閑話休題~いづのブログ~

行ったとこ・出会った人・見たもの・直したもの・食べたもの・感じたこと・・・ほぼ毎日楽しい話題をUPします



2018夏の旅(岡山→下関→福岡→大分)

Ume~ga Jaro~ga(うめ~が じゃろ~が) はうまかった!

2010年11月28日 13時15分05秒 | 食べたもの
やっと行けた Ume~ga Jaro~ga(うめ~が じゃろ~が)




ランチもおしまい近い時間。

駐車場はいっぱい。お店に一足踏み入れると・・・・おしゃべりと厨房の活気が

いい香りとともに飛び込んできた。

すぐに「おいしいお店なんだろうな~」って確信できる。

カウンターに案内され着席。

そこは厨房がステージになってる観覧席。

白くてプレスのきいたコックコート。清潔でかつそれぞれ

こだわりのヘアースタイルでキメた料理人さん4人。

きびきびした動き!!サーブする方達との息もぴったり。

大きなフライパンを腰を入れてふる姿が凛々しい。

お肉の火の通りを確認する「串を唇に当てるしぐさ」がセクシー。

どの動きにも無駄や隙がない。

こんなにオープンな調理場なのは、作った方の顔が見える安心と

提供する方の自信。



創作ランチ お肉のコース

     

     

     

     


どれも手が込んでて、楽しい前菜のお皿も 暖かいもの冷たいものが

そのままでいただける。

フォカッチャはあつあつ。 ハンバーグのソースを最後までいただける。

「ふわふわわらび餅」はテーブルに運んでくるときから「プルプル」


どのテーブルにも 笑顔と運ばれたお料理の話で楽しそうな時間が流れている。

お店に入るときの期待は、満腹になってお店を出る満足感が裏切らない。

おいしくて贅沢なお昼でした。   



コメント (4)

subway (サブウェイ )

2010年11月11日 15時59分53秒 | 食べたもの
今まで倉敷イオンに行くと 「ドトールのコーヒーとミラノサンドイッチ」くらいしか

食べるものがなかった。

前回イオンに来た時、ATMにならんでて気になってたここ




入り口でPOPやメニューを見て悩んでいるおば様たちを横切ってカウンターへ。

Bグルさんのブログやお店のHPで予習していたおかげで、なんなく購入!!
(そんな、たいしたことでもないか・・・へへ)

おうちでも食べれる味だけど、なかなか作らないよね。

メニューも豊富でパンもおいしい。次回からお昼ならここかな。




いただけなかったのがポテト(冷え冷えでバジル粉まみれ)とその日のお店のおねえさん。

ポテトのカロリーとおねえさんのお仕事ぶりは50%OFF)





コメント (4)   トラックバック (1)

山陽新幹線ふれあいデー

2010年11月07日 23時34分53秒 | 新幹線・ドクターイエロー
行けなかったんです・・・。

早朝チラ見の写真を撮ってきてもらいました。







駅のホームでも見れない、実際に利用しても撮影できない貴重な新幹線の姿。

残念。

「記念入場証」は宝物!!!
コメント (2)

「さくら」 まで127日

2010年11月07日 14時42分24秒 | 新幹線・ドクターイエロー
11月4日(木)の夕方 岡山駅

        
        






ラッシュ時間だし、平日のため「撮り鉄」がいない。

最近は、幼稚園児をつれたママがすごく多い。

時には団体でいたりする。横の情報がすごいんだろ~な~。


KIOSKでグッズを見たりするのも好き。

来年のJRカレンダーを購入。



本日の 「新幹線ふれあいデー」 にはドクターイエローはきてないみたい。

今頃すごいんだろ~な~。会場。


※ 撮影は、私専属の(OCNフォトフレンド)カメラマン。
コメント (2)

