女一人で地球散歩

2016年11月6日よりスタート!!!本能のままに!地球散歩へ行ってきます:)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

再びトレッキング

2017-06-16 17:15:34 | Argentine🇦🇷
どんどん日々が過ぎていく…
ブログは完成させたいので頑張ろう。


4/6

昨日のフィッツロイトレッキングで身体がズタボロなので、今日はまったりDAY。

のんびりする我々とは正反対に、ちーぴょんは再びトレッキングに出かけていった。
短期旅行とはいえ、本当に彼女はタフすぎる。



まったりDAYと決まれば特に何をするでもない。


とりあえず今後のルートを決めなければない。


せっかく南米まで来ているのだから、世界三大瀑布の一つであるイグアスの滝は見ておくべきか。


しかしイグアスの滝は今いるエルチャルテンから遠い…

まずはエルチャルテンからブエノスアイレスへ行き、そこからプエルトイグアスという街に行く。



エルチャルテンからブエノスアイレスまでバスで行くか飛行機で行くかともくんと話し合った結果、一気に飛行機で行くことに。

バスで行くのと飛行機で行くのとで、値段がたいして変わらないのですよ…

飛行機の方が断然早いしね。


というわけなので、エルチャルテンからブエノスアイレスは一気に飛行機で行くことに。



そしてブエノスアイレスからプエルトイグアスはけっこう遠い。

金銭的に余裕がある人はもちろん飛行機だろうけど、節約旅の我々はもちろんバス。



とりあえず今後のルートは、

エルチャルテン→ブエノスアイレス→プエルトイグアスに。




すでにアメリカでナイアガラの滝、ザンビアでビクトリアの滝を見て来たので、イグアスの滝を見れば世界三大瀑布制覇となる。



おお…
なんかいいね…・:*+.\(( °ω° ))/.:+




とりあえず今日は一日ダラダラし、夕方に戻ってきたちーぴょんと3人で夕飯♡

ちーぴょんは明日エルチャルテンを発つので、最後の晩餐…



4/7

昨日はダラダラしたので、今日は再びのトレッキングへ。


行き先はラグーナトーレ。

ラグーナはスペイン語で湖。
つまりラグーナ湖ですね。


ホステルのすぐ裏手から行けるらしく、ランチのサンドイッチといつものりんごを持ち、朝8時頃に出発!!


今回のトレッキングコースはあまりアップダウンがない平坦な道らしい。


片道約10キロくらい。
この頃には平坦な道で往復20キロくらいなら何とも思わなくなっていた…
トレッキング嫌いだった私が、よくもまぁたくましくなったもんだ…



入り口はけっこう急な坂道だったけど…



山道を登りながら無心で歩く。



平坦な道って聞いていたけど…








けっこうアップダウンがあって疲れる。




途中持ってきたサンドイッチを食べて小休憩。
クッキーも食べる。

南米に来てからどうも間食の癖がついてしまった…:(;゙゚'ω゚'):




午前中のせいか、雲が低くて山が全く見えない…



しかしこれはこれで幻想的かも。




白樺みたい。




森の中も中々綺麗。
途中で脇を流れる川を眺めながら歩く。
山の中は本当に静かだった。
鳥のさえずりが一切聞こえない。
ここは動物はあまりいないのかな…?





森を抜ける、眺めのいい場所に!!





ついついやりたくなるのよね、これ。





歩き回って疲れたので、ここでランチ休憩♡
キャンプ場の奥に巨大な岩を見つけたので、ここに決めた・:*+.\(( °ω° ))/.:+


キャンプ場にはピューマ注意の看板が…



めっちゃ景色よい。





りんごうまい。




見てくださいこの雄大な景色…
本当に綺麗。




お腹を満たした後は、再びトレッキング!!!


ランチ休憩の岩からトーレ湖はすぐ近く。


下に人がいるのわかる…?




坂道を登ると、トーレ湖が現れた。
綺麗と言えば綺麗だけど…
フィッツロイの感動が強すぎたせいか、どうもインパクトに欠けたかも…

なんて贅沢な…:(;゙゚'ω゚'):








さらに奥に展望台があるらしいのだが、行き方がよくわからなかったので断念。
ただ疲れていた、というのがほぼだけどw


帰りは雲がすっかり無くなっていたので、景色を堪能しながらゆっくり帰る…

紅葉綺麗だな…







パタゴニアにきて、自然の美しさを再認識した気がする。


秋になる葉が色付いて落葉する。

あっという間に冬が訪れ、山々に静寂が訪れる。

暖かくなる頃には新緑が芽吹いて、山々を緑に染める。

日差しが強くなり、夏が訪れる。



毎年訪れる春夏秋冬。
当たり前のように繰り返される自然のサイクル。
なんて言っていいかわからないけど、自然は機械仕掛けでも何でもないのに、同じことを繰り返す。

輝く自然の姿は本当に綺麗だし、それだけでも何故か感動してしまうんだよね…




トレッキングを終え、エルチャルテンの街に戻ってきた。





それから疲れていたが、空港へ向かうバスチケットを買いにバスターミナルへ。

ここのお兄ちゃんはとても親切だった。


アルゼンチン嫌いは相変わらずだけども…




チケットを確保したところでホステルに帰宅。


明日ものんびりしようかな…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 暗闇に瞬く星達、燃えるフィ... | トップ | パタゴニアを去る日。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Argentine🇦🇷」カテゴリの最新記事