Magari managed by Fumikiri

自由が丘駅前のイタリアン、マダムのひとりごと

日本の規制緩和からのインバウンド需要

2022年08月13日 | お知らせ
日経「制限緩和 遅れる日本」日本の7月中旬の集計では、コロナ陽性者のうち60歳未満の重症化率は0.03%、致死率は0.01%ときわめて低い。60歳以上は重症化率2.49%、致死率1.99%。それでも水際対策を緩和できないのは、病床逼迫を恐れているからと指摘。

水際対策を緩和できたらいよいよインバウンド需要が高まること間違いなしですね。それほどの円安です。

スイスではマックのハンバーガーのセットメニュー(ポテト+ドリンク)が1720円なり。日本の倍以上です。外国人からみると日本はパラダイス。

飲食店も東京で高い家賃払ってするより日本の原風景が残るところでインバウンドに期待したほうが良いかも。。。と思ってしまう今日この頃。
まあ、あらゆる業種が過渡期であること間違いないでしょうね。

今日の賄い:魚屋さんに買い出しついてにインドカレーを食べました。




この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« お盆の予定です。 | トップ | 松原君の日本酒が届いた~。 »
最新の画像もっと見る

お知らせ」カテゴリの最新記事