春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

飲み過ぎ、丸太から滑った
徳利、背中の与太郎河童
花見の色香に、プハァ~川から顔出し
キョロ、きょろきょろ!

奥多摩日原の人形山で悟った!

2019-01-26 13:33:28 | 山に登れば

 

人形山、どうして可愛い名前が付いたか、
登ってから調べていたら、山の名の由来より、
一人では登らない、難路・・。
踏み跡も消える・・山登りの初心者、
行く前に十分な調べをしていたなら、
もっと早い時間に登るべきでした。

👇 神社にお参りし、登山口を捜すのに、
それすら見つけられず、神社の周りをグルグルです。

 

 

登り口で、痛い目に合ったので、少々冷静にと❝後述❞、
踏み跡を、辿って、

 

👇向かいの山は梵天巌

 

👇 支柱が朽ちて、寝そべった看板に、
このままいけば大丈夫だと・・。

 
👇4年前の某ブログの写真に、倒木は無かった。

 

 

 至る所に倒木。

 

 

 

 

 

 

 

ミズナラにモミの木、ベンチで、軽く食事を済ませ、

 
👇 左の北側には杉の木が、

 

岩を支えにしなければ、滑り落ちそうですが、
息切れ、ミズナラを見るためという意識は、
しっかり消えていて、
むしろ一歩一歩登っていることに快感さえ感じます。
ただ、復路は避けたいと、しきりに思いながら・・。

 

 

 

 

 

 
👇ヤドリギでしょうか、まさか、
熊棚ではありませんよね。

 人形山の頂上辺りは踏み後は全くなく、
ミズナラの巨木を目指して、篭巌方面に降りる予定でしてたが、
あるはずの看板は無く、
コンパスも何も、全く役に立てず、
午後3時30分、来た道、下りを後ろ向きになって・・。

 
1月16日ミズナラ、ブナ林に胸を弾ませた人形山。
登山のしょっぱな、
人生、地に足を付け、足元を見ての教訓!

ウソだ!ウソだ、言葉が足りない・・?
足元を見て歩いて、踏み跡を捜して、
ギュッと背伸びした・・

見えなかった鉄パイプが・・。

 仕事は順調です。


コメント   この記事についてブログを書く
« 奥多摩日原・人形山のミズナ... | トップ | 真鶴岬、、潮騒に美の決まり。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

山に登れば」カテゴリの最新記事