Magari managed by Fumikiri

自由が丘駅前のイタリアン、マダムのひとりごと

美味しいワインには理由がある。

2019年12月02日 | お知らせ
定休日、叔母のうちのワンコ2匹に大概は襲われますが、今日はあいにくの☔。きっとうちには来ないだろうからゆっくりブログを書いておりますよ。

さて先日オルマンニとうい生産者のキャンティを飲んできました。キャンティとはトスカーナを代表するワインです。

彼等のワインが美味しいのには理由があります。まず2013年から有機に変更したこと。畑の周りには雑草が生え、雑草がのさばるので自然と葡萄の根は地中に追い詰められる。つまり地中の栄養や成分を十二分に吸っているのです。また地中に根を延ばすことで猛暑などの影響を受けずに葡萄の生育に必要なだけの十分なでもぎりぎりの水分を吸ってくることが出来ます。

土壌はキャンティの主要品種、サンジョヴェーゼにぴったりといわれるガレストロ。石灰の石がゴロゴロところがる独特の土壌です。基本痩せた土壌で葡萄にぴったり。

熟成は法律にのっとって樽塾と瓶熟成を混ぜてますが飲み頃になるまでリリースしないという徹底ぶり。バリックという香がつく樽よりも大樽と小樽の中間を使って寝かせています。

サンジョヴェーゼのスパイシーさと酸味が美しく調和しているワインです。リゼルバは2014年ものを頂きました。2014年は雨が多くひどい年でしたが、彼等のワインはフレッシュで酸が綺麗で☔の影響をうけてません。青くないのです。収穫は半分にして凝縮感をキープ。

美味しいものには必ず理由があるのです。ちゃんと作っているものには常に価値があるのです。だから私はワインが好きでその理由もちゃんと知りたいんですよね。



昨日の賄い:バーミヤン(外で)

この記事についてブログを書く
« 2019年も終わりに近づき。。。 | トップ | cop25 in Spain »
最近の画像もっと見る

お知らせ」カテゴリの最新記事