセル=アインシュタイン宣言

「世私たちは世界の諸政府に、彼らの目的が世界戦争によっては
促進されないことを自覚し、このことを公然とみとめるよう勧告する。
したがってまた、私たちは彼らに、彼らのあいだのあらゆる紛争問題の
解決のための平和的な手段をみいだすよう勧告する。」


wikiから

「これを発表した3ヶ月ほど前にアインシュタインが没しており、
アインシュタインが我々人類に放った遺言状ともいえる。
この宣言には、日本の湯川秀樹も署名している。
レオポルト・インフェルト以外全員がノーベル賞を受賞している。
科学者平和宣言とも言える。」


「世界の偉人達が残した平和への言葉たち」から


平和は力では保たれない。
平和はただ分かりあうことで、達成できるのだ。
(アインシュタイン)

みんな平和について語るけど、
誰もそれを平和的な方法でやってないんだ。
(ジョン・レノン)

銃や砲弾が世界を支配していてはいけないのです。
世界を支配していいのは、愛なのです。
(マザーテレサ)


アインシュタインの手紙の中で「愛のバクダン」を
用意する段階に人類は達していないと、ありましたが、
「最後の答え」の本が世に出た2009年から、すでに7年。
こうやって、この手紙が日本でも話題になっているという
ことは、本当に「愛のバクダン」が炸裂する日も近いの
かもしれません。。。
というか、もう炸裂してしまっていた「愛のバクダン」が
重力波のように、じわじわと、人々に浸透してきたのが
目に見える時期になってきたのかも。。。


最後に・・・

筋肉反射テストで意識レベルなどを調べる方が、
上にシェアした別ブログの記事を読んで
コメントを寄せてくれました。。

アインシュタインが書いたものである・・・ノー
アインシュタインの思いを書いたものである・・・イエス


ということなので、私の妄想は当たっているようです。

この手紙は、あの世のアインシュタインからの愛のメッセージ。
意識レベルも500以上の高い愛のパワーなのだそうです。

信じる、信じないは、あなた次第。。。


14/2/2016
1.7


2月4日の立春以降、そして、旧暦でも新年になった、
2月8日からの加速がすごいです!

たとえば・・・。

今日の景色:沖縄聖地廻り
02.08.2016
解体は「明かす」こと、

解体することで仕組みを明かし、解り、知ること、
それが因縁解消であり、呪解き。

←旧暦の新年に、このメッセージは意味深・・・。


今日の景色:29は生贄の肉にはならない:沖縄聖地廻り
02.09.2016

過去の巫女たちの背中や肩、腰に入った黒い呪が解けた。
生贄の呪が解け、29が生贄の肉になることはない。
29=福、服。

←旧暦でも年が明けたし、幸先よし♪♪

「光のよろいを身に着け、光の武器を持つ。子供たちを守る。マイケルのレギオンとして。」

「光が戻ってきている!フラワーオブライフで彩られたスーパーボウル・ハーフタイムショー」

「2分化社会」

「真実の解放からマトリックス崩壊へ向かう過程について」

現実的にも・・・
今まで隠されていたことが、どんどん明るみになっています。

「面従腹背?外務官僚が鳩山内閣に示した「基地移設・アメリカの意向」文書が、実は出所不明だった件」

「『命』より『国』が大切だという狂気に巻き込まれそうになっている日本の人たちに→『戦争のつくりかた』」

小保方晴子氏のSTAP細胞に関しての本「あの日」が出版されました。
アマゾンの星と書評を見たら、まだまだ攻防中という感じもしますけれど・・・。




2018/5/4(3.19)追記
後半部分もわたしが翻訳した記事はこちら
『アインシュタインの「愛のバクダン」』

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント (23)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« アイスランド『無血の市民革... | トップ | 「愛のバクダン」~憲法9条... »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひろみ)
2016-02-15 04:14:39
「愛のバクダン」って曲があったなんて知らんかった(笑)

