女一人で地球散歩

2016年11月6日よりスタート!!!本能のままに!地球散歩へ行ってきます:)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ただいま日本

2017-05-30 17:59:20 | Japan🇯🇵

突然ですが…










I'm in Japan!!!!!!










2016年11月6日に日本を出国し、2017年5月29日に帰国致しました。




本当は旅の最後のブログと共に気持ちを綴りたいのですか、なんせタイムラグが2ヶ月もあるので、今綴らせてもらいます。



そしてかなり長文になるので、面倒な方はスルーして下さい笑



旅に出ると決意したときは、3ヶ月程度で考えていた世界一周。
行きたい国をリストアップすると、どう考えても3ヶ月では足りないことに気づき、キリのいい半年にすることに。

出発前、多くの人たちから応援の言葉をもらい、当日は家族が空港まで送ってくれ、かっきーとのんちゃんが空港まで見送りに来てくれた。


最後の最後まで見送ってくれたかっきーの姿を見て、思わず涙が…

最初の国はタイ。

同じアジアなのに異なる文化に驚き、これから始まる一人旅に不安を覚えた気がする。

しかし旅の日数を重ねるにつれ、多くの人に出会い助けられ、素晴らしい景色に感動し、涙することもたくさんあり、旅に出て本当に良かったと思った。






世界一周を考え出したのは5、6年前から。
本格的に意識したのは数年前からだろうか。
私は外回りの仕事をしていたため、私が辞めると他のメンバーに迷惑をかけることになる。

自分のワガママのせいで、多くの人に迷惑をかけることになる…

そう考えるとなかなか決断出来ず、ただ時が過ぎていくばかりだった。
もちろん決断出来なかった理由はそれだけではない。

この歳で仕事を辞める不安。
帰国後の不安。
両親に心配をかけることへの申し訳なさ。


不安だけがひたすら募り、何も出来ずにただ時が過ぎていくばかり。


何気なく友達に相談すると、

「旅に出たい気持ちはわかるけど、帰国後の年齢で再就職は厳しいと思うよ。ちゃんと現実を見た方がいいんじゃない?いつまで夢を追ってるの?」


と言われた。


もちろん友達は心配した上での言葉だったんだと思うが、私はこの言葉がかなりショックだったのとと同時に、


「じゃぁあなたはいつ夢を見るの?」


と思った。



誰でも夢を持つことは出来る。


大小様々だが、人には夢があるだろう。

私は世界中にある絶景を見るのが夢の一つだった。


夢を持つことは誰でも出来る。
けど、一体そのうちの何人か実際に夢を叶えているんだろう。




仕事を辞める決意ができないとき、ふと自分の未来を想像した。



このまま仕事を辞めずに働き続け、歳をとり結婚をしたとして。
そんな人生も素敵だ。
素晴らしいと思う。
前職では人に恵まれ、多くのことを学んだ。
尊敬する課長、楽しい先輩、可愛い後輩、可愛がってくれるお客さん達、バカ騒ぎが出来る大好きな仲間達。

本当に私は人に恵まれている。

けど旅に出ずにそのまま歳をとり、死の間際になったとして…

きっと私は後悔するだろう。

「なんで私はあのとき決意出来なかったんだ。
なんで私は旅に出なかったんだろう。」


と。




そう思ったら、悩む必要がないことに気づいた。



行かなければ私は後悔する。
行こう!!!





旅はトラブルの連続だった。
英語はカタコト、方向音痴、適当、めんどくさがり。
こんな性格のため、しょっちゅう色んなことがあった。
その都度なんとか乗り越え、旅の日々を重ねて来た。
しかし私が旅を続けてこれたのは、多くの人の助けがあったからだ。




初めてその地に来たと伝えると、色んな人に電話をかけてオススメレストランを調べてくれた人。

バスがない為一人で車道を歩いていると、危ないからと言って車に乗せてくれた人。

やることを決めていないと言うと、一緒にハイキングに誘ってくれた人。

英語で盛り上がるグループに入れず一人でいると、輪の中に誘ってくれ、みんなに私を紹介してくれた人。

現地の言葉が話せず、四苦八苦していると通訳をしてくれた人。




ここには書き尽くせないほどの多くの人が私を助けてくれた。
言葉が通じず苦労することなんて日常茶飯事だ。
しゃべれないときはジェスチャー、たまに絵を描いて説明することもあった。



一人で旅をしているが、常に人に助けられた。

何かのキャッチフレーズにもあったが、世界は本当に優しさで溢れている。
困っていると誰かが手を差し伸べてくれ、助けられて来た。








日本にいる私は、自分に自信が無かった。
正直言って、自分が嫌いで劣等感の塊のようなものだった。
私が一人で海外に飛び出したのは、そんな自分を変えたいと思ったからという部分もある。



