コミュニケルーム通信 米沢豊穂 近況心境

カウンセリング 、教育、文学、仏教などを中心に講演・執筆活動中の米沢豊穂が送る四季報のIN版です。

しなやかに女の時間 IN OKUBIWAKO その②

2011-10-28 | Weblog


マキノ高原へ着きますと、清流沿いの林にはたくさんの人たちがテントを張っていました。こちらはキャンプ場でもあり、スキー場でもあります。


皆さんそれぞれのお弁当を開きます。
「中身はどんなんかしら・・・?」
「わあっ!!おいしそう・・・。」

ゆるやかにお昼の時間が過ぎて、
高原を下りますとすぐ、メタセコイア並木道です。全長約2・4km、約500本のメタセコイアが両脇に一直線。「新・日本街路樹百景」にも選ばれています。
私は四季折々に訪れる所ですが、新緑の頃が一番好きです。



並木道の両脇は果樹園。隣接している農業公園・ピックランドで小休止です。

「広々として、のびのびするわねぇ。」
三々五々、しばしの自由散策でした。


小春日のやわらかな日差しの下にいますと時間の経つのも忘れそうですね。
さあ、そろそろワークショップの目的地「つづらお荘」に向かわないと。

マキノ町から海津大崎へ。湖がすぐそこに。
「お魚が見えるわ!」
「時間、まだあるかしら?」
こちらの観音様は次回にして、またまた小休止です。



「お水がきれい。」



小春日の水やわらかく乙女らは幼(おさな)に返り湖畔に遊ぶ
                          (筆者近詠)
(えっ!? 乙女らですって・・・。 はいっ。富士山逆さま???)

湖に未練を残しながら出発です。



「着いたねぇ。わあっー素敵」



国民宿舎ですから、女将の出迎えはありませんが、看板がちゃんとお迎えです。


今宵はこの辺で。つづきはまた。
コメント

しなやかに女の時間 IN OKUBIWAKO その①

2011-10-22 | Weblog

     (坂井平野の中央辺りより丸岡方面の山並みを望む)

   白々(しろしろ)と 
     ふるさとの野を埋め尽くし
       蕎麦の花咲くころとなりしか   (筆者近詠)

野も山もすっかり秋の装いのこの頃ですが
皆様には如何お過ごしでしようか。

一面の蕎麦の花をupしたままの、書きかけで失礼致しました。
相変わらず慌しい日常を過ごしております。

5年半ほど愛用していましたノートパソコンが不調になり、思い切って新しいのを購入しました。以前のものとはメーカーも違い、まだ十分に使いきれなくております。
もともと、極めてアナログタイプの私なんです。
一応はワードなども使ってはいますが、未だに昔のワープロ(これも5台目くらいかな)も大事に使っています。(w)
さすがに原稿用紙のマスを埋めていくことはしなくなりましたが・・・。

閑話休題
お蔭さまで秋のワークショップ「しなやかに女の時間」を、無事終えることが出来ました。
時節柄、空模様が気がかり(○心と秋の空)でしたが、素晴らしい秋晴れに恵まれましたこと、それだけでもう十分という感じでした。(私の主観・w)

往路まず西浅井町の善隆寺・和蔵堂を参詣しました。

(境内より本堂、庫裏方面)


本堂に入れて頂きました。美しいお内陣に向かいます。

阿弥陀さまにご挨拶。皆で合掌・礼拝、そしてお念仏を申しました。


ご住職さまのご法話を聴聞させて頂きました。

ご住職さまの慈顔に接し、ふと、法然上人さま(親鸞聖人のお師匠さま)はこんな方では。と思いました。



神妙なお顔で聴聞する会員諸姉です。

いよいよ会員の皆さん待望の十一面観音様に詣でました。



前坊守さま(ご住職のお母さま)から、観音様の由緒についてお聞きしました。

とてもいい笑顔と、しなやかでやさしい語り口。素敵なおばあちゃま(失礼!)でした。会員の皆さんも、お別れを惜しみながら和蔵堂を後にしました。



十一面観世音在わします山門集落の出口付近です。ふれあい花壇のお花たちが見送ってくれました。


次は、琵琶湖が見え始める追坂峠の道の駅です。
北陸・若狭から西近江へ向かう途中の、見晴らしもよく、色々な地元の野菜なども売っている楽しい所です。
「あらっ パンもあるわよ!」
「おいしそう! パンも買っちゃうわ!」



「新鮮なお野菜 お土産に買おうかしら?」
おしゃべりも弾みます。

皆さんそれぞれにお昼のお弁当などを買い込みました。
昼食をするマキノ高原へと向かいます。

コーヒーブレイクにしましょうか。今宵はこの辺りで。


コメント (1)