Magari managed by Fumikiri

自由が丘駅前のイタリアン、マダムのひとりごと

人生会議のポスター

2019年11月28日 | マダムのひとりごと
お笑い芸人の小藪さんの人生会議のポスターががん患者支援団体らの猛反発を受けてお蔵入り。厚生労働省の4000万円はパーです。
お蔵入りするほど避難を浴びたから逆に注目されたとも言えます。

人は誰でも死を迎えるけれど、日本人はこの死に対して向き合い方がちょっと他の先進国とは違うようですね。

アメリカでは最期を迎える時、スプーンでものを食べさせたりスパゲッティといわれる管でものを食べさせたりというのも批判の対象となります。

昨今病院のベッドで一人寂しくなくなるお年よりも少なくありません。延命処置はどこまでするのか?スパゲッティになり骨と皮になるまで?とか
家の母はそうしないでほしいとあらかじめ私に伝わっておりますし、それがまた変わっていく可能性もある。お年寄りの話に耳を傾け、最期まで寄添う事が出来たら良いと思います。

今の日本はもう少し死というものに対して怖がらずに正面から向き合って寛容であっても良いのでは?と思う印象的な出来事でした。

昨日の賄い:鮭のかす汁(たっぷりの根菜と鮭をかす汁に。。。芯から温まりました。)卵焼き
この記事についてブログを書く
« 楽しい四方山話 | トップ | 師走です »
最近の画像もっと見る

マダムのひとりごと」カテゴリの最新記事