豊川高校探Q部

豊川高校探Q部は、楽しいこと、面白いことを探求し、その真理を探究する部活動です。どんな新しい出会いがあるかな?

人の気を引く - POINT OF PURCHASE ADVERTISING - ②

2015-09-07 12:44:41 | 日記
一通り、CM、キャッチコピーの講義を受けた後、




実践編に入った。上の空欄に何と入れる?

宝島先生「一応、正解(?)があるんだが、あっ!思わせるのがイイね。」

回りながら部員の解答を見て、もう少し具体的になどアドバイスをしていく。

顧問杉浦先生は「カードはたんさんあるさ」と大人な(?)解答。

生徒は、「ないよりマシさ」や「愛がつまっているのさ」などを解答。

筆者は、「俺の財布と金は、相容れない関係なのさ」と書いた。

一応、正解なるものが発表された。

正解とは、この問題自体が何かの本で出題されたもので、

その作者の模範解答も載っているらしい。

    「愛は!あふれているよ。」

つづいて、ネズミ年を前に発表された広告。


少々見にくいと思うが、ネコが目を丸くして振り返っている写真。

その右上に「キャッチコピー」を入れる問題。

これはその年の広告大賞を受賞したほどの秀作らしい。

ネズミ年を迎えるという設定をどう生かすかがポイント。

生徒は、「さぁ、狩りの時間だ!」などブラックな答えが多く出た。

ちなみに、筆者は「過去は振り返るな!」とネズミ年を無視したコピー。

これも広告大賞を得た正解(実例)がある。


「えっ!?今、ネズミって言った?」

ネコの一瞬の動きとネズミ年の到来を準備する日常のシーンがダブって秀逸な作品だ。

面白いけど、難しい。


続いて、雑誌の表紙を考える。



女優北川景子が表紙を飾り、

情報としては、「細くスリムに見えるおしゃれの方法やアイテムをたくさん集めました」ということを

一目で、インパクトがある強い言葉で表現したい。

生徒は「やせてないのに、やせて見える」など女子らしい作品が多かった。

ちなみに、筆者は「詐欺!と言われても、細く美しくなりたい」というのを思いついた。


開始から90分ほど経過したので、小休止。

休憩中に、先生と雑談。

先生の専門は、「広告」ではなく、実は「数学」だそうだ。

ご自分でもまさか自分のキャリアの中にこういう分野に携わるとは考えても見なかったそうだ。

こんなお話をしていたら、

休憩明けに、先生が自ら

「私の専門は『数学』です。『広告』は専門ではありません。

 学部の中でコンテストの代表になって、こういう講義をやるようになりました。

 私もこんなことを講義するようになるとは思ってもいませんでした。

 人生に無駄なことなどありません。

 だから、若いウチにいろいろ経験してください。」

と語ってくれた。

 さぁ、いよいよ、POP作りの講義に入る。
                                    つづく










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 人の気を引く - POINT OF ... | トップ | 人の気を引く - POINT OF P... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事