森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

ホモ・デウス テクノロジーとサイエンスの未来   ユヴァル・ノア・ハラリ著

2020年03月28日 | 書籍紹介

サピエンス全史の続き

上下 2巻  今頃この本を と思われても 途中まで読んでほおっていたのですが

図書館が閉鎖されているので あるもん読んでます。

で、ちょっとタイムリーな訳があって  この本にはヒトは今まで抱えていた難題

戦争 病気 飢餓から 脱して 次のステップ 不死へと向かうという事が書かれているのだけど

今世界中が震撼としているコロナウイルス問題をみていると まだまだ病気から脱しているとはいいがたいなあと

思っていたところ

スマートニュースでこのコロナウイルスに対するハラリさんのコメントが載っていたのですね。

曰く コロナウイルス対策のあらゆる手段が 今後市民を監視利用する手段となるだろう とまあ よくあるコメント

(途中までしか読んでないので違ったらごめん。途中から有料になって手続きが分からんかった)

本に戻って テクノロジーと人間の意志の関係 

自分で作っておいて自分よりできると できない事を探してまだまだ自分の方が優れていると思いたい 宗教だって持っているんだぞ  みたいな

一昨日 ラジオ番組春休み子ども電話相談で 小学生が世界で一番賢いAIはどれか という質問をしていました。 でお答えのセンセは賢いとはどういう事を

言うのかとかお茶を濁して 会話ができるAIが賢いみたいなことおっしゃってました いやね いまヒトさんにはコミ症という疾患が発生して会話もままならんのよ

話がごしゃごしゃしてしまった 

サイボーグにはなれそうですね 009でなくても  手足の機能ではなく意識や知能をサイボーグ化したら不死を手に入れられるのかしら

どっちにしても ヒト(ホモ)が神(デウス)という考え方は受け入れがたい  そこらへんの 「神ってる」という表現も嫌いだ

コメント   この記事についてブログを書く
« 名残の調査 | トップ | 大阪帰りは »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

書籍紹介」カテゴリの最新記事