心とほんとの会話屋さん

自身のうつ病経験を振り返り、悩み解決をサポートしてくれる本を紹介します。また、成長の気づきになる情報・言葉を発信します!

相手の要求レベルを超えるための工夫(昨日の自分より1ミリでも成長する)

2017-07-14 22:17:45 | 高嶋さんへのメール
高嶋さん

 突然ですが、JALはどうしてV字回復できたと思いますか?

 それは、理念経営を全社員に浸透させようとチャレンジしているからだと、私は感じています。
 会社というのは、様々な組織が連携し、お客さまに価値提供し、価値の対価としてお金を頂戴して成り立っています。
 この当たり前のことを、全社員が理解し、具体的な行動に結び付けようとし続けているのだと思います。
 私が完成形で語っていないのは、理念経営というものにはゴールがない!からです。

 JALの理念は、稲盛和夫さんが社長をされた、京セラの理念をベースに作られています。
 『全社員の物心両面の幸福を追求する』
 この理念に基づき、JALフィロソフィーなるものを設定し、事業運営する上での拠りどころにしているのです。


 なぜ、JAL再生の話をしたかというと、相手の要求レベルを超えるということにも、理念のようなものがベースにないと手段論になってしまうと感じたからなのです。
 手段を語る前に、ベースに必要なのは
 『昨日の自分より1ミリでも成長する』
 との心構えだと、私は確信しています。
 もう一段階落とし込むと
 『昨日の自分ができなかったことをできるようにする』
 『昨日の自分ができたことを、より質の高いものにする』
 と言うことができます。

 向上心が高い高嶋さんは、既にこういう考えに基づき、行動されているとは思いますが、日々のメールを書いている私自身が手段論に傾注しているように感じたので、改めて伝えさせていただきました。
 理念に基づき、自分自身で考えて行動していることを、他人に伝えることの難しさを日々痛感しております。
 この機会を与えてくれた高嶋さんに、本当に感謝しています!有難う御座います。

まっつん
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相手の要求レベルを超えるた... | トップ | 相手の要求レベルを超えるた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

高嶋さんへのメール」カテゴリの最新記事