森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

上野の森の調査

2019年06月11日 | 自然

生物談話会の皆さんとウ上野の森の調査。 「森」の調査なので 樹木調査 ではないのだ。

だから 全部の植物を(草とかさ)見ていいんだよ

上野の森といっても広ろうござんす 特徴のある場所を何カ所か 区切って調査 

鉄塔の側の 広葉樹の生えている場所を 20m×20mの四角で区切って 高木・亜高木・低木・草本と調べます

そんでも 途中で名前がよく分からない草に引っかかったりすると そこで止まって なかなか進まない

ヨモギに似て ヨモギのような匂いもするのだけど この葉の形では なんでしょう というのは置いといて

木を調べたら 草もリストアップします。 ササクサ 草くさ

モリチャバネゴキブリ立が 何ごとかと地面をはい回る。 黒くて小さい方が幼虫。 親子でお出かけ

キマワリも 見つけたYセンセが 雄と雌だとおっしゃる。 

よく区別がつきますねえといったら 番っていたのだそうで  いけずですわ

午後からは アラカシ林の暗い森を調査 地図上の場所 傾斜地であれば 角度 優占種 その割合

数字に置き換えて記入していきます。 こういう文字と数字を見ただけで分かるシトは 頭のなかに森の様子が浮かぶのだろうか

きちんと記録しても 時間や季節によって数字は変わるし なんか大変やなあと思いました。

キアシドクガもぐったり

帰り道でトキワシノブ(教えてもらった) 発見!

根っこは触ると固いのですが 毛のようなものに覆われて ヤギの足 似てない?

モフモフの根っこ(?) なんか癒されましたわ

コメント