森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

年明け 産卵

2012年01月07日 | 自然
陣屋の村に 新年のご挨拶に行ってまいりました。
 年末 保護池にオオイタサンショウウオが一対産卵をしていたので
 その後の様子を観察です。

これが年内に産卵していたオオイタサンショウウオの卵です。
すこし小ぶり。でも観察を始めて4年、年内に産卵したのは初めてです。
川の方には産卵していません。 これってスゴイよなあ。池作ったからだもん。
 ルンルンで ありました。

で、今日も今日とて その続きを と思って行ったのですが

 陣屋の村には 犬の遠吠えが響きわたっております。

 わんわん わおーーーん わおおおーーん がらがら(鈴の音)


そうです。イノシシ狩りの犬の声です。
猟犬を乗せたトラックが停まっています。

やばいです。 実にやばいっ。 正月太りをしたこの風体ではイノシシと
間違えられて 撃たれるやもしれん。
   あ 脂ばかりで おいしくないからっ 肉も固いよっ

 いやいや 鉄砲持った猟師さんに会ったので、カエルの卵を見たらすぐカエルから
 と言って 行きました。

猟師さんが「カエルを飼っちょんのか?」と聞いてきたので、
      
「いえいえ調査です。」と答えました。

 でも飼ってるようなもんかな? 少し楽しくなりました。

ヤマアカガエルの新しい卵塊が 4つ産卵されていました。
  (写真は3つですが もう一つ別の場所にあります)
  ふふふ これみんな私が飼っているのよ。 アオサギよ 食ったらゆるさんぞ。
  などと つぶやきながら帰りました。

 そして今日の七草用にセリを摘んでくるのをすっかり忘れておりました。
コメント