Magari managed by Fumikiri

自由が丘駅前のイタリアン、マダムのひとりごと

大型客船の悲劇

2020年02月13日 | マダムのひとりごと
これじゃ~大型客船誰も乗らなくなっちゃうよと思わざる負えない日本の対応の体たらく。
3日から 横浜港に停泊しているクルーズ船の情報をテレビ等で見るにつけ、気の毒でならない。3500人ほどの乗客に対し行われた検査はまだ1000人にも達していない様子で
その間感染者は増える一方。さらに朝刊ではそのうち数人がいよいよ重症ときた。
死者がでることになったら窓から飛び降りて抗議する人たちもでそうだ。。。。というか、私だったら我慢できないかも。
まるで映画になりそうな劣悪さ。
香港では同規模の船の検査は数日で終了している事を思うと日本の対応の遅さは目に余る。とにかく皆が感染するのを待っていないで香港まで戻ってしまうとか
或いは医療関係者を数百人規模で送り込み、とっとと検査をして彼等を陸にあげてもらいたい。

3500人規模でのこの対応の遅れ、水際での対策。。。はいいけど上陸しはじめたら溜まったものではない。
今のところウイルスの突然変異は見られず健常者なら恐れるに足らん病気だとは思うけど、この対応は人災になりかねないでしょうね。

昨日の賄い:八宝菜、雲丹アスパラ、納豆
この記事についてブログを書く
« 誕生日に思う事 | トップ | メニューがそろそろ春に。。 »
最新の画像もっと見る

マダムのひとりごと」カテゴリの最新記事