三百人委員会イルミナティ

ゲームデザイナーの單気筒(たんきとう)が直筆する公式ブログです。
深層真実が広まれば幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本は遂に最貧国北朝鮮から馬鹿にされた

2008-12-25 00:13:38 | Weblog

麻生政権は風前のともしび 北朝鮮メディアが論評   【北京24日共同】北朝鮮の内閣などの機関紙「民主朝鮮」は24日、 与野党対立が激化する日本の政局について「麻生(太郎)政権は文字通り、 風前のともしびの状態だ」とする論評を掲載した。 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」も同日の論評で、与野党対立だけでなく、 自民党内でも麻生首相離れの動きが出ていることを紹介しながら、 「日本政治の低劣さと弱さが国際社会の前に余すところなくさらけ出されている、 と世論はあざ笑っている」と指摘した。

http://www.kahoku.co.jp/news/2008/12/2008122401000781.htm

因みに麻生太郎は本物の総理大臣ではありません、本物はアメリカのCFRにいますよ。 

日本からしてみれば北朝鮮は強過ぎるぞ 金正日は将軍独裁者だけど麻生とか福田とかよりは相当頭良いだろうな。   

余談ではあるが、日本が北朝鮮よりも魅力が少ない国である事実が、今年の米国のテロ指定国家解除で確定した。 と言うのも日本政府の秘密調査で採掘可能な日本の海域には少量の地下資源(メタンハイドレートなど)しか埋蔵していない事実が確認されたからである。 日本政府が秘密にこの事実を伝えた直後にアメリカは、北朝鮮の人口減と(現在の北朝鮮の実数人口は600万程)、次々に発見されていく比較的豊富な地下資源に魅了されてテロ指定を解除したのである。 尚且つ世界での日本の文化・経済の影響力が急速に弱まっている事も考慮されていた。

以上


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筆者は今日旧スクウェア幹部... | トップ | 三百人委員会の野望 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事