森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

ゲッチョ先生 講演会!

2012年01月22日 | 講演会
大分にあの「ゲッチョ先生」がやって来る! 
 呼んで下さったのは「児童文学と科学読み物の会」のみなさん 感謝!!

  ゲッチョ先生とは 「盛口 満 氏」 生き物に関する著作がたくさんあります。
 
  我々生き物大好き人間にとっては あこがれのヒト

会場は 高崎山自然動物園 おさる館
タイトルは「身近な自然の見つけ方・楽しみ方」 サブタイトルに行商博物館と
あるではありませんか。これは槍が降っても行かなくてはっ


そのとおり! 講演しながら 出るはでるは 次から次へと

  骨やら 種やら 剥製やら、、瞬く間に机の上はいっぱいです。

身近にいながら見ることのない動物の「頭蓋骨」やら「足の骨」。その骨の作りから見ていく動物の進化と分化。 

植物の話ではどんぐりや木の実の試食もありで、植物の子孫の残し方について。でっかいモダマのさやや種も見せてもらいました。 ほ、欲しい!

これは沖縄にある 種のあるバナナを切ったところ。オクラのようですが臭いはたしかに
バナナでした。子どもも大人も引きつけられっぱなしの2時間でした。

どうやったら 子ども達を引きつけることができるか というお話は
自然観察会を開催する私たちにも大切なこと。
いい勉強をさせてもらいました。

  ゲッチョ先生 ありがとうございます。  

    とっても気さくな先生で サインしてもらいました。へへ 
コメント   この記事についてブログを書く
« 菌と世界の森林再生  -小川... | トップ | 待ちぼうけ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

講演会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事