Magari managed by Fumikiri

自由が丘駅前のイタリアン、マダムのひとりごと

自由が丘

2024年06月12日 | お知らせ
もうすぐ自由が丘を離れるので自由が丘という街を一言でいうと、今は塾の街。
私が自由が丘でお店を始めたころはJKが闊歩してました。勿論今でもおります。
JKの目的はタピオカドリンクやスイーツフォレストのスイーツでした。今スイーツフォレストは無くなってしまったかな?
サフィックスという有名な塾が自由が丘にできてから塾が乱立しております。帰りの電車は子供だらけ。夜の10時までさすがにお勉強はしないでしょうから、塾が終わった後、皆でしゃべったり遊んだりして息抜きしているのでしょうね。

とにかく若い方が多い自由が丘。コロナ禍も一向に人が減る事はなく、いつでもヴィヴィッドにちゃかちゃかと変化し続けております。
お店の客層と自由が丘を闊歩している人達は違いますのでお店は業務委託で賜り、それは良かったと思ってます。

東京は広大な都会の中に明治神宮、新宿御苑など大きな森があり、渋谷の交差点や築地に外国人が集まり、自由が丘のベンチではペットや子供と一緒に親子が楽しんだり、ファッションも自由。平和とはこのことと自由が丘は思わせてくれる良い街だと思います。

自由が丘に自宅をお持ちになる富裕層からすると納得いかないところも多々あるでしょうが、街は人がいてこそ。日々変わる街並み、変わらぬ楽しそうな人達。そんな自由が丘、あと数か月楽しもうと思います。

昨日の賄い:鶏手羽、コールラビ、カリフラワーのローズマリー蒸。きゅうりのオイキムチ
この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日本とイギリスの貴族社会 | トップ | どこの国も大丈夫? »
最新の画像もっと見る

お知らせ」カテゴリの最新記事