Trips with my RV.

RVでの小旅行。

地震・・・

2010-09-20 00:18:41 | 独り言
アルコールへの耐性が低い私は、少しのお酒で酔ってしまうので考えように因っては安上がりである。駆け足の1泊2日キャラバンから戻って久し振りに(今回頂戴した)焼酎を飲んで(味見?)いた。

そんな時、どうも酔った様だ。本日(9月19日)21時47分自宅がタ~ワ~ン タ~ワ~ン タ~ワ~ンと6秒ほど揺れた。

酔った私だけではなく、妻子もナニナニナニナニ?と部屋から出て来た。地震なら揺れ戻しがある筈だと云ったが横波は来ない。そもそも、先程のアレは地震なのか?タテ揺れともヨコ揺れとも云えない不思議な揺れだった。上手く表現出来ないが、何処か遠くでガス爆発があった様な感じ・・・と云うか、不思議な揺れだった。即座に地震速報を待ったが何も情報がない。インターネットで地震情報を検索したが・・・家族全員で・・・あ~でもない、こ~でもないと揺れの原因を考えた。車が自宅に低速でぶつかったとか、遠くでガス爆発があったとか、超音速で何かが飛行して衝撃波があったとか、挙げ句の果てにポルターガイストでは無いかとか、透明な巨人が自宅を揺らしたとか・・・。家が壊れたのかと彼方此方探して回ったりしたが特に何も無く、居室のドアを誰かが力一杯開閉して風を起こしたのだと言い出し、押し入れや屋根裏に人が潜んでいないかと探し回った。

が、結局は地震だった。

震源地 岡山県
震源時 2010/09/19 21:47:29.14
緯度 34.607N
経度 133.612E
深さ 14.7km
マグニチュード 3.3
走向1/走向2 123.8/33.5
傾斜1/傾斜2 88.1/82.4
スリップ角1/スリップ角2 7.6/178.1
品質 76.05

上へ下への大騒ぎをしたら酔いが醒めてしまった。

と・・・書いていたら更に2~3秒の揺れが・・・。

震源地 岡山県
震源時 2010/09/19 22:50:59.98
緯度 34.605N
経度 133.609E
深さ 14.0km
マグニチュード 2.9

そして・・・

震源地 岡山県
震源時 2010/09/20 00:16:09.80
緯度 34.606N
経度 133.611E
深さ 14.6km
マグニチュード 3.4

う~ん、蒜山オフは大盛況の様だ・・・ではなく、これは・・・西南日本で頻発している深部低周波微動と云うモノに関連しているのだろうか?西南日本深部微動帯とは長野県西部から豊後水道に至る長さ約600kmの範囲に存在し,沈み込むフィリピン海プレートの走向と平行で帯状に分布する・・・フィリピン海プレートの沈み込み帯の深度30Km近辺で発生している。これは、南海・東南海地震発生のメカニズムと密接な関連性があるので当該地震の予知に不可欠との学説が多い様だ。

それに比べて、深度15Kmとは、地表との中間だ。地震を発生させる様な固い岩盤の厚みは約15~20Kmで、その下は高熱で滑りやすく移動しやすい熱と圧力で砕けかけた岩石の礫だそうだ。なので、今回のこの振動は・・・一般的に云われる地震とは異なり・・・火山性の微動の様な揺れであり、火山性の微動とはマグマや大量の温泉水等々の液体の移動に起因するモノだから、この岡山県直下15Km深度の微動も液体の移動だとすると・・・地殻の歪みで出来た割れ目にマグマが流れ込んだ微動なのカモ知れない。それとも岩盤の下から逆断層が開きつつある直下地震の前兆なのだろうか?

何だか怖いなぁ~
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 義母の見舞い・・・ | トップ | 自動車環境税・・・導入? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その時は (ポル7)
2010-09-21 17:19:40
はい、蒜山で楽しく呑んで、
ポル7は意識を失い
8~9が出てきていたらしいです・・・・・
なので、地震なんか微塵も感じませんでした

たぶん、直下型地震規模なら、酔いもぶっ飛ぶんでしょうけど、阪神淡路大震災では明石で被災し、強烈な揺れを体験しました
爆睡状態だった未明に飛び起きて無意識に妻子の上に覆いかぶさって守った記憶は今でも鮮明に覚えています。

大きな地震は、何もかも壊してしまうので、来て欲しくないのですが、そうはいかないんでしょうね~(-_-;)
Re: その時は (軽薄な店主)
2010-09-21 21:12:22
ポル7さん、コメント有り難う御座います。

> はい、蒜山で楽しく呑んで、
> ポル7は意識を失い
> 8~9が出てきていたらしいです・・・・・

あぁ~、側に座ると叩(はた)かれるのは「9」さんですか?
「8」さんは愉しいので良いのですが・・・

> たぶん、直下型地震規模なら、酔いもぶっ飛ぶんでしょうけど、阪神淡路大震災では明石で被災し、強烈な揺れを体験しました

吉井竜天AC場(岡山県吉井町のキャンプ場)でトレーラーキャンプ中に震度4を体験しました。所詮、震度4でしたがアメリカンのサイドオーニングがバタバタと羽ばたいていました。AC場で体験した地震は、それっきりですが、揺れが遠くから木々の葉擦れで押し寄せてくる・・・不思議な体験でした。

> 爆睡状態だった未明に飛び起きて無意識に妻子の上に覆いかぶさって守った記憶は今でも鮮明に覚えています。

阪神淡路大震災は、マンション住まいをしていた時に体験しましたが、建物の向きの性か凄く揺れました。この体験が、マンションを売って一軒家に引っ越そうと思った原点です。奥様思いのポル7さんは奥様と御子様を守ったのでしょうが、私は妻よりもクリスタルグラスが一杯入った食器棚を守りにヨコ揺れの来る前に走りました。

> 大きな地震は、何もかも壊してしまうので、来て欲しくないのですが、そうはいかないんでしょうね~(-_-;)

西南日本深部微動帯(長野県西部から豊後水道に至る長さ約600kmの範囲)は、東南海・南海地震域の固着帯です。ここの固着部分が緩むとズルズルッとフィリピン海プレートを引き込んでしまいます。微動帯では人に感じる地震ではなく低周波震動・・・数分・数十分単位でのユックリとした揺れで、固着部分が外れていっているのだそうです。

http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/
で最近30日間の震源深度深度が表示されますが、この中で深度30Km辺りの震源を見ていると・・・カウントダウンが続いているのが判ります。怖いです。

コメントを投稿

独り言」カテゴリの最新記事