Linuxつかってみる

Linuxとivtvでテレビ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Kensington Expert Mouse Pro

2006年11月29日 | FC6
momonga-linux の wikiにチルトホイールの付いたマウスで横スクロールの設定方法について載っている。
必要なパッケージは
xorg-x11-drv-evdev
xbindkeys

自分はKensingyon の Expert Mouse PROを使っている。(生産終了したのか?)
別にチルトホイールが付いているわけでもなければ、横スクロールがしたいわけでもない。

ただ、ハード的にはホイルを併せて全部で13ボタンあるのに、6個Linuxでは何も割り振ることもなく余らせていた。普通に使うには不便もないのでいいんだけど、せっかくあるんだし設定してみようと思って探してたら、これといった解決策がきちんとまとまった形での情報が掴めなくて、半ば諦めつつも2ちゃんねるで聞いてみたら、evdevというドライバで動くんじゃないかと指摘してもらって、以外とあっけなく全部のボタンを活用できるようになったので、メモ書き。

$ cat /proc/bus/input/devices
〜略〜
I: Bus=0003 Vendor=047d Product=1002 Version=0400
N: Name="Kensington USB/PS2 Wheel Mouse "
P: Phys=usb-0000:00:10.3-2/input0
S: Sysfs=/class/input/input2
H: Handlers=mouse0 event1
B: EV=7
B: KEY=7ff0000 0 0 0 0 0 0 0 0
B: REL=103
〜略〜

トラックボールの
Handlers=mouse0 event1
がxorg.confを編集時に必要になる。
編集したのはこれだけ。

Section "InputDevice"
Identifier "Mouse0"
Driver "evdev"
Option "Device" "/dev/input/event1"
EndSection

Xを再起動すると
$ xmodmap -pp
There are 13 pointer buttons defined.

Physical Button
Button Code
1 1
2 2
3 7
4 4
5 5
6 6
7 3
8 8
9 9
10 10
11 11
12 12
13 13
ってな感じで全てのボタン認識したのを確認できた。
7と3は右クリック野位置を右上にするために入れ替えてある。
xmodmap -e "pointer = 1 2 7 4 5 6 3 8 9 10 11 12 13"

ボタンが認識すれば、適当にコマンドを割り振るだけなんで
$HOME/.xbindkeysrc 作って、ランチャボタンとして使用してる。

"Terminal"
b:8
"QDevelop"
b:9
"jd"
b:10
"opera"
b:11
"TVsw"
b:12
"Thunar"
b:13

もっとこの辺のボタンは有効に使えるはずなんで、またその都度考えよう。
使わなくても別に不便は感じなかったんだけど、いざ設定して使いはじめると、ちょっと便利だ。

設定方法が分かってから調べ直すと、結構簡単に見付かる見たい。タブレットのひとが設定をメモってたりするらしい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 音声多重も amixer で疑似対応 | トップ | 音声多重の件 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ExpertMouse Optical (くま)
2007-03-08 19:14:36
購入してみましたがボタンの割付がうまくいきません。[kkuma@kkuma:~]$ xmodmap -pp
There are 9 pointer buttons defined.

Physical Button
Button Code
1 1
2 2
3 3
4 4
5 5
6 6
7 7
8 8
9 9

となっているのですが?ボタンは4個しかないし、現在どんな割付になってるかもわからないし3個のボタンは自動に割り付けられているしどうしたら良いかわからない状況です。どうしたらいいでしょうか?教えていただけないでしょうか。
トラックボール設定 (trash_box_2005)
2007-03-09 23:24:30
$ xev
を起動して、どのボタンがどの番号にあたるのかをチェックしてみてください。

マウスのイベントが起こる度に、コンソールにログが記されていきます。

ButtonRelease event, serial 31, synthetic NO, window 0x3600001,
root 0x1a5, subw 0x3600002, time 922519723, (24,48), root:(575,501),
state 0x100, button 1, same_screen YES

ボタンを押した時の番号と、押したボタンとの対応をメモしておいて、
$ xmodmap -e "pointer = 1 2 7 4 5 6 3 8 9 10 11 12 13"
を実行してボタンの番号割り付けを入れ替えています。
上の例では、3と7を入れ替えて右クリックのボタンの位置を変更しています。
ボタンの数は、当方は画像のように上にランチャボタンが付いているのでその
分多いのかと思います。ホイールも3つのボタンとして認識します。

ExpertMouse Opticalは持っていないので9個の割り当てがそれぞれどうなっているのか
分かりかねますが、実際押し込むボタンと番号の対応を掴んでしまえば、適宜入れ替えをすればいい。
$ xmodmap -e "pointer = 1 2 3 4 5 6 7 8 9"
シェルスクリプトで、書いてしまって、gnomeやkde、xfceなんかの起動時に走らせれば、
勝手に入れ替えてくれます。

また、余ったボタンに何か割り付けるには、xbindkeysを入れて行います。
http://developer.momonga-linux.org/wiki/?evdev#l4
辺りを。
ありがとうございます。 (くま)
2007-03-10 12:34:40
なんとか動作するようになりました。
ありがとうございました。
ただ自分がやりたい事をするのに
xvkbdが必要なようです。
それでRH9用のものを使用していますが
今一安定しません。
もうすこしもがいてみます。

コメントを投稿

FC6」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事