日経225先物 今日のデイトレードプラン

日足チャートから今日のデイトレードの注目ポイントを見つけ出します。 マーケットが開く前にその日のトレードプランを確認!

日足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/6/30

2017年06月30日 | レビュー

◆今日の日足チャート分析






 反落。下窓を開けて、直近8日間の保合いレンジを下放れて始まり、ザラ場ではこれまでの保合いレンジ下限が抵抗線、基準線が支持線となって、25日MAを挟んで上下する保合いとなりました+1σを下抜けたので、ボックス相場の下降局面と判断できます。中長期的には、±2σのどちらかをブレイクするまではボックス相場継続です。



◆今日の日経225先物のマーケット



 220円のギャップダウンで下窓を形成して19990円で寄り付きました。寄り付き直後に買われて第1抵抗帯20040円まで上昇した後は、戻り売り優勢の展開。10時ごろには第1支持帯19930円まで下落して今日の安値を付けました。その後は、最初のレンジ内で25日MAを挟んで上下する保合いとなりました。終値は19990円でした。



◆今日のトレナビ225



 第1抵抗帯での戻り売りと第1支持帯での押し目買いが成功。



<アクティブトレードの成績>


 寄付きの買い。19970円~第1支持帯19935円で押し目買いを4回。19950円で戻り売り。5勝1分で68、500円のプラスでした。


6月累計: +1,319,000円、77勝16敗7分


<トレーディングツール「シグナビ」の成績>


 寄付きの買い。第1抵抗帯20030円で戻り売り。前場、19975円~19995円で戻り売りを3回。後場、19945円で押し目買い。5勝1敗で104,500円プラスでした。


6月累計: +804,000円、51勝23敗2分


このブログの現在のランキングは?

下のバナーをクリック!


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント

日足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/6/30

2017年06月30日 | レビュー


<前日の日経225先物>






 反発。小さな上窓を開けて、直近6日間の保合いレンジを上放れて始まったものの、ザラ場では戻り売り優勢でここ2日間の高値を挟んで上下する保合いとなりました。依然、+1σの上をキープしており、2σを明確にブレイクできれば強い上昇トレンド発生の可能性を残しています。逆に、そうならない限りはボックス相場が継続。また、+1σを下抜けるようなら、ボックス相場の下降局面と判断できます。




<前日のナスダック>




 反落。前日上抜けた-1σや5日・10日MAを再び下抜けて、直近安値も更新して引けています。中長期の上昇トレンドを支えてきた50日MAを割り込むと、トレンドの大転換となる可能性があります。ボリンジャーバンドは収縮から拡大の兆しがあります。依然、±2σのどちらかをブレイクするまでは20日MAを挟んで上下するボックス相場です。


<前日のダウ>




 反落。上窓を開けて寄り付いた後は、戻り売り優勢となり、サポートの20日MAを下抜けて引けています。これで上昇トレンドは明確に終了し、調整局面が継続中。今後、-1σを下抜けて推移し始めると、ダウントレンド発生の可能性が高まります。





よろしければクリックをお願いします。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


コメント

日経225先物 セミナー実績 2017/6/29

2017年06月29日 | レビュー

◆今日の日足チャート分析






 反発。小さな上窓を開けて、直近6日間の保合いレンジを上放れて始まったものの、ザラ場では戻り売り優勢でここ2日間の高値を挟んで上下する保合いとなりました。依然、+1σの上をキープしており、2σを明確にブレイクできれば強い上昇トレンド発生の可能性を残しています。逆に、そうならない限りはボックス相場が継続。また、+1σを下抜けるようなら、ボックス相場の下降局面と判断できます。



◆今日の日経225先物のマーケット



 100円のギャップアップで上窓を形成して20240円で寄り付きました。寄り付き直後に買われて20270円まで上昇した後は、戻り売り優勢の展開。10時半ごろには20180円まで下落して今日の安値を付けました。その後は出来高も増えず、最初のレンジ内で前日高値を挟んで上下する保合いとなりました。終値は20210円でした。



◆今日のトレナビ225



 ここ2日間の高値を更新した後、元のレンジの押し戻されて、追撃売り発動となりました。ただ、安値追いには至らず、高安値幅90円の強烈な保合いでした。



<アクティブトレードの成績>


 第1支持帯20225円で押し目買い。今日の安値20180円を付けた後、20210円で戻り売り。2勝で21、000円のプラスでした。


6月累計: +1,251,000円、72勝16敗6分


<トレーディングツール「シグナビ」の成績>


 前場、20205円で追撃売り。後場、20200円で押し目買い。2勝で30,000円のプラスでした。


6月累計: +699,500円、46勝22敗2分


このブログの現在のランキングは?

下のバナーをクリック!


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント

日足 日経225先物・ダウ・ナスダック 2017/6/29

2017年06月29日 | 日足


<前日の日経225先物>






 反落。小さな下窓を開けて、サポートの5日MAと+1σ付近で寄り付き、ザラ場では押し目買い優勢で前日高値まで上昇。ただ、高値圏では買いが続かず、始値付近まで押し戻されて引けています。依然、+1σの上をキープしており、2σを明確にブレイクできれば上昇トレンド発生の可能性を残しています。逆に、そうならない限りはボックス相場が継続。また、+1σを下抜けるようなら、ボックス相場の下降局面と判断できます。




<前日のナスダック>




 反発。-2σ手前から押し目買いなどが優勢となり、前日下抜けた-1σや5日・10日MAを回復して、20日MA付近で引けています。ボリンジャーバンドは収縮しており、±2σのどちらかをブレイクするまでは20日MAを挟んで上下するボックス相場です。


<前日のダウ>




 反発。前日、20日MA付近まで調整したことで押し目買いが優勢となり、+1σや5日・10日MAを回復して引けています。調整一巡から上昇トレンド再開の動き。今後、直近高値を上抜けて本格上昇するか、逆に、再度+1σを割り込んで調整継続となるかに注目。





よろしければクリックをお願いします。


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


コメント

日経225先物 セミナー実績 2017/6/28

2017年06月28日 | レビュー

◆今日の日足チャート分析






 反落。小さな下窓を開けて、サポートの5日MAと+1σ付近で寄り付き、ザラ場では押し目買い優勢で前日高値まで上昇。ただ、高値圏では買いが続かず、始値付近まで押し戻されて引けています。依然、+1σの上をキープしており、2σを明確にブレイクできれば上昇トレンド発生の可能性を残しています。逆に、そうならない限りはボックス相場が継続。また、+1σを下抜けるようなら、ボックス相場の下降局面と判断できます。



◆今日の日経225先物のマーケット



 30円のギャップダウン下窓を形成して20120円で寄り付きました。始値付近の第1支持帯をサポートに、寄り付き直後から押し目買い優勢となり、10時半ごろには前日高値と同値の20220円まで上昇。ここから戻り売りが優勢となり、ランチタイム中に始値の20120円まで押し戻されました。後場は、ほぼ前場レンジの安値圏での保合い。大引け前に20200円まで安値を切り下げたものの、安値追いには発展せず引けています。終値は20140円でした。



◆今日のトレナビ225



 基本スタンスの第1抵抗帯と第1支持帯を使った逆張りが成功でした。



<アクティブトレードの成績>


 寄付きの買い。後場、20155円で追撃買い。1勝1分で12、000円のプラスでした。


6月累計: +1,218,000円、70勝16敗6分


<トレーディングツール「シグナビ」の成績>


 寄付きの買い。第1抵抗帯20210円で戻り売り。20140円と第1支持帯20125円で押し目買い。5勝1敗で89,500円のプラスでした。


6月累計: +669,500円、44勝22敗2分


このブログの現在のランキングは?

下のバナーをクリック!


にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

コメント