三百人委員会イルミナティ

ゲームデザイナーの單気筒(たんきとう)が直筆する公式ブログです。
深層真実が広まれば幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三百人委員会の陰謀2

2009-01-11 22:40:10 | Weblog

宗教という仮面をかぶった破壊的カルト
破壊的熱狂は宗教とういう仮面をかぶって、税制を含むさまざまな法律上の特典を得ようともくろんでます。不法に宗教の仮面を身に付け、自分たち自身があたかも善良な団体であるという印象を与えようとしています。そしてあらゆる非難から身を守り、不法な行為を正当化する為に、宗教上の差別であると唱えたり、自分たちが迫害されている少数派の宗教や哲学の一派であると主張するのです。

熱狂とは?
現実の社会とは相容れない考え方や価値観。
解りやすく言えば、米国のハリウッドの映画中の世界です。

アメリカの映画ってものすごく内容が激しくて斬新だよね。
アメリカってちょっと変わってるし、銃社会で、こんな映画が好きなんだよなあって思ったりします。
現実にはそうような殺し合いなど残虐な場面に出くわす事をそう多くありません。
しかしながら、このような現実に対して何の抵抗感も持たない人たちがいるのです。ユダヤ人達です。そして、スピルバーグなどのユダヤ人の監督がハリウッドを創ってきました。
例えば、我々の国家では殺人は禁じられています。
それは、法律と言う枠組みで禁じられていて、我々の価値観からすると人を殺す事は悪い事だと思っています。
しかしながら、例えば古代のエジプトやインカ帝国などでは、生贄など、王が死んだ時や、災難に面した時に、生贄として生きている人達を殺したりするのが法律や、価値観としてあったと言う国もあるのです。人はその世界の価値観によっても何が正しいとか正しくないとかを理解します。
そういった価値観をしているのがユダヤであり、熱狂なのです。これを応用したのが、マインドコントロールです。


テレビゲーム、ハリウッド
それを応用しているのが、人を殺す欧米コンピューターゲームであったり、映像として残虐なシーンを書くハリウッドであったりするのです。それを創っているのが熱狂である、ユダヤパリサイ派の人達なのです。よって、世界がユダヤによって権力が握られているので、あたかも、今現代の世界が当然のように受け入れられ、映画、欧米コンピューターゲーム、テレビによって洗脳させられ、我々が胸が悪くなるような戦争など紛争、争いに抵抗なく受け入れて、それが自然の流れであるのだと感じ、我々の世界は戦争の多い、人は争うのが好きな世界だと洗脳されているのです。しかし、我々はほんとうは違うのです、熱狂でもないし、ただそういう世界をユダヤが作ってきたからこそ、世界が歪んできているのです。 実際日本産とされているゲームの多くはユダヤ人やモルモン教信仰者がアメリカで創っている場合も多いです。 例えば日本人の極少数のゲーマーは、スーパーマリオとソニックは日本産だと思い込んでいますが、実際は双方ともアメリカでアメリカ人が作ったものです。 マリオを作ったアメリカ人は、既に80年代前半に首吊り自殺をしています。 ソニックを作ったアメリカ人はイルミナティの信仰者ですが、今は退役してのんびり暮らしているそうです。

なぜ、世界権力を理解出来ないのか
熱狂は、現実とは相容れないので、普通の人間には理解出来にくいので、全体主義を理解できる人は少ない、ユダヤによる世界権力も理解出来ない、普通人は嘘をつくなんて考えれないので、権力者が嘘をついているなどと理解できない。
破壊的熱狂は、洗脳によって人を殺すこともする。それも理解出来ない。よって、我々の現実の世界とはまったく相容れない。
今まで、世界権力が表に出てこないのも、我々は熱狂を理解できなし、それについて犬猿してしまう。
理解したとしても、それを表現しても理解してくれる人は少ない、なぜなら現実と相容れないからである。
そういった熱狂を暴露した者は、ユダヤにより排除させられる。よって、現実に世界の熱狂権力があるとは理解されない。


ユダヤによる歴史修正
ユダヤによって、歴史の書き変え、ユダヤに対する偏見は排除、書き変えてきた。ヒットラーのユダヤ人虐殺など。。シンドラーのリストというプロパガンダなどがある。ユダヤを批判すれば、ナチズムということに直結するとしてきた。

シンドラーのリスト
tnutygdlz.jpg

シンドラーのリスト
第二次世界大戦時のドイツによるユダヤ人の虐殺の中、企業家で、ナチス党員でありながらオスカー・シンドラーが1,100人以上ものユダヤ人の命を救った実話を描く。スティーヴン・スピルバーグ自身もユダヤ系アメリカ人である。
アカデミー賞では12部門にノミネート、そのうち作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、美術賞、作曲賞の7部門で受賞した。


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 任天堂の正体① | トップ | 三百人委員会の詳細 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事