コミュニケルーム通信 米沢豊穂 近況心境

カウンセリング 、教育、文学、仏教などを中心に講演・執筆活動中の米沢豊穂が送る四季報のIN版です。

コミュニケルーム通信~2007年 師走号~

2007-12-04 | Weblog
  

    年々歳々花相似たり  歳々年々人同じからず(劉廷芝)

劉廷芝(りゅうていし)は中国唐代の詩人です。
古に洛陽城の桃の花を楽しんだ人達は今はもうなく、毎年美しい花は同じように咲くけれど、この花を見る人々は毎年同じでない。と嘆いています。

ついに、晩秋号のupもままならないうちに師走の頃となってしまいました。
朝夕はずいぶんと冷え込むこの頃ですが、皆様には如何お過ごしでしょうか。

些か私事になりますが、父の33回忌を勤めました。「親孝行したい時には親は無し」、けだし名言です。今更ながら父は早く逝ったものだとしみじみと回顧するこの頃です。
父の他界を機縁に得度した私ですが、経など何百回読誦したところで、残された者の気休めにしか過ぎないものです。(画像は神妙な面持ちのyo-サンです)

親鸞は「父母の孝養のためとて、一返にても念仏まうしたること、いまださふらはず」と残されています。(歎異抄第五章)
つまり、「父や母の追善供養のために、念仏を唱えたことは一度もない」という意味です。
そして「そのゆえは一切の有情はみなもて世々生々の父母兄弟なり。」と続きます。
歎異抄は名実ともに私の座右の書であり、長年読んでいますが、先師の境地にはおろか、足元にも近づけぬ愚かな自分を思い知るばかりであります。

歎異抄の講義はまた別の機会に譲りまして、ご両親の健在でおられる皆様、どうぞ親孝行を。ご病気の時は心をこめて看病をなさって下さいませ。釈尊は「看病福田」と言われております。

閑話休題
12月のカウンセリング研修(下記のみです)のお知らせをさせて頂きます。
本年最後の学習会となりますので、お誘い合わせてお出で下さいませ。

 ★☆★NPO法人 カウンセリング研究会あのの12月例会★☆★

  日時 12月15日(土)PM1:30~4:00
  会場 ユー・アイ ふくい 
   
  内容 「コミュニケーションにおける他者理解と自己表現について」
        (講義と話し合い)
   ★ 何だか難しそうですが、相手も自分も互いに分かりあうには、って
     感じの勉強会と思って下さればよいかと存じます。
     美味しいケーキやお茶などが用意されていますよ!! 
  講師  yoーサンこと 米沢 豊穂
  
  「あのの」は発足20年、NPO法人です。一応会員制ですが、 
  関心のある方どなたでもご参加歓迎です。(ビジター参加費1,000円)
  原則として毎月第3土曜日が例会日です。
  お申し込みは事務局(℡ 0776-54-5346 野口さん)まで。


それでは、師走は仕果すとか・・・。どうぞ皆様、カゼなど召されませぬように年内のお仕事などお片付けになりまして、少し早いですがよいお年をお迎え下さいませ。
                            ごきげんよう。







コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加