Magari managed by Fumikiri

自由が丘駅前のイタリアン、マダムのひとりごと

はい、真逆~(-_-;)

2021年01月10日 | マダムのひとりごと
松井けさ子さんのブログを今拝読☟☟

コロナ関連の特集2つのうち世界一コロナ対策に成功したといわれる台湾の立役者オードリー・タンI IT 担当相の単独インタビューを面白く見た。曰く成功の秘訣は情報公開と行政の透明性と丁寧な説明だそうで、真逆を行く日本では何だかんだいって死者の累計が今日4000人を超えたそうだから、数の上でもあきらかに東アジアの落ちこぼれというべきだろう。



そうなんです。日本は情報公開をしないがためにどんな人がどんな状況で感染しそして重症化しているのか?未だ謎。気を付けるという漠然としたことしかできない。行政の透明性。全くないのは皆さん承知の助。オリンピックがあるかも。。。ゆえに感染者数を増やさないようPCRを渋っていたし今は緊急事態宣言発令中で皆が気を抜かないよう検査数を増やして感染者の数を増やすという安っぽい演出。透明性はさらさらない。
そして丁寧な説明。首相はカンペを棒読み。丁寧とは程遠い説明。

でコロナの結果としては
1.インフルエンザのみならず心筋梗塞や脳卒中が減っている。高齢者は健康になったけど、在宅時間が増え筋肉の減少につながるのでは?
2.出生率が下がり少子化が進む。。人に会わないのでね。
3.あまり意味のありそうにない緊急事態宣言で現役世代は大打撃または大打撃となるであろうことは想像しやすい。

1>2故に昨年はなんと人口増でした。

コロナの事実は1~3ですが、それを説明しようとは思っていないようです。お上から言われるのはひたすら不要不急の外出を控え気を付けてのみ。
我慢も限界の人は多いはずだし、この在宅期間に精神をやられちゃう人も多々。ベストな対応をした国とは真逆な対応だとこうなるのです。

昨日の賄い:シェフリクエストでカレー。お節のあとにはカレーだね。。。は昔から。
この記事についてブログを書く
« 出来ない政府は自分たちで選... | トップ | 成人の皆さまおめでとうござ... »
最新の画像もっと見る

マダムのひとりごと」カテゴリの最新記事