宮古on Web「宮古伝言板」後のコーケやんブログ

2011.6.1~、大津波、宮古市、鍬ヶ崎、蛸の浜、浄土ヶ浜、復興計画。陸中宮古への硬派のオマージュ。

目を覚ませ宮古人!!しっかり「閉伊川」をみよ(5)たよりない説明

2014年02月23日 | どうなる閉伊川水門、津軽石川水門

前ページよりつづく

 

3 資料の最後。説明文の意味がわかりますか?

    ※ 他の資料については前ページ、前々ページなど参照


 

上図は2/6説明会資料 


説明会資料のこの「全閉」した場合の説明文章は全然理解できない。津波有事に水門ゲートを全部閉じる時の様子を書いているようであるが「引き波時」「寄せ波時」「水位」「上昇せず」「上昇する」…と字句を追っても書いてある意味が分からないばかりか頭が変になる文章である。「寄せ波」とは津波の事であろうか? あらためて説明を受けなければ分からないだろうがとりあえずくわしい解説をお願いしたい。


 

宮古市民はのどから手が出るほど説明を求めている


2/6、選ばれて漁協で説明を受けた漁師の人たちも「色々と質問意見もありまして意見は持ち帰って検討してもらうことに」(一部市民に説明会」)とあるように疑問が多かったようだ。この資料を見る限り疑問というより書いてある事の意味が「理解できない」という事が本音でなかろうか? (ここで忘れないうちに書いておくが水門問題は一人漁業者だけの問題ではないという事だ。岩手県も宮古市も全市民に説明の義務がある、市民全体の理解が得られないうちは前に進めてはならないという事だ。何回も何回も説明会をする責任がある)。漁業者の方も「持ち帰って検討してもらう事に」した質問や意見へは絶対に返事をもらってほしい。そして曳航や係留の事だけでなく、航行の安全や閉伊川河口の景観、市街地防災効果の事もしっかり考えてほしい。



岩手県庁自身が理解していない 

さて、資料の文章がよく理解できないと言う事は、実は、われわれではなく資料をつくる側の県庁、広域振興局の方がなにも理解していないからだ。この資料に目を通した漁業者やブログの読者、一般宮古市民は「分からない」と戸惑ったに違いない。それは当然なのである。工事主体の県庁、振興局自身が「理解していない」事を書いているからなのである。当然にも支離滅裂な文章になっている。少なくとも「分かりやすく資料をつくる(説明する)」ことができるまで、彼ら自身がよく分かっていない事案なのである。メーカーや工事業者の表面的口車に乗っているだけだからだ。特に水門の強度やメカニズムと航路の関係、工事の影響、工事の意味、そもそも津波防災事案だという事がよく分かっていないままに工事を急いでいるから説明も設計もばらばらで、ひいては予算も常に中途半端に増えていくのである。市民とのコンセンサスどころではなく県庁内部のコンセンサスもとれないままに、こきたない工事現場を永久に閉伊川河口(宮古)に残そうとしている。



閉伊川水門は普通の水門ではない 


(ゲート開閉説明文)


 (以下私の推測理解であるが)「引き波時」とは津波襲撃前の閉伊川の一時的払底引き潮の事であると思われるが、閉門が間に合わないと水がなくなって上流側の係留船舶は全部転覆するという事を書いているのではなかろうか? 閉門が引き潮前に間に合うと徐々に水位が上昇、閉門から6時間半で上流では1mの水位の上昇となるという事。津波が収まって開門後ふたたび水が引き船は陸地(物揚場天端)に取り残されると横転する。津波の引き潮に対して閉門が間に合っても、間に合わなくても上流側の船は転覆の危険性がある。閉門操作が引き潮ではなく津波そのものに間に合わなかった場合は想定外の大惨事になることは分かると思う。洪水時は水門は閉めないから水位は上昇する、船舶はさっさと鍬ヶ崎港や高浜港に逃げることだ。洪水時に水門を閉めたら、それ以上に大変な事になるそれは3.11の閉伊川と同じ現象だ。要するに有事には船は閉伊川から急いで沖に出ることだ。せまい水門航路に気をつけて…。
(ほかの人はどう解釈するのだろうか?) 