[B’z 愛のバクダン]
https://t.co/TW8QQ5Snoy
歌詞
https://t.co/eG8tJiH4yG
英語バージョン Love Bomb
https://t.co/CVAvXVnc4d
とても感動しました。 (さいわいとみよ)
2016-03-12 22:29:45
こんにちは^^初めまして。
最近、Facebookで目に留まったアインシュタインの手紙の記事を見てとてもうれしくなって、再検索してこちらのページに参りました。

わたしはスピリチュアルな探求をずっと続けているもので、「愛」を増やすことで、世界を変えていきたいと日々鍛錬しています。まだまだ未熟なのですが・・・
物理学の分野でこの世界が解明されいることにとても関心をもっています。そして、原爆投下の後にアインシュタインが平和活動を行っていたことも調べていました。それを感じるととても胸が痛んだのですが、先日、この手紙を読んで改めて本当に感銘をうけまました。そしてこのブログは誠実に著者の方にまでコンタクトをとられて公開されていることにもまたまたとても感動しました。

公開していただきて、ありがとうございます。わたしの友人などにも紹介させて頂きたいなとおもっているのですが、このブログをシェアさせて頂きたいと思ってコメントさせて頂きました。

ご検討頂いて、もし可能でしたら、お返事いただければと思います。
連絡先やページはULRを張っています。
さいわいとみよさんへ (ひろみ)
2016-03-12 22:44:16
コメントありがとうございます。
この記事は、私の考えも含まれていますが、基本的には転載したものですし、多くの人に読んでいただきたいですので、どうぞ、ご自由にお使いください。
できましたら、リンク元として出典を明記していただければ、うれしいです。

詳しくは、メールさせていただきますね。
Unknown (さいわいとみよ)
2016-03-13 07:56:04
ひろみさま。

早速のお返事とわざわざメールまでくださってありがとうございます^^
シェアさせていただきたいとオモイマス。
これからもよろしくお願いします。

世界が愛に包まれて平和になりますように!
はじめまして (shine)
2016-05-26 13:22:54
こんにちは!

日本在住の男です。

日々に埋没しそうになりながら
愛のバクダンを妄想しつつ
ネット検索していましたら
たまたまたどり着きました。


ブックマークされている
リーマンさんのブログは
愛読書?ですし

遠くスペインにこんな愛にあふれた考えをお持ちの方が
いらっしゃるなんて感激です!

シェアさせていただいてよろしいですか?
shineさんへ (ひろみ)
2016-05-26 16:38:17
初めまして。

どうぞ、どうぞシェアしてください!

トラックバックするか、シェアした記事のURLを教えていただければうれしいです。

ありがとうございます。

ひろみさま (shine)
2016-05-26 20:21:09
有り難う御座います!

了解いたしました(*^^*)
転載したいのですが。 (愛音)
2016-11-27 17:18:15
あるところから、アインシュタインの娘に宛てた手紙を検索していて、たどり着きました。ブログの内容を、「転載」させていただきたいのですが、ご許可いただけますか?よろしくお願いいたします^^
愛音さんへ (ひろみ)
2016-11-27 17:27:11
どうぞ、どうぞシェアしてください!

トラックバックするか、シェアした記事のURLを教えていただければうれしいです。

ありがとうございます。

この後、後半部分も私がスペイン語から訳して記事にしました。その記事は、こちらです。

アインシュタインの「愛のバクダン」
http://blogs.yahoo.co.jp/shihihaida/14544909.html

5706
肯定的視点で科学から論じてみました (つしま)
2017-07-05 11:37:05
出典元の検索、恐れ入ります。
ありがとうございます。

政治や科学の両面で、なさったような調査が多くの人に必要な時代ですが、言葉の壁がありなかなか難しいのも実際ですね。

科学(生物学)から見て、明確に肯定的意見を持っていますので、書いたものをシェアしますね。

https://www.facebook.com/tomonori.tsushima/posts/1357166807731807

コメントを投稿

関連するみんなの記事

トラックバック

なんと! そんな偶然が! あり得ない! と 素敵なブログご紹介 (宇宙との繋がりをひも解く独り言)
こんばんは!