〝一人で世界一周をしたら、きっと自分に自信が持てるかもしれない。きっと何かが変わるかもしれない〟



そんな淡い期待を抱いていた。




一人で海外を放浪している女性なんて聞くと、物凄い人のように感じる。
私もそう思っていた。
しかしいざ自分が旅に出ると、そんなに凄いことではない気がして来た。


時間とお金、そして少しの勇気があれば誰でも世界一周なんて出来る。


海外を放浪している日本人女性はいくらでもいる。
中には一年以上も放浪している人もいる。
現地で日本語の先生をしている旅人もいた。
現地の人とすぐに仲良くなり、常に誰かと楽しそうにしている旅人もいた。




旅のスタイルなんてみんな違って当たり前なのに、そんな人たちと自分を比べ、自信のなさに拍車をかけた。


そんなとき、旅の途中で一人の日本人に出会った。

話しやすい人だったので、何気なく自分の自信の無さについての話をした。


その人は私の話を聞き、こう言ってくれた。


〝旅はいつか終わって、過去のことになる。けどあなたが自分で旅に出ると決め、自分で色々と決めて旅を進め、自分の目で世界を見て、その地で体験したことは一生消えない思い出となるんだよ。それは紛れも無い事実なんだから。〟



〝自分を好きになること、自分に自信を持つのは難しいし、すぐに出来ることではない。
けど自分自身を認めることは自分にしか出来ないことだから。ゆっくりでいいから、自分を認めてあげられるといいね。〟



この話を聞いて、涙が出た。



何故私はくだらない自分の考え方に固執していたんだろう。

何故私は周りの人と自分を比べていたんだろう。





比べる必要なんてどこにもない。
私の旅は私だけのものなんだから。





長年見続けていた夢の世界一周。

世界地図を広げ、日本と他の国々を見比べる。


大小様々な国があり、それぞれに文化や歴史がある。
日本での常識は、別の国では非常識となることもある。

日本での当たり前が通じないこと。


そこに住んでいる人々の顔、言葉、におい、建物、文化。

一度日本を出れば全てが変わる。




南米のトイレは、外に大きな樽のような入れ物から自分で桶で水をすくい、直接流すものが多かった。
もちろん紙などない。


鍵がないトイレも沢山あった。



時には不便と感じることが、時には心地よかった。



〝ここは日本ではないんだ〟


ということを強く感じられたから。



〝日本は本当に凄い国だよね〟


旅先で出会う外国人は、みんな口を揃えてこう言った。

〝道にゴミが落ちていなかった〟
〝日本人はみんな親切で丁寧だった〟
〝タバコを決められた場所でしか吸わない〟


小さな小さな島国の日本。
そんな日本が、多くの国の人たちから賞賛されている。
日本人として、こんなに嬉しく誇らしいことはない。

もちろんいいことばかりではない。

〝なんで日本はアメリカの言いなりなの?〟
〝なんで日本人は働いてばかりなの?〟

すぐに返答できない事も聞かれた。






海外に実際に出て、その土地を訪れ、現地の人たちと触れ合い、学ぶことが沢山あった。

世界は広く、大きい。

たった200日弱の世界一周。
世界を見るには、この期間では短すぎた。

まだまだ行ってみたい国がたくさんある。

世界は驚きと感動の連続だ。



世界一周を終え、何か私の中で変わったか、と自問自答してみた。



答えは簡単だ。


特に何も変わらない。


世界一周をしたところで、何か自分の中で大改革が起こるわけではない。
偉くなるわけでもない。


けどこの200日で得たもの、感じたことは私の今後の人生で大きな財産となるのは間違いないと思う。
もちろんこの旅では得たものだけではない。
失ったものもある。
けど旅に出たことへの後悔は微塵もない。




流した感動の涙。
別れを悲しむ涙。

喜怒哀楽をこんなにも一度に感じる200日があっただろうか。




日本に帰ると連絡すると、すぐに会おうと言ってくれた友達。
空港まで迎えに来てくれた両親。
すぐに電話をかけて来てくれた友達。
また会おうと約束した旅先で知り合った人たち。



本当に本当に私は多くの人に恵まれ、この旅を終える事ができた。


今改めて、周りの人たちに感謝の言葉を贈りたい。








本当にありがとうございます!!
そしてこれからもよろしくお願いします٩(๑❛ᴗ❛๑)۶




思い切って旅に出て良かったと思う。
本当に思う。




意味不明な文章ですみません。
感情が高ぶると、どうも冷静に文章を書けなくなるようです…笑







ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美しき青の湖、そびえ立つ巨... | トップ | さようならチリ、再びのアル... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
人生最高の6ヶ月 (マリ)
2017-05-31 17:28:21
人間思っていても行動出来ない人。やりたくても出来ない人、そのなかで世界一周が出来た事は長い人生で最高の財産。行ける環境を作ってくれた人たちにも感謝だね😃これからも自分を磨いて優しい女性でいてください。おおえんしてるよ😄👍
Unknown (トモ)
2017-06-01 04:02:32
タイやらラオスやら南米やら南米やら南米やらお世話になりまして。めちゃ楽しかったよ!
日本で生活していたら絶対に出来ない経験、絶対に見れない風景、絶対に関われない人たちと出会えた旅に感謝ですな。
また日本で会おう!

コメントを投稿

Japan🇯🇵」カテゴリの最新記事