豊川高校探Q部

豊川高校探Q部は、楽しいこと、面白いことを探求し、その真理を探究する部活動です。どんな新しい出会いがあるかな?

書き損じはがきで、メコン地域の仲間を救え!プロジェクト報告

2016-02-27 10:16:24 | 探Q活動
 書き損じはがきでタイの中高生に経済的な支援をする「ダルニー奨学金」


 先日、1000枚以上集まったハガキや切手をNPO法人民際センターに送りました。


 そのお礼が届きました。

 
 私たちが集めた書き損じはがきが、総額36911円という金額になりました。

 これは探Q部だけの成果ではありません。多くの皆様の善意の証です。

 ありがとうございました。 

 ダルニー奨学金には、大きく2種類あって、1年間だけ支援するプランと卒業まで支援するプラン。

 私たちは、「卒業まで支援するプラン」で応募しました。上記の金額は、2年間分の学費に相当するそうです。

 6月には、私たちが支援しているタイの中高生のプロフィールが送られてきます。

 まずは文通から交流をしていきたいと思います。

 その際には、また報告いたします。
コメント

とよかわ観光ものしり検定 結果発表

2016-02-22 17:45:58 | 探Q活動
2/22、豊川市より封書が届いた。

1/29〆切の「とよかわ観光ものしり検定」のお礼状だった。


お礼状にしっかり「探Q部の皆様」と書いてあるのが、うれしい。

 中段にこう綴ってあった。
「今回、ご応募いただきました解答について、採点の結果、『プレミアム認定』となりましたので、その証として
 『プレミアムいなりん認定証』を送付させていただきます。
 また、全エリアを制覇してプレミアム認定となりました方を対象に、『全エリア認定者向けプレミアムコースツアー』を
 3月25日(金)に開催します。」

 これが『プレミアムいなりん認定証』である。


 豊川高校探Q部は、全員『プレミアムいなりん認定証』ゲットした。



 これからも豊川市の発展に貢献していく所存である。

コメント

ハンバーガーで経済を考える!

2016-02-17 12:42:59 | 探Q活動
2/15(月)この日の探Q活動は、話題のマクドナルド新商品
「北海道産のほくほくポテトとチェダーチーズに焦がし醤油風味の特製オニオンソースが効いたジューシーバーガー(仮)」
の名前募集キャンペーンに挑戦することです。

この企画は、授業改革フェスに取り組む前に部員たちには予告しておいたことで、楽しみにしていました。
1個390円のバーガー10年分に相当する約400万円が賞金として出ます。
決して金に目がくらんだ訳ではありません。あくまで「POP講座」で学んだキャッチフレーズの付け方を活かすための取り組みです。

ちょうどこの日が募集最終日、予告はしてあったが、食べたことない部員たち、
食べないことには名前も付けられないと買いに行きました。バーガー代は活動費から捻出しました。
部員が買いに行くと、学校近くのマクドナルドでは売り切れでした。話題性が経済を動かすのでしょう。

少し離れたお店に電話をかけ、12個のバーガーを手に入れました。


おいしく楽しく過ごし、彼らの考えた名称は、

ほく北バーガー
バーガーリズム
みんなのバーガー

など素直な部員は、ありのままに付けました。

あっ、そんなの昨年流行りましたね。

時代の移り変わり、経済の移ろいやすさを感じますね。

結果発表は、2/22、メールに結果が返信されます。

コメント

第23回授業改革フェスティバル 探Q部出陣

2016-02-15 17:17:32 | 探Q活動
2/14(日)大同高校を会場に行われた第23回授業改革フェスティバル。

我が探Q部もレポート発表で参加した。
レポートテーマは

「探Q部は何を探Qしたか?」
である。

いろいろと革新的な授業の取り組みがある中、我が部は発足1年の振り返りをした。

用意したパワーポイントデータを忘れてくるハプニングにもめげず、

手ぶらで彼らは彼らなりに自分たちの1年を振り返った。

彼らのレポートの中で私が好きな部分は最後のコレ!


私たち豊川高校探Q部は、

この1年間、いろんな取り組みをしてきましたが、

すべて、まず学び、考え、取り組む、この流れで行っています。

初めてのことでも、その道の方に教えていただくことで、

面白くなっていきます。

これからも、知らないこと、初めてのことに挑戦し、

自分たちの世界を広げていきたいと思います。



 
コメント (1)

「書き損じハガキで、メコン地域の仲間を救え!」プロジェクトファイナル

2016-02-08 17:56:38 | 探Q活動
先週2/5が、書き損じはがきの学内での回収〆切日でした。

集計をしてみると、なんと総数1076枚!



中には、卒業生の保護者の方が情報を聞きつけて届けてくれたハガキもあります。

人のつながりを強く感じます。

少なくとも2名分の奨学金にはなると思います。

金額の多寡ではなく、人の思いの温かみを感じました。

これだけの善意をムダにしないように、しっかり送り届けます。

これを機にタイの中学生と交流していきます。

多くの皆様、ありがとうございました。







コメント