Magari managed by Fumikiri

自由が丘駅前のイタリアン、マダムのひとりごと

楽しい四方山話

2019年11月27日 | マダムのひとりごと
昨日のマガーリは惨敗で、お客様が少なく親しい人がいらしたので四方山話となりました
お連れ下さった方がフランスに数年お住まいになった方、それも私のあこがれるバスク地方(スペイン)寄りのところに長くいらっしゃったとうから食べ物、ワインの話を伺いましたよ。
当時、彼が某大手メーカーに勤めていたころ、役員クラスが訪ねてきては★付きのレストランに連れて行って食べさせ、口をそろえてパリより美味いと言っていた話。

スペインの星付きレストランはエルブジの流れを汲んで見た目も綺麗、艶やか、それでいて味も抜群だったそうです。今は高くなったのでしょうけど、当時2000年前後は
それほどでもなくランチだと全員で500ユーロ位だったと仰ってました。
生ハム、豚、鴨にフォアグラの生産地でもあるそこでは生のフォアグラを焼いて葡萄のソースにソーテルヌを合わせ、鴨自体もソーテルヌで召し上がる事もしばしば。。🤤

そして話題は香港情勢へ。中国に18年お住まいだったお客様は香港は元には戻らないと仰ってました。
先日、まさに理性的に選挙で物事を解決しようと選挙の結果、民主派が圧勝。これにて中国習政権はバッサリ香港市民から否定されたわけで、この先力任せに弾圧の方向か?
或いは1国2制度の元の香港を取り戻させるか?見どころです。香港は香港であってもらいたいし、天安門は2度と起こらない事を祈るばかりですね。

四方山話、秋の夜長に最高でした。

昨日の賄い:ベジマイトを使ってマーボー豆腐、春菊、残り物整理。鰯と白隠元のサラダ
この記事についてブログを書く
« ローマ法王フランシスコ教皇訪日 | トップ | 人生会議のポスター »
最近の画像もっと見る

マダムのひとりごと」カテゴリの最新記事