(東洋医学的)介護覚え書〜私的介護の記録〜

老いて衰えていってやがては死んでいく、という誰もが避けられない問題に対しての東洋医学的?試(私)論

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

介護の日々〜自身のシアワセとフシアワセの閾値〜

2019-02-22 08:01:00 | 日記

父親が杖を自ら使い出して以来、状態が良い。

たったそれだけのことで、この数日間シアワセな気分になっている。

自身のシアワセの閾値が低い、低くなってしまっていることに驚かされる。

それはそれで良い、そうでなければ介護もやってられないとも思える。

しかしながら、同時にフシアワセの閾値も下がってしまっているのでは、そうあってはならない、と。

確かに、父親の状態の悪化は自身の生活のあり方までにも大きな影響を与えるのであるから......本当は、そうでもないのかもしれないが......。

人間は認識的実在であるだけに、自身の創り出したオバケに踊らされないように、と自戒される。

コメント   この記事についてブログを書く
« 父と杖〜自らの意思で行動す... | トップ | 季節の移ろいと父の変化〜そ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事