豊川高校探Q部

豊川高校探Q部は、楽しいこと、面白いことを探求し、その真理を探究する部活動です。どんな新しい出会いがあるかな?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JAXA探訪記 2

2017-09-02 16:49:52 | 探Q活動
細田さんと別れて、時計を見るとちょうど12時を過ぎたところ、お昼の時間だ。
中庭に文化祭よろしく模擬店がたくさん出ている。


こんなのもある。
これは大正製薬のリポビタンDのブース。スタッフの「FIGHT!」の掛け声に「イッパーツ」と応えると、リポビタンDが無料でもらえる。

もちろん、頂いた!

JAXAの宇宙関連施設がある地域の物産展っぽい感じ。秋田の能代の「うどん」と「軟骨焼」をたべた。おいしい。

午後は、細田さんおすすめの棟へ
将来の月面開発を現実に見据えた実験施設。




月面を想定し、月の砂にかなり近い粒子で全体を覆い、その中を遠隔操作でロボットが動いていた。
中には人工知能で自らの判断で動くものもあるらしい。40代のおっさんの目には未来が来たぁ~と見えた。

続いて、理学系の棟を見学した。

かなりボケているが、これはブラックホール探索する宇宙望遠鏡「ひとみ」。現在は運用停止しているらしい。画像下の部分、しっぽのうような部分が何らかのトラブルで脱落。
バランスを失い、現在、周回軌道上をクルクル回りながら飛んでいる。まさに目が回っているだろう。
これを説明してくださった学生さんにお話を聞いてみた。東大大学院博士課程理学研究室の方だった。
 理学系と聞いて、この棟に来たけれども、これ(衛星の開発の歴史などが展示されているのを指し)は理学なの?
「まあ、理学系のアプローチをするために、より正確なデータをとるために、機器を開発するっていう意味では理学です。たしかに衛星の開発は工学の分野です。」
 理学って、どうですか?ドクターまで実際に進んでいる方に聞くのもどうかとは思いますが、ドクター問題も話題になっていますよね。
「理学って謎の解明という部分が魅力です。実社会に役立つ、産業と結びつく工学と違って、お金儲けはできません。ドクターもそうです。研究開発費として、微々たる金銭は出ます。でも、同級生でメーカーとかに入った奴は
 結構いい金額を稼いでいるのを聞くと考えちゃうこともあります。」
 好きじゃないとできないよね。お金じゃ買えない、替えられない価値があるよね。
「そうです。そう思って頑張っています。」
笑顔で応えてくれた彼が将来、何か大きな発見を成し遂げるかもしれない。

マイクロ波で見た原始の宇宙だそうだ。

かなり丁寧に説明を受けたが、分からなかった。教養が欲しいと強く感じた。

さきほど訪れたロボットを遠隔操作している教室に来た。目の前に砂場があり、ガラスの外からしか見られなかった模擬月の砂があった。月面を模した絵をバックに写真。


「NASAのスタッフなった感じで・・・」とつぶやいたら、学生さんが「そこはJAXAで・・・」とツッコミを入れた。「でも、まだ行ってないでしょう!結果が大事」と返しておいた。
ちょっとシュンとしていた。

他にも自分の生まれた日の太陽の赤外線写真がもらえるブース


記念ハガキを作ってくれるブース


地上実験で使用した宇宙船


など様々なブースを訪れ、とても有意義な一日であった。
参加した部員も工学と理学、「どっちに進もうかと迷っていて、どうするかはまだ決められないけど、とても参考になった」という感想をもらしていた。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JAXA探訪記 1

2017-09-02 14:55:27 | 探Q活動
8/25(金)、この日はJAXA相模原キャンパスのオープンキャンパス。日本が誇る宇宙研究施設の文化祭である。
我が探Q部は、2年前にもJAXAを訪れているが、その時は、本校卒業生で、ハヤブサ2のイオンエンジンの開発に携わった細田聡史さんを訪ねた。
今回は、初めてのオープンキャンパスである。