岩手県、振興局では(不思議なことに沿岸自治体の宮古市当局も)水門とは本流や支流やダムの水門を開いたり閉じたりして水位の調整を行うものと理解している。防水、貯水、取水、放水など…。漁業者にもその流れで説明しているのだが、残念ながらというべきか、閉伊川水門はそれでは説明がつかないのだ。この水門は、1)力、波高(水位)、時間、どれをとっても予測困難な津波襲撃の防災施設として計画されたものなのである。取水や放水は関係ない。2)漁船を始め船舶があり、宮古湾内の船だけでなく、岩手県沿岸内外の船舶の停泊港、避難港の役割が常にある。3)県内初と言っているが他県はおろか世界のどこにもないだろう強度矛盾を抱えたままの「航路のある」津波防災水門である。 ──だから世界中のだれに対しても「説明」を簡単にはできない。第二の万里の長城、第二のスーパー堤防になる「現実」の懸念の方が大きい。愚かにもその道を進んでいる。



海や津波から学べ、「手引書」工事はもうやめよう

(私の推測理解だと)要するに県や振興局、宮古市の担当部局は閉伊川水門については、津波側ではなく河川の側から水門を理解し設計し説明している。この説明資料の全部の図の矢印は全て上流から下流への川水の流れの方向だけを示していることからもわかる。海から河口・上流に向かう目的本来の遡上あるいは津波エネルギーの方向性については私が稚拙にそのベクトルの方向性を上流に向けて標示しているだけである↑↑。岩手県はダム・河川堤防の経験や手引書を頼りにもっぱら水位、洪水と言うところで水門の設計を考えている。その意味では津波についても波高だけを問題にして、高速で襲撃してくる津波の加速力、繰り返す衝撃力、複雑に力を増減させ、波高を上下させる津波についてはまるで(=あたかも≠ぜんぜん)関心がないようだ。関心はない事はないだろうが国交省や業界の手引書に書いていないからだ。

岩手県県土整備部が経験主義で、古い手引書を頼りにして、ダム工事や河川工事を津波防災工事にそのまま応用する事への警告(だめだし)を私は何回となくこのブログで行ってきた。岩手県の停滞したままの津波対策は明治以来変わる事がなく今次「3.11」惨事にはその破綻の全貌が明らかになっているのである。上からしたまで構成員に成長のない県土整備部は解体し出直すべきである。いつまでも繰り返し、繰り返させてはならない。

 

 

(4)に戻る 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 目を覚ませ宮古人!!しっか... | トップ | 宮古市の津波記念碑(投稿)1 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねこいぬ)
2014-08-31 21:32:44
東日本大震災の津波の本質は、川幅500kmの河川の大洪水ゆえ、津波は河川工学と海岸工学の知識の複合で考えればいいものです。
この水門は想定外の大津波がくれば越水します。いいんです。越水しても。高さ11m分の津波のエネルギーをカットしてくれれば。カットする11mの高さの水の力は半端なく、陸前高田のように文明を全て消し去ります。
あと、1611年の慶長クラスの津波が来たらどうする?と聞かれれば、さっさと高台に逃げるのが正解です。
閉伊川水門の罪 (愛宕の河童)
2016-09-12 17:06:53
旧舘の住民=現築地2丁目で5年間で2回も被災したものです。以前から閉伊川水門に関して非常に疑問を持っておりました。津波に関しての防御は皆様に任せることとして、私は今回のごとき山からの問題、すなわち洪水 について考えたいと思います。
 現在河口の70%(Google earthで計測)を閉塞し工事を行っておりますが、上流よりの洪水に関し、県は考えていたのか疑問ですね。今回の台風10号の降水量が残り30%に集中し、それを海側に出せずに、工事のすぐ上流に、工事の鉄板の高さに等しい水位でプールすることで、結果的に川につながる堰や支流をあふれさせることになりました。これについては証拠写真が多数あります。最終的には河川工学の専門家に種々計算していただけば、水門工事による河口の70%閉鎖での上流にあれだけの降水量がプーリングされての洪水となると思います。而して、水門の完成予想図によると平時の川の流れぎりぎりに固定された水門がつくられます(船舶の航行を行う開閉式以外の部分)。
そうすると今回に近いような水量の増加がおこると、開閉部を全開しても、その他の部分ではまたプーリングが起こり、今回と同様の洪水を生じる可能性が非常に大きいと考えられます。
 この観点からも工事はむしろ被害を増大させることしかないと考えられます。
 しかし、役人は公にした計画をひっこめることはまずありません。なぜならそれは、計画者の落ち度=マイナス として自分の将来の出世に影響することになるからです。
 でも5年で2回も被災したものは、だまっておりません。公人はいまの状況で引くと、責任を取らされることが恐ろしいのです。自分の汚点になるから・・・
河童さんに同感です (コーケやん)
2016-10-11 22:59:31
私も貴方と同意見です。水面から水門までの「ぎりぎりの」高さに加えて、橋脚もかなりの面積を占めています。洪水特有の流木などの漂流物も懸念材料。また川底の砂泥などの浚渫もかえって厳しくなると思います。どのような対策で洪水をクリアするのでしょう。工事主体は岩手県ですが、台風10号で宮古の中心部がやられて宮古市の考えも明確にしてほしいです。このブログの10/6には日報と毎日の記事を載せました。

コメントを投稿

どうなる閉伊川水門、津軽石川水門」カテゴリの最新記事