東洋環境分析センタ- 現場奮闘記

分析 測定 調査 試験 検査

鹿児島最南端 東洋の真珠「与論島」

2020-03-17 | 営業部

 

今回の現場奮闘記は、奄美営業所からお届けします。

 

鹿児島県の最南端に位置する「与論島」を皆さん、ご存知ですか?

与論島は、「癒しの島」ともいわれる海に囲まれた小さな島です。

サンゴ礁が隆起してできた島なので、白い砂浜と透明度の高い海は「東洋の真珠」ともいわれています。

 

今回は、この「与論島」へ出張業務で行ってきました。

美しいビーチが数多く存在する中、「百合ヶ浜」へ行ってみると・・・

あいにくの曇り空・・・

本来の美しい砂浜をご紹介できず残念です。

 

海水浴場には、「水浴場の水質の判定基準」に基づく検査があります。

快適な水浴場に求められる要件があり、水質が良好であるかを調べることができます。

 

普段なにげなく利用している場所にも必要に応じて検査・調査を行う必要があり、

検査を通じて地域貢献に繋がっていると思っております。

奄美営業所では、奄美大島群島全域を業務範囲とし、奄美本島はもちろんのこと

喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島を縦横無尽に駆け回っております。

 

環境調査のみならず、水質検査、食品検査等のご相談がございましたら、

是非、奄美営業所までご連絡を宜しくお願い致します。

http://www.let-toyokankyo.com/information/outline.html

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 祖母 傾 大崩ユネスコエコパ... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。