三百人委員会イルミナティ

ゲームデザイナーの單気筒(たんきとう)が直筆する公式ブログです。
深層真実が広まれば幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

任天堂の正体①

2009-01-03 12:34:45 | Weblog

title_anti_666_2.jpg

BaphSmBK.GIF

何故任天堂がテレビマスコミで大量のCMを流す事が出来るのか? 何故任天堂は優良大企業に成長できたのか? 一体任天堂は誰が支配しているのか? その一部を今回は紹介します。

まず任天堂がゲーム事業を始めた起源は、ドイツ出身でアメリカ在住のユダヤ人ベアさんが開発したゲーム機、マグナボックスオデッセイⅡを日本で発売すべく参入したのが、任天堂のゲーム事業参入