とやま新聞童話

富山新聞に掲載された山口弘信作成の童話です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

しっぽのとれないカエル

2017-07-17 01:46:31 | 童話

 平成29年6月29日 富山新聞掲載 

 

 

田んぼの すみっこで 一ぴきのカエルが一人ぼっちで ほかのカエルたちを ぼんやりと ながめています。

 よくみると そのカエルには しっぽが ついています。

 ほかのカエルたちは、ゲロゲロ グァウグァウと さわいでいるものや すいすいと およいでいるものがいます。

 今日は、この田んぼの がっこう たいこうの うんどうかいです。

 この田んぼには、カエルがっこう、ナマズがっこう、ゲンゴロウがっこう があります。 

 春の早くに、カエルたちは、カンテンのようなビロビロの たまごを うみます。

水の入っている田んぼに うみます。

そのカンテンのような たまごには、黒いゴマのような つぶが たくさん ふくまれています。

やがてそのゴマつぶは しだいに 大きくなります。そして少し大きくなった ゴマつぶに しっぽが はえてきて 水の中におよぎだして ゆきます。

おたまじゃくしに なったのです。

その おたまじゃくしたちは、しっぽをつかって 水の中を じゆうに およぎまわります。そのおよぐすがたは、ナマズのこどもと そっくりです。

およぎまわっているうちに、やがて うしろのあしが はえてきます。

ついで、まえあしが はえてきます。

あしが はえてくると しっぽが だんだん みじかくなります。

しまいには、しっぽがなくなって カエルとなるのです。

どうしたわけか 分からないのですが いっぴきのカエルのしっぽが おたまじゃくしのままなのです。

そのため カエルとして みんなの なかまに 入れてもらえないのです。

そのうえ みんなからは しっぽ、しっぽ といって バカにされています。

 そのしっぽカエルのところに、カエルがっこうの こうちょう先生が やってきました。

 「こんどの 十メートルリレーきょうそうに きみ せんしゅとして およいでほしい、およいでくれないかい」

 「ぼく、およぎたかったんです。およがせて下さい」

 カエルとナマズとゲンゴローの だいけっせんです。

 これで、きょうの ゆうしょうチームが きまります。

 しっぽカエルは さいごのせんしゅ として およぎました。

 それまで まけていたのに しっぽカエルが しっぽと足を つかって およいだことから トップで ゴールしました。

 しっぽカエルは、カエルなかまに すごいすごい といって しゅくふく されました。

 それからは だれも しっぽカエルを なかまはずれに しなく なりました。

『富山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新聞記事の紹介 | トップ | 孫は我が家の宝もの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

童話」カテゴリの最新記事