山陽新幹線ふれあいデー か 金田一耕助の小径

2010年11月06日 09時37分16秒 | 日記
迷っています・・・・。

明日の日曜はどっち・・・。




早島まちなみウォーク  その6

2010年11月06日 01時28分16秒 | イベント
⑫ 花ござ手織り技術伝承館

織機は、まるで小学生の工作のように簡素な木材で単純なつくりに見える。
シンプルな機械だが職人さんの「技術」と「根気」で芸術を生み出している。
笑いながら、説明をしてくれながらも手は休まず動く。
魔法のように模様が出来上がっていく。
目を凝らしてみてもいったいどうやって織られていくのかわからないくらいのスピード。
でもいぐさを1本1本手作業で機械に送り込んでいく大変なもの。わずかづつしか出来上がらない。

9時30分スタートで13時過ぎに観光センターに到着。
1日コースや、「花ござ手織り体験」なども期間中は行われているらしい。

観光ボランティアさんのおかげで「ただ見て歩く」ウオーキングじゃなく、本当に早島に興味のわく、早島を理解できるイベントだったと感謝!









早島ウォーキング 5

早島ウォーキング 4

早島ウォーキング 3

早島ウォーキング 2

早島ウォーキング 1




早島まちなみウォーク  その5

2010年11月06日 01時05分44秒 | イベント
⑨ 畳表問屋奉納燈籠


江戸時代から「早島表」の名で各地に出荷され、全国に知られていた早島特産の「畳表」
1856年 江戸・大阪・早島の畳表問屋が、航海の無事を祈り児島湾を見渡すこの場所に奉納した。


⑩ 鶴崎神社

始めて見る「2つの社宮」形式。
吉備津神社・八坂神社
平成21年拝殿を改築。


⑪ 厳島神社



1836年讃岐の船頭が寄進した「灰船中」の燈籠。
「灰」は畳表を焼いた上等もの。

早島まちなみウォーク  その4

2010年11月02日 00時37分09秒 | イベント
⑥ 妙法寺



明治20年、備前焼で作った「狛犬」

⑦ いかしの舎





五十橿舎→いかしのや
「盛りに足りておごそか」の意。
ここでお抹茶の接待をうける。

⑧ 薬師院



ここではボランティアガイドさんから写真撮影の指導をいただく。
ガイドさんは写真同好会の会長さんでもあった。

早島まちなみウォーク  その3

2010年11月01日 09時07分33秒 | イベント
③ 清澄家住宅



町内にただ一つ残る明治の洋風建築。
明治の建築物が大好きな私なのに、こんな住宅(現在も住んでいらっしゃいます)が身近にあったなんて今回初めて知った。
門からの眺めは左右対称。明治41年に建てられた。

④ 千光寺






寛永8年(1631年)建立。
加藤清正と真っ向から渡り合い、豊臣秀吉から「敵ながらあっぱれ」と讃えられ金子50両を与えられたという戦国武将「竹井 将監」の菩提寺。


⑤ 戸川家記念館

今回もっとも興味深かった場所。あらためて「早島」の魅力を知った場所。
二百数十年の長きにわたり、備中早島村を治めた旗本・戸川家に伝わる品々を展示。
近日中にまた足を運ぶ予定。くわしくはそのときに・・・。

早島まちなみウォーク  その2

2010年11月01日 08時32分39秒 | イベント
早島まちなみウォーク  その2

① 安養院





駅前の「早島町観光センター」で町長さんのご挨拶やガイドさんの紹介でイベント開始。
スタートしていきなりの階段!

仁王門からの眺めは、児島湾干拓の面影。
今から歩くコースが一望。
緊張気味なガイドさんが、不慣れな手つきで使うハンドスピーカーのハウリングで耳が・・;☆

② 金比羅往来燈籠



金比羅往来へ至る道は「由伽」と「金比羅」両参りのためどちらも早島を経由する。
参拝者のための道標や燈籠は町のあちこちに数多く残っており、当時から「早島」は交通の要衝としての重要な役割もあったことがうかがえる。