森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

観察会下見  うーたの里

2014年10月25日 | 自然観察会
うーたの里で自然観察会をするので 下見に行きました。 そうです。楽しい下見。
これは 自然観察指導員講習会でも 言われていたので 楽しくていいのだ。

新しい看板が設置されたところでした。  楽しいイラストで分かりやすいのです。 
うーたの里は 大分市の住宅街の中にぽこっとある 休耕田跡地、谷内にあります。
会の代表が 毎日手入れにきているので きれいにされています。
アサギマダラが来るようにと植えられたフジバカマには たくさんのアカタテハ

ツマグロも来ていて チョウの好きな花を植えると いろんなチョウが来て嬉しいです。  
 あ、もちろんアサギマダラも来るそうです。 時期的に少し遅かったので。

こちらは ササの葉に

ヒメジャノメチョウ おしりをまげて何してるのかな? と思ったら

ササの葉の裏に 卵を産み付けていました。 ヒメジャノメは ササが食草なのです。

カエル 見つけ。

このヌマガエルさんは背中が曲がって 背中線も変になっています。 小さいときに怪我したのか?
ここまで大きく育っているので 頑張ったんだね。

里山たんぼのお約束。 ミゾソバとアマガエル ですよ。
ミゾソバの花の写真を撮っているのと思ったら  カエルかい と言われてしまいました。

 ミゾソバの写真はもう撮ったのがあるもん と 言いましたら

 アマガエルの写真も たくさんあるだろう と言われてしまいました。   くぅうその通り。言い返せんわ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 講習会 番外編  九重応援団 | トップ | 通信11月号 どんぐり君 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然観察会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事