富山マネジメント・アカデミー

富山新聞文化センターで開講、教科書、参考書、講師陣の紹介、講座内容の紹介をいたします。

新たなチャイメリカンか?、2つの陣営対決か?

2019年11月23日 | Weblog

現在、アメリカの共和党系の大統領による対中政策は、中国に向けて厳しい対応をしているようにみえるが、実は、民主党の歴代の大統領の中国との協調主義との対決というアメリカの国内における政権闘争に主眼がある。それは、中国共産党の利権とアメリカ民主党とのチャイメリカンの構造を一端、破棄したうえで、共和党の側からのチャイメリカンの構築の過程にあると見た方が良い。従って、その場合、トランプ政権は、アメリカと中国との2大陣営の厳しい対決姿勢を見せながらも、他方で、アメリカの国防力の質的転換、つまり、軍事の削減と、軍事の高度化を目指している。それで、地上軍を世界から撤退し、宇宙軍の分野での新規投資を見込んでいる。そのため、一見すると、トランプの政治外交の流れが、中国との厳しい直接対決にあると思われがちであるが、そうではなく、アメリカの同盟国に対しは、対中国の軍事費用分担を自己責任で充実させる方向を一貫して追求している。そのための時間稼ぎとして、中国の最大の弱点である中国経済の外資依存の体質に揺さぶりをかけている。このように考えると、トランプ政権が一貫しているのは、アメリカの世界に対する「民主党システムー疑似グローバリズム」を解体、特にオバマ流に対する憎悪の徹底である。では、トランプ政権には、一貫した世界戦略はないのか。それは、まずアメリカの内部弱体の原因の除去である。貿易赤字、財政の構造的赤字、国内の公共インフラの老朽化など、主眼は全て内向きのアメリカ再建に主軸がある。つまり、イデオローギー的に中国共産党の体制解体、北朝鮮の体制崩壊にむけて、「アメリカの犠牲」を最優先する殉教者の道を選ばないことだ。だから、台湾には台湾の実力に応じたアメリカ製の武器の販売、日本には、日本の実力に応じた軍事同盟の高度化、・・・を求める。他方で、アメリカの巨大な貿易赤字の解消のために、中国共産党との現実的な妥協を選択しているといえる。つまり、トランプ大統領は、中国・ロシアの挑発にのり「体制間の世界戦争をする道」を全くといってよいほど想定していない。彼なりの共和党を基盤とする「新たなチャイメリカンへの道筋」である。

この記事についてブログを書く
« 悩ましい次期の富山知事の選... | トップ | 富山県の経済成長、マイナス... »
最新の画像もっと見る