活動日誌

活動日誌

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

201日目

2016-07-31 23:09:57 | 日記

語学クラスの同期と合流しソナコロニアル、中華街を巡り、もう1人の同期を迎えに空港へ。

訓練終了から早半年。久しぶりの再会で嬉しい。

200日目

2016-07-30 23:38:10 | 日記
今日から首都。

同期と合流して日本食のお店へ。
久しぶりのSushi。

夜は連絡所で先輩隊員達と飲み直す。

防犯上から外にiPhone持って行かなかったのでお気に入りのダビ写真。

199日目

2016-07-29 19:44:12 | 日記

市役所へ行きホルヘと少し話してピーナツ畑へ。1日に一度は彼と話そうキャンペーン。

ピーナツの薄皮が無かったので牧場の土を拝借。

久し振りのおじいちゃんの家。

この前もらったトウモロコシが美味しかったと伝えると気を良くしたのかまたくれた。

その後はピンピナの家へ行きお昼をご馳走になり昼寝。

重い牧場の土を持って市役所へ戻る。
自分のコンポストに土をぶち込んで帰宅。

昼食の後、調整員から電話。
昨日に引き続きカウンターパートとの付き合い方についてご指導いただく。
多分これだけ頻繁にアドバイスというか指摘をもらっている隊員って少ないのでは…気に掛けてもらえることはありがたい。

夕方からジム。今日は胸。

帰宅してからママにお使いを頼まれ外に出るとダビ。
大声でダヴィ!と叫ぶと彼もダヴィ!と連呼し始める。


自分の名前を叫ぶダビ。顔…


髪…切ったんですね…


訓練所時代の語学クラスの友人達が来ドミする為明日から首都。楽しみ。

198日目

2016-07-28 19:52:06 | 日記

朝から市役所でJICAの調整員と今後の活動計画の打ち合わせ。
カウンターパートを如何にして動かすかについて色々とアドバイスをもらう。
普段、誰かから怒られたり注意されることってあまりないから、指摘されることは有難いことだなと思った。

その後はホルヘとマヌエラさんを含めた四者面談で今後の計画について話し合い。

8月以降、市長が代わってからもホルヘは特例で市役所で働くことになっているので心強いが、マヌエラさんとの関係が少し希薄になりそうな気がするので何となく寂しい。

市役所の体制が整うまでは当面、引き続きコンポストの普及活動をしていく。

打ち合わせの後は新市長への挨拶、先輩隊員の職場を訪問をしてからコロニアハポネサへ。

ここには2軒の家庭にコンポストを設置。
2軒ともとてもヤル気があるので調整員もコンポストの出来栄えにはとても驚いていた。
訪問後はマヌエラさんの家で遅めの昼をご馳走になり帰宅。

帰宅前に久し振りのダビ。


久し振りに会うとカメラロールがこんな感じになる。

カメラを向けた瞬間に眉をひそめるのやめてほしい。


この顔…なんなの…


クッキーを見つめる。


クッキーを食べてご機嫌。


こっち見んな


帰宅して1時間だけ寝てジム。今日は背中の日。

久し振りに色んな人に気を使って気疲れした1日。

197日目

2016-07-27 20:00:59 | 日記

市役所へ行き、ホルヘと明日の調整員訪問の件で少しだけ打ち合わせをする。

その後昨日行ったカニオンゴへ。

10時にカニオンゴの婦人会会場で約束をしていたが、案の定20分の遅刻。
待っている間に近くのコルマドで大好きなチョコ牛乳を買ったが、一口飲んだ瞬間に異様な味がして吐き出す。
店へ戻り腐ってるよこれと伝えても、賞味期限は切れてないからの一点張り。じゃあ試してみてよと言ってもなかなか飲んでくれないので、水だけもらって解散。

バスの停留所で服を売るおじさんを眺める。


ようやくおばちゃんが迎えに来てくれて、最初にミミズコンポストをやっているという家へ連れて行ってもらう。
見た感じはフワフワと柔らかそうな感じの土。


ただし、表面をサッと払うと大量のミミズ。

確かに土はフカフカになり堆肥としてはとても良さそうだが、ミミズがちょっと…

その後、ロサアントニアというおばちゃんの家へ行き、通算13個目のコンポスト作成。


昨日コンポストを作ったフアナというおばちゃんの家にも行き、コーヒーを飲みながら世間話。


庭にはココナッツ、マンゴー、パパイヤ、バナナ等多様な果物の木がある。


帰宅して昼を近所のおばちゃんの家でご馳走になり、その後セントロデマドレ本部へ。
本部に着いた瞬間に豪雨。
物凄い雨と風。

その為、今日の新しい地区への訪問は中止。

そのまま外で時間を潰してジム。今日は肩の日。

ジムから帰ってくるとちょうど両親達も帰宅。昨日の件もあれこれ画策して鍵を届けてくれたようだが、笑って許してくれたので良かった。