心とほんとの会話屋さん

自身のうつ病経験を振り返り、悩み解決をサポートしてくれる本を紹介します。また、成長の気づきになる情報・言葉を発信します!

親の愛情に疑問を抱いている方におススメの映画です。

2016-10-15 20:50:56 | おススメの映画
 劇団ひとりさんが監督した”青天の霹靂”をおススメします。

 売れないマジシャンが、自分が誕生する直前の両親がいる世界にタイムスリップする中で、両親が命をかけて自分を守ってくれたという事実を知るという話です。

 この話は、かなり特殊と感じるかも知れませんが、多かれ少なかれ、自分の子どもを誕生させると決意した両親は、無償の愛情を抱いているはずなのです。

 ただ、いろんな事象が発生することで、両親も無償の愛情を忘れていき、子どもも愛情を受けていたことを忘れてしまうのでしょうね。


 10代遡ると、自分が生まれるためには、1,024人の先祖がいるのです。

 その中の1人でも欠けたら、今の自分は存在しなかったということを考えると、存在そのものが奇跡の結果だと気づけるのではないでしょうか。

 遡った10代の先祖たちは、自分の両親同様、子孫に対して無償の愛情を送ってくれていたのです。

 自分が受けた愛情を、次世代に送れるかどうかは、あなた次第です!

 10世代後の子孫を想像して、何を伝えたいのかがイメージできるといいですね。


 本日も最後まで読んで下さり、有難うございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バブルのとき、何が起きてい... | トップ | 日本人でいることに誇りを持... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

おススメの映画」カテゴリの最新記事