心とほんとの会話屋さん

自身のうつ病経験を振り返り、悩み解決をサポートしてくれる本を紹介します。また、成長の気づきになる情報・言葉を発信します!

『今日は、誰の幸せを祈りますか?』

2018-05-27 08:25:09 | 昨日の感謝ごと
昨日、主催者の一人として参加した”人類の祝祭”なるイベントに参加させていただいたことを通して感じたことを言葉にしてみました。

18時30分にイベントが終わった際に感じたのは、当日の朝に想像していた以上に
『楽しかった/ワクワクした』
という感情でした。

昨日の投稿の通り、起床時は受動的に捉えていたイベントを、娘たちとの会話を通して自らが楽しむという主体的に捉え直すことができました。
意識を主体的なものに変化させるのと同じタイミングに、複数の仲間から
『イベントに参加できないけど、応援しているよ!』
というメッセージが送られてきたのです。

このメッセージを受け取り、自分の意識が『自分だけが楽しむ』という狭い範囲で主体的になっていることに気付いてしまいました。
自分だけ?!というのは、あまりにもエゴが強すぎると反省し、イベントの主催者や協力者だけでなく、参加してくださる方々が喜ぶ姿をイメージしたところ、自然に足が向いたのが、イベント会場付近にある”鳩森八幡神社”でした。

鳥居をくぐるまでは
『イベント会場で主催者/参加者の方々が楽しい時間を過ごせますように!』
とのお願いごとをするモードだったのが正直な気持ちでした。
が、首都圏の神社では珍しく登頂することができる富士塚を登るうちに、お願いするのでなく、今日の場が無事開催でき、その場に参加できることへの感謝に気持ちが変化していきました!
神社という神聖な場所が、私の心を浄化してくれたのでしょうね。有難いことです。

主催者/参加者が喜んでいることにイメージを拡大し、その場に参加できることへの感謝の気持ちで、参拝させていただいたことが影響したのか、当日の朝、自分がイメージしていた以上に楽しむことができました。
きっかけをくれた仲間たちからのメッセージを振り返り、今日、私自身が誰の幸せを祈り/お手伝いしようかと感じたので、今朝の言葉をご紹介させていただきました。


今朝の言葉を読んで、あなたが自分以外の方に意識を拡大し、主体的に過ごすきっかけになれば嬉しい限りです。
また、昨日のイベント開催に当たり、いろいろご協力くださったみなさまに心から感謝しております。ありがとうございました。

本日も最後まで読んで下さり、有難う御座います。

【しあわせです、感謝!】



<イベント情報>
 6月9日 レインボーチャイルド祭
 6月30日 ヌーフェス

<個別セッション>
 傾聴カウンセリング(大丈夫ヒーリング付) 60分:8,000円


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『今日、どんな一日にしようかしら?』

2018-05-26 08:03:52 | 昨日の感謝ごと
昨日の投稿と近しい言葉になってしまいますが、今朝の私に必要な言葉だったので、ご紹介させていただきます。

今日は、人類の祝祭というイベント当日です。
起床後に頭に浮かんだのは
『今日はどんな一日になるのかな?』
という言葉/思考でした。

この言葉が浮かんだ直後、心の中にモヤモヤとした違和感が芽生えたことを感じました。
が、その違和感の正体を掴めないまま、時間を過ごしていたのです。

娘たちが学校に行く時間になり、長女が出発間際に
『パパ、時間があるなら、駅まで車で送って!』
とお願いしてきたので、思いがけず、同じ時間に出発する次女と3人で最寄駅までドライブ!!
普段、私との会話が少なくなった娘たちとの雑談を楽しみ、送り出す際
『じゃ、学校や部活を楽しんで来てね!』
と口にした瞬間、私自身が抱いていた違和感の正体が分かりました。

私が起床直後に抱いたのは、どういう一日になるのか?という受動的思考だったのです。
自分がどうしたい、というものがなく、成り行きに任せるとどうなるのか。。。
毎日、生意気な言葉を発信している割に、あまり体験したことがないイベントの場に身を投じると積極性がなくなってしまうのですね。
こんな自分自身に気付き、すぐさま
『今日は、どんな一日にしようかな?』
という主体的な問いかけを自分自身に投げかけることができました。

長女が私に頼ってくれたから、気付けたことにも感謝感謝です。全ての出来事には意味があるということを感じつつ、一日を開始します!


今朝の言葉を読んで、あなたが主体的に一日を過ごすきっかけになれば嬉しい限りです。

本日も最後まで読んで下さり、有難う御座います。

【しあわせです、感謝!】


<イベント情報>
 5月26日 人類の祝祭(通称:ヌーフェス)
 6月9日 レインボーチャイルド祭
 6月30日 ヌーフェス


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『今の言動を見て、10年後の自分は何と言っている?』

2018-05-24 08:50:11 | 昨日の感謝ごと
今朝の言葉は、新聞やテレビのニュースを賑わせている出来事を見て、浮かんできた言葉です。

国会や大学スポーツ界での出来事についての報道を見聞きした際に意識しているのは、万一、自分が報道される出来事の当事者だったら、どういう振る舞いができるのだろうか?ということ。特に考えさせられるのは、糾弾される立場になった時のことです。

新聞やテレビで糾弾されている方の立場になった時、どういう言動をするかを考えると、あっさりと
『間違ったら謝る』『嘘はつかない』
と言い切ることができます。

しかし、私自身、日常生活では糾弾される方と同じような言動をしていることがあるのも紛れもない事実。家族や同僚など近しい関係にあればあるほど、違う場面で生じた”不機嫌な感情”を、教育/躾という名目でぶつけてしまうという間違いを犯していました。こういう行為を繰り返すことで、大事な存在の人との関係を悪化させていたのです。

他人の言動に対しては、簡単に正論を言える自分も、自分事になると簡単には実践できない。
そんな弱さを持った自分が正論を実践できるようになるためには、どんな言葉が必要なのかを考え、浮かんできたのが
『今の言動を見て、10年後の自分は何と言っている?』
という言葉だったので、ご紹介させていただきました。


今朝の言葉を読んで、あなたの言動を未来の自分目線を入れて捉えるきっかけになれば嬉しい限りです。

本日も最後まで読んで下さり、有難う御座います。

【しあわせです、感謝!】


<イベント情報>
 5月26日 人類の祝祭(通称:ヌーフェス)
 6月9日 レインボーチャイルド祭
 6月30日 ヌーフェス


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『怒りは、自分を知るリトマス試験紙』

2018-05-23 08:05:44 | 昨日の感謝ごと
今朝の言葉は、先日受検した性格診断テストで、怒りの感情が私の特徴であるということを告げられたことを受け、自分に向けて発した言葉になります。

受検した性格診断テストでは、4つの思考パターンのうち、どういうものを持っているのかを教えてもらえるものでした。
その診断では、私は、ゴールやビジョンが先に見えるタイプの思考パターンとのことで、他の3タイプには思いつかないものが先に思いつくことが特徴的だとのことを言われました。思考パターンには優劣はなく、単なる特徴/傾向ですので、誤解なく。
私が属する思考パターン(=義と呼ぶ)のキーになる感情は、「怒り」だとも教わりました。なぜ「怒り」なのかは、本日は割愛させていただきますが、私自身は、「怒り」の感情がキーと言われて、すっごく納得感を感じました。

以前まで、「怒り」の感情に振り回され、自分も周囲も混乱させていた傾向が強かったことは否定できません。この感情の扱い方を間違っていたがゆえに、家庭生活が崩壊寸前まで行っていたのですから。
今も盤石とは言えませんが、以前と少し変化を持つことができるようになってきたように感じています。(正確なことは家族に聴いてみないと分かりませんが。。。)

以前と何が変わったのか。
それは「怒り」の感情を抱いた後、気分が落ち着いた頃に「なんで、自分は怒ったのか?」と振り返ることを始めたのです。
この振り返りをすることで、私はどういう言葉/態度に対して「怒り」の感情が芽生えるのかという傾向を捉えられるようになってきました。

もし、カウンセリングでクライアントから「怒りとは何?」と聴かれたら、今の私は
『怒りは、自分を知るリトマス試験紙』
と考えることができますよね、とお伝えすると感じ、今朝の言葉としてご紹介させていただきました。


今朝の言葉を読んで、あなたのキーになる感情がどういうもので、その感情を自分なりの言葉で表現するきっかけになれば嬉しい限りです。

本日も最後まで読んで下さり、有難う御座います。

【しあわせです、感謝!】


<イベント情報>
 5月26日 人類の祝祭(通称:ヌーフェス)
 6月9日 レインボーチャイルド祭
 6月30日 ヌーフェス


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『人が悩むのは、今を生きていないから』

2018-05-22 08:06:59 | 昨日の感謝ごと
今朝の言葉は、いろんな方の教えを通して、自分なりに結論づけた言葉になります。

昨晩、私のプライベート名刺を作ってもらうために、お仲間の一人:げんげん宅を訪問しました。
今週末に迫った”人類の祝祭”の場にいることをイメージすると、せめて連絡先を周知するツールは用意しておかないといけないと思いつき、行動に移しました。
提供者側でフェスなどのイベントに参加したことがなく経験値がないため、ギリギリにならないと何を準備したらいいのかというイメージが湧いてこないのは、当事者意識が弱いのかも知れません、、、

名刺作成に取り掛かる前にげんげんが実施したのは、私がどういう活動をしたいのかということのヒアリングでした。
ヒアリングは想定外でしたが、自分がやりたいことが明確になってきていることもあり、傾聴カウンセリングを通して、クライアントの気付きを促し問題解決をサポートしたいことをスラスラと伝えることができました。
ここまではよかったのですが、げんげんから
『人はどうして悩むのかな?』
と素朴なことを聴かれた際、即答することができず
『自分は変わらず、他人や環境を変えようとするから』
『自分の正しさを他人に押し付けるから』
など、しどろもどろになってしまいました。

5月26日のフェスに向けて時間がないので、しどろもどろの状態は横に置いておき、無事に名刺を作成していただきました。

帰宅後も、しどろもどろの状態を解消すべく、素朴な質問への自分なりの回答を考えつづけ、起床後に浮かんできたのが
『人が悩むのは、今を生きていないから』
という言葉だったのです。

過ぎ去った出来事のことを考えることで悩み、未だ来ていない出来事に不安を感じるから悩む。
心理学だけでなく、いろんな場面で学んだことの本質は
『なりたい自分を目指し、今ここを生きること』
だったのだと、腑に落とせた朝だったので、今朝の言葉をご紹介させていただきました。


今朝の言葉を読んで、あなたが抱えている悩みを解きほぐすきっかけになれば嬉しい限りです。

本日も最後まで読んで下さり、有難う御座います。

【しあわせです、感謝!】


<イベント情報>
 5月26日 人類の祝祭(通称:ヌーフェス)
 6月9日 レインボーチャイルド祭
 6月30日 ヌーフェス


コメント
この記事をはてなブックマークに追加