コミュニケルーム通信 米沢豊穂 近況心境

カウンセリング 、教育、文学、仏教などを中心に講演・執筆活動中の米沢豊穂が送る四季報のIN版です。

米沢豊穂 近況・心境 朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや

2016-01-01 | Weblog
正月の炉に寄るここち限りなし一人なりせばさては知らねど(晶子)
例年そうであるように、行く当てもなく、来る人もなき正月です。
ふと晶子の歌など口遊んでいる私。

師走は30日に、
畏友・声明(ショウミョウ)セラピスト・釋 真聴 さんより
彼の主催される カウンセリング研究会くりのみ の機関誌「落穂拾い」411号が届いた。
今号は私のブログより「カウンセリング研究会萌え木の終焉」を掲載して下さっている。
何だか恥ずかしいような気持であるが、私の思いに同感して下さったことが何よりも嬉しく思っている。

朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや ご存じ、論語の中の一節である。
私には 朋有り、遠方より便り来たる。亦た楽しからずや でもある。
生来、群れることを好まず、長年一匹狼(いやいや一匹迷い犬ですが)の私には友人は少ないが、
彼とは、正に孔子の曰はく(のたまわく)「朋」であると思っている。「朋」とは友なんだけれども、志を同じゅう
する友だと思っており感謝している。





師走のある日、珍しく娘と一緒に金沢へ。何となく賑わいの中に身をおいてみたくなった。
     駅正面に大きなツリーが。



お昼はとんかつを。美味しかったです。

書店には来年の日記が。
金沢のお正月はやはり銘菓・福梅ですね。

スタバで珈琲を。注文している赤いショルダーが娘です。
帰省にはまだ少し早く、新幹線改札口はお暇みたい。
  
     ふるさとの訛りなつかし
     停車場の人ごみの中に
     そを聴きにゆく

啄木のこの歌など思い出しながらの金沢駅や界隈ぶらりでした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 残心余情 | トップ | 誕生日に思う 罪業深重 煩... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今年もよろしく。 (聞者くりのみ)
2016-01-03 19:18:00
yo-さん。
今年もよろしくお願いします。
三が日、東京は穏やかな天候でした。
いつの日にか、世界中から物騒な武器の音がしないことを念ずるものです。
【落穂拾い】を紹介していただきありがとうございます。
全文、yo-さんからのお借りしました。
ありがとうございます。
ほっとする娘さんとの語らい・・良かったですね。 (akanekaori)
2016-01-04 05:04:59
新年明けましておめでしょうございます。

早々と新年のご挨拶を頂き感謝します。

娘さんとの会話と写真に温もりを感じながら拝見しました。

綴る文字の指先にも温もりが伝わります。

愛がすべて・・・温もりがすべて・・

そこに生まれる爽やかさと心の美学が
文字のすべてかと思います。

受け入れて・・・

受け入れて・・・

濾過した愛の透明な愛・・・

慈善の愛にすべてがあるのかと思いつつ新年を過ごしました。

何となく・・・何となく・・予感が騒ぐ

良い年の声ぞ聴こえるしののめの空に

何をしても気持ちが良い・・・

何を食べても美味しい・・

きっと・・・yo-サンにとって良い年だと信じます。

私の一言にもそんな想いを込めて
ひと言を口から発したいと思います。

今年もよろしくお願いします。

心のひだ・・ひだに沁みるコメントを歌の蔵書として刻みたいです。 (akanekaori)
2016-01-05 08:41:33
おはようございます。

頼りなき歌の栞を綴るたびに熱いコメントを頂き歌の蔵書として詩の泉を潤わせて貰って居ます。

繋がれば萌える詩の音響きあう

       言の灯りの視界を広げ

参考歌を噛み締めながら読ませて頂きました。

感謝します。





  
Unknown (yo-サン)
2016-01-05 18:49:00
  ご来訪謝し奉る寒にいる

くりのみさん。
akanekaoriさん。

こちらこそ、本年も変わらぬご厚誼を賜りますよう
どうぞよろしくお願い申し上げます。

  冬空の晴れて嬉しき便りかな

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事