Magari managed by Fumikiri

自由が丘駅前のイタリアン、マダムのひとりごと

ウルグアイの大統領

2020年10月23日 | マダムのひとりごと
お嫁にいきた~いと思ってしまう人物の一人がこの人。先日大統領を引退された世界一貧しい大統領と言われたウルグアイのムヒカ大統領です。
コロナ禍で悲惨な状況の南米で感染症の流行が低く抑えられているのがウルグアイ。死者数はなんと50人余りだそう。それもそのはず彼が大統領時代に国の公衆衛生が整ったという話はあまり知られていませんが結果がついてきてるんですよね。

人に会えなくなった、歩いて会いにいけなくなったとコロナ禍で大統領を引退される決意をなさったようです。
報酬の大半を寄付し貧乏人とは求めるものが多すぎる人のこと。発展が幸せに反してはならない。人類の発展は幸福のためのものと明言をいくつも残していらっしゃいます。

人の成功は倒れるたびに起き上がること。

なんてすばらしいお言葉💓お嫁さんにしてくださ~い。

昨日の賄い:ちょっと忙しかったので外食。タンタン麺
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短いポルチーニ茸の期間、ワ... | トップ | イタリアに思いをはせて。 »
最新の画像もっと見る

マダムのひとりごと」カテゴリの最新記事