Magari managed by Fumikiri

自由が丘駅前のイタリアン、マダムのひとりごと

生きる目標

2022年01月13日 | お知らせ
焼肉屋さんに立てこもった青年、長崎から出てきてホームレス生活をしてきたようです。逮捕される前に焼肉が食べたかったと言い残したそうですが、この少年は住み込みの職が決まっていたとのことです。が、生きる目標がなくなり死刑になろうと思ったそうです。
生きる目標。。。人ってこれを持ち続けられれば幸せかなって思います。
どんなお金持ちでも生きる目標を持ち合わせなかったりまた、明るい未来(そんな大したものでなくてもただ明るいもの)を想像できないと人は絶望しますよね。
立てこもり事件を知った近所の焼肉店の店主の「焼き肉を食べたかったのなら、うちにくれば好きなだけ食べさせたのに・・」の言葉。
凄く昭和っぽくて良いと思います。こういう人が人を見ている社会がもう一度できないかしらね。
そうしたら生きる目標無くなることもなかったのでは?

知的社会=格差。今後こういった社会に適応できない若者の犯罪は増えていくでしょう。生きる目標が持てる社会再び。。2022年初めに願うばかり。

昨日の賄い:ほたて、ヒラタケ、分葱の中華風炒め物。山東菜のつけもの。



この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 時間があるときには作戦会議 | トップ | ウイルス学者の一説 »
最新の画像もっと見る

お知らせ」カテゴリの最新記事