Magari managed by Fumikiri

自由が丘駅前のイタリアン、マダムのひとりごと

ありがと~。

2020年10月11日 | マダムのひとりごと
牡鹿半島の孤高の漁師、将太君がなくなってしまった(´;ω;`)

本当に悲しい悲しい出来事でした。何も考えられなくなったという感じでした。

いろんなことがあったのでしょう。でも死なないでもらいたかったな。

昨日、将太君を偲んで仲良しの皆さんが彼の穴子をもって集まった。その穴子を料理させてもらいました。他では見ないような素晴らしい穴子。肉厚で脂がのっていて。。。サービス精神溢れる彼の日々がよみがえってくるようでした。

美味しい~~~~~~~~~~と笑顔でそれを召し上がる女子たちの顔を見ていて将太君なんで?とうい思いが込み上げた。こんなに人を幸せにできる人が逝ってはダメだよと思いました。将太君の倍ほど生きた私がいうのは何ですが、人生なんとでもなるんだけどね。会ってお話したかったな~とつくづく思います。皆そう思ってると思います。

来年の穴子の季節。これからのタラの季節。寂しくなります。でも季節が変わるたび、きっと将太君を思い出すよ。

ありがとうございました。

この記事についてブログを書く
« なにかある? | トップ | マガーリで癒されて💓 »
最新の画像もっと見る

マダムのひとりごと」カテゴリの最新記事