Magari managed by Fumikiri

自由が丘駅前のイタリアン、マダムのひとりごと

地球の温暖化

2019年12月08日 | マダムのひとりごと
飲食業していると当然食材大事です。

今年は秋刀魚が駄目でした。前年比の漁獲高68%減とか。。。この先もいろんな要因で秋刀魚がもどってくるとはなかなか思えませんね。

そしてこの異常気象。雨、台風、高波。
マガーリが使わせていただいている無農薬野菜を作る方も被災いたしました。収入がなくなるわけです。ほんの少し寄付は致しましたがなんのお役にも立てないだろうとは想像してます。

そして先日アフガンで亡くなった中村医師。話はちょっとそれすが、アフガニスタンが砂漠化したことで職業がなくなり、それが武装勢力へのリクルートにとって都合が良い結果となったのです。そのリクルートにとって都合の悪い人が中村医師。武力よりも砂漠を緑地かしよう。医療や飲料水の提供で再弱者を助ける中村さんのような方がいると武装勢力のリクルートはしずらくなりますよね。
アフガニスタンが根本的に平和を取り戻すためには地球の温暖化によって砂漠化してしまった場所を再び農業の出来る、水のある場所へと変える事が不可欠。

砂漠化、地球の変異は人間にとってもやっかいですし、私たちの小さなお店も色々考えさせられます。



昨日の賄い:里芋と鶏肉の煮もの、おから、ネギとおあげさんの炒め物
この記事についてブログを書く
« マイナス金利時代 | トップ | マダムの休日 »
最新の画像もっと見る

マダムのひとりごと」カテゴリの最新記事