日本で一番宇宙に近い場所のオープンキャンパス、実に多くの人が来場していた。

正面玄関からまっすぐに行くとある本部棟に向かう。そこに細田さんがいるからである。
いたぁ!!! ハヤブサ初号機のところで説明していた。青い帽子が印象的。

どうやら個人的な趣味ではなく、JAXA職員で説明担当の証らしい。

ハヤブサ初号機と2号の違いを実物大モデルで説明をしてくれる。
今、小惑星リュウグウに向けて、航行中のハヤブサ2.来年の8月ごろには到着、タッチダウンをするらしい。

まだ想像でしかないリュウグウの模型。黒い地表に覆われているらしい。炭素である。その地表を爆弾で破砕して、生命の痕跡を持ち帰るのが、今回のハヤブサ2のミッション。
ハヤブサ初号機は爆弾が一つしか付いていなかったらしい。2号機にはなんと4つも付いている。
人工衛星や宇宙探査機は精密機械だと思われるかもしれないが、精密すぎると衝撃に弱く、過酷な条件下では動かなくなってしまう。
だから、実にシンプル。コンピュータもスーパーファミコンなみ。スマホの方が複雑らしい。

2年前にはなかった施設に移動。ポスターセッションが行われていた。

ここが細田さんの次の説明会場でもあるらしい。
このポスターセッションは、JAXAの技術を民間に提供し、民間企業の技術革新と民間の持つ優れた技術を宇宙開発にも応用するための取り組みを紹介していた。

細田さんの名前もしっかりある。
この研究は、細田さんが携わる「イオンエンジン」はマイクロウェーブを推進力にする装置である。マイクロウェーブといえば電子レンジ。電子レンジは水分子を振動させて熱を発生させるものである。
イオンエンジンの研究を応用し、火星に微量にある水を探し当てる装置の開発に着手している。これは近い将来、人類が月面や火星に移住することを想定して研究開発が進められていることである。
実際の技術に結びつかない研究開発は、進歩しない。宇宙服は素材が特殊過ぎて、一般生活に応用ができなかった為、アポロ11号のころとあまり進歩していないらしい。


これはアカツキの実寸モデル。人工衛星や探査機は、よく金色のシートに覆われているイメージがないだろうか。
それはあの金色シートは、断熱性の高いシート。銀色のシートは、熱放出性の高いシート。探査機の中にある機器が熱に弱い、寒暖差に弱いものならば、金色シートで覆い、機器自体が熱を発生しやすい場合は銀色で放出している。

細田さんは、ここでの任務があるため、ここでお別れとなった。

先輩ありがとうございました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新聞を教育に NIE全国大会に参加して 

2017-09-01 22:10:11 | 探Q活動
8/3 NIE全国大会名古屋大会に参加しました。

NIEとは、NEWSPAPERs IN EDUCATION の略で「新聞を教育に取り入れよう」という取り組みです。その全国大会が名古屋で行われるという情報を聞きつけた我が探Q部。
しかも、ノーベル物理学者 天野浩名古屋大学教授が記念講演をし、高校生無料ご招待。これを知っては動かぬわけにはいかない。高校生ではない、引率教員もしれ~っと申し込みをしておいた。

申し込みを承認するハガキが届く。引率教員分もある。


受付を済ませると、「聴講高校生」というネームが与えられる。
該当するネームがないのか、引率教員も同じものが与えられた。
22歳新任教員はまだ堪えられるが、当日誕生日を迎え、47歳になったベテラン教員にはキツイ仕打ちになった。


会場は、国際会議場。大きさに圧倒された。
さすがに2階席だった。

高校生が司会を務めていた。
開会式が行われ、ちょっと休憩。
下の階に目をやると、ラッキー池田の姿が見えた。頭にゾウはのっていなかったが、間違いなくラッキーだ。
思わず「あっ!ラッキー池田だ」というと、新任は「誰ですか?それ」
ラッキーを知らない者と一緒に仕事をするようになるとは、夢にも思わなかった。
俺もラッキーもまだまだ頑張らねば・・・。

岐阜県出身のシンガソングライターが歌を作り、ラッキー池田は、新聞推進のダンスを作ったらしい。

新聞紙を取り入れたダンスだ。
途中、頭にゾウをのせて、ラッキーが出てきた。ココロオドルおっさん、隣との温度差を感じる。

つづいて、天野先生の講演がやっと始まった。ただし撮影・録音禁止。
「新聞を教育に」がテーマのイベントだが、天野先生自体は決して新聞を読む少年ではなかったらしい。テレビ欄とスポーツ欄ぐらいだったらしい。
ノーベル賞の裏話、実は天野教授は、ノーベル賞受賞の速報を本人は知らなった。ちょうどフランスに向かう飛行機の中で連絡がつかない状態だったらしい。しかも、大学にもちゃんと届け出をしていなかったのだ。
大慌ての名古屋大学と中日新聞。本人のコメントがないまま、翌日の中日新聞の一面を飾った。いろんな人のコメントを繋ぎ、写真は研究室の懇親旅行のもの。帰国後見たら、本人もよくできた記事だなぁと思ったらしい。
ノーベル賞の授賞式も作法をよく知らない先生はかなり失敗してらしい。ノルウェー国王を激怒させるなど大きな失敗もあったそうだ。しかし、新聞は良いところだけを報道してくれたらしい。
天野先生は、新聞は指標であるとしながらも、「自分の良いところを切り取って報道してくれたこと」を何度か繰り返していた。
懐疑的にとらえれば、会場の聴衆に「自らの中にリテラシーを持て!」というメッセージを送っているようにも感じた。

新聞は社会の窓ではあるが、その窓枠がすべてを映し出すわけではない。都合の悪いことはカットすることもできる。天野先生は良いことだけを・・・、立場が変われば悪いことだけを報じられる場合もあるはずである。

そういうことも含めて、NIE全国大会に来てよかったと思った。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サマーセミナー 講座「これからの教育を考える」

2017-09-01 18:24:30 | 探Q活動
サマーセミナー7/17 2限目 変わりゆく教育を主体者として考えようということで、豊川市立国府小学校の川合賢典先生を招いて「これからの教育を考える」という講座を開きました。

参加者は、私たち探Q部員と一般市民の皆さん。中学生も参加してくれました。幅広い年齢層が集まって、授業が行われました。
「今、小学校では「英語」の授業が行われています。なぜでしょうか?」

 川合先生の授業は気が抜けません。どんどん質問してきます。
「2019年 ラグビーワールドカップ 2020年 東京オリンピック と国際的な大イベントが立て続けに日本で開催されます。外国から多くの人が訪れます。何人ぐらいだと思いますか?」
 ほら、すぐに質問。しかも、答えるまで傍にいます。


 どうやら、英語教育の前倒しは、この国際的なイベントのためのようです。オリンピックは約2週間で、820万人が日本に来ると言われています。
 ラグビーワールドカップは、オリンピックほどの観客動員はありませんが、約40日開催されます。日本に多くの外国人が滞在することが予想されます。
 そう考えると、教育行政と社会の動きは無関係でないことが分かります。

 つづいて、道徳が教科化されることに話題が移ります。
「道徳って、どんなイメージ?」
 またもや質問モードにチェンジ!
「大人の価値観を押し付ける授業」「面白くない」
 自棄になったのか、我が部員たちも歯に衣着せぬ意見をバンバン言うようになっています。

 川合先生は顔色を少しも変えず、「たしかに、そうだよね。あらかじめ用意された答え、良い子の像が決まっていて、それに合わせて答えを作る。または先生がそんな感じの答えをまとめちゃうんだよね!
 それが今までの道徳。でも、本当にその答えが正しいのでしょうか?疑問に思うこともあるよね。良い子にふるまっても、現実はそんなうまくいかないことの方が良いなんてこともありますね」

 大きくうなずく参加者たち
 「だから、今、答えを決めないんです。先生が無理やり意見をまとめないんです。」と川合先生。

 「黄金の魚」というお話が載ったプリントが配られます。 
 あらすじ
 貧しい老漁師が海で黄金の魚を釣り上げます。黄金の魚が助けてくれたら3つの願いを叶えると言うので、漁師は助けてやります。
 欲のない漁師は家に帰り、老妻に欲しいものを聞きました。妻は「桶が欲しい」というので、漁師は黄金の魚にお願いします。
 家に帰ると、立派な桶がありました。次に老妻は「立派な家が欲しい」と言いました。漁師は魚に頼みます。帰ると、みすぼらしい家は消え、立派なお屋敷になっていました。
 老妻は「海の王様にして欲しい」と言い出しました。
 漁師は少し悲しそうな顔をして、黄金の魚に何かを頼みました。魚は沖の方に泳いでいき、二度と姿を現しませんでした。
 家に帰ると、老妻も家も元の通りに戻っていました。

 川合先生から質問「おじいさんは、黄金の魚になんと言ったのでしょうか」
 すっかり川合先生のペースにはまった受講生たちは指名されるとすぐになにかしら答えます。

 すると、スクリーンに小学校の黒板が映し出されます。
 黒板びっしりに子どもたちの意見が書かれています。
 「これっ、私が誘導したわけじゃないんです。小学生は『おばあさんを元に戻して』や『おばあさんに言われた通りして、魚に嫌われた』など、いろんな意見が
  出ました。それをみんなで話し合っていくんです。すると、意見がどんどん変わっていくんです。『そっちの方がイイ』や『あの子の意見のこういう部分がイイ』というふうに。そして、『おばあさんを元に戻して』
  という意見にまとまりました。『おばあさんを元に戻して』と『おばあさんの言う通りにする』は、どちらも正解としても良いことです。もし『元に戻して』を正解として、誘導したら、今までの道徳と変わりません。
  いろんな意見を出し合って、子どもたちなりの考えをまとめることができるんです」

つづいて「いのちをいただく」というお話を挿絵を映しながら、語っていきます。
 (あらすじじゃなく、そのまま載せます)

坂本さんは、食肉加工センターに勤めています。牛を殺して、お肉にする仕事です。
坂本さんはこの仕事がずっといやでした。牛を殺す人がいなければ、牛の肉はだれも食べられません。

だから、大切な仕事だということは分かっています。
でも、殺される牛と目が合うたびに、仕事がいやになるのです。

「いつかやめよう、いつかやめよう」と思いながら仕事をしていました。

ある日、一日の仕事を終えた坂本さんが事務所で休んでいると、一台のトラックが食肉加工センターの門をくぐってきました。
荷台には、明日、殺される予定の牛が積まれていました。
坂本さんが「明日の牛ばいねぇ…」と思って見ていると、助手席から十歳くらいの女の子が飛び降りてきました。
そして、そのままトラックの荷台に上がっていきました。

坂本さんは「危なかねぇ…」と思って見ていましたが、しばらくたっても降りてこないので、
心配になってトラックに近づいてみました。
すると、女の子が牛に話しかけている声が聞こえてきました。
「みいちゃん、ごめんねぇ。みいちゃん、ごめんねぇ…」
「みいちゃんが肉にならんとお正月が来んて、じいちゃんの言わすけん、
 みいちゃんば売らんとみんなが暮らせんけん。ごめんねぇ。みいちゃん、ごめんねぇ…」
そう言いながら、一生懸命に牛のお腹をさすっていました。

坂本さんは「見なきゃよかった」と思いました。
トラックの運転席から女の子のおじいちゃんが降りてきて、坂本さんに頭を下げました。

「坂本さん、みいちゃんは、この子と一緒に育ちました。だけん、ずっとうちに置いとくつもりでした。
ばってん、みいちゃんば売らんと、この子にお年玉も、クリスマスプレゼントも買ってやれんとです。
明日は、どうぞ、よろしくお願いします」

坂本さんは、「この仕事はやめよう。もうできん」と思いました。

そして思いついたのが、明日の仕事を休むことでした。
坂本さんは、家に帰り、みいちゃんと女の子のことをしのぶ君に話しました。
「お父さんは、みいちゃんを殺すことはできんけん、明日は仕事を休もうと思っとる…」
そう言うと、しのぶ君は「ふ~ん…」と言ってしばらく黙った後、テレビに目を移しました。

その夜、いつものように坂本さんは、しのぶ君と一緒にお風呂に入りました。
しのぶ君は坂本さんの背中を流しながら言いました。
「お父さん、やっぱりお父さんがしてやった方がよかよ。心の無か人がしたら、牛が苦しむけん。お父さんがしてやんなっせ」

坂本さんは黙って聞いていましたが、それでも決心は変わりませんでした。

朝、坂本さんは、しのぶ君が小学校に出かけるのを待っていました。
「行ってくるけん!」元気な声と扉を開ける音がしました。
その直後、玄関がまた開いて
「お父さん、今日は行かなんよ!わかった?」としのぶ君が叫んでいます。
坂本さんは思わず、「おう、わかった」と答えてしまいました。
その声を聞くとしのぶ君は「行ってきまーす!」と走って学校に向かいました。

「あ~あ、子どもと約束したけん、行かなねぇ」とお母さん。
坂本さんは、渋い顔をしながら、仕事へと出かけました。会社に着いても気が重くてしかたがありませんでした。

少し早く着いたのでみいちゃんをそっと見に行きました。
牛舎に入ると、みいちゃんは、他の牛がするように角を下げて、坂本さんを威嚇するようなポーズをとりました。
坂本さんは迷いましたが、そっと手を出すと、最初は威嚇していたみいちゃんも、
しだいに坂本さんの手をくんくんと嗅ぐようになりました。

坂本さんが、
「みいちゃん、ごめんよう。みいちゃんが肉にならんと、みんなが困るけん。ごめんよう…」
と言うと、みいちゃんは、坂本さんに首をこすり付けてきました。
それから、坂本さんは、女の子がしていたようにお腹をさすりながら、
「みいちゃん、じっとしとけよ。動いたら急所をはずすけん、そしたら余計苦しかけん、じっとしとけよ。じっとしとけよ」と言い聞かせました。

牛を殺し解体する、その時が来ました。
坂本さんが、
「じっとしとけよ、みいちゃんじっとしとけよ」と言うと、
みいちゃんは、ちょっとも動きませんでした。
その時、みいちゃんの大きな目から涙がこぼれ落ちてきました。
坂本さんは、牛が泣くのを初めて見ました。
そして、坂本さんが、ピストルのような道具を頭に当てると、みいちゃんは崩れるように倒れ、
少しも動くことはありませんでした。
普通は、牛が何かを察して頭を振るので、急所から少しずれることがよくあり、倒れた後に大暴れするそうです。
次の日、おじいちゃんが食肉加工センターにやって来て、坂本さんにしみじみとこう言いました。
「坂本さんありがとうございました。昨日、あの肉は少しもらって帰って、みんなで食べました。孫は泣いて食べませんでしたが、
『みいちゃんのおかげでみんなが暮らせるとぞ。食べてやれ。みいちゃんにありがとうと言うて食べてやらな、みいちゃんがかわいそうかろ?食べてやんなっせ。』って言うたら、
孫は泣きながら、『みいちゃんいただきます。おいしかぁ、おいしかぁ。』て言うて食べました。
ありがとうございました」

坂本さんは、もう少しこの仕事を続けようと思いました。

 こういう道徳が行われるならば、小学校で授業受けてみたいと参加者がみんな思ったと思います。
 参加した部員たちも皆、「あんな授業なら受けたい」と言っていました。

 道徳が教科化されますが、評価は総合評価です。決して5段階ではありません。

 アクティブラーニングを積極的に取り入れた小学校の道徳。これを目の当たりにすると、高校の授業はまだまだだと思います。
 こういう動きが、高大接続改革を進める下支えとなっているのでしょう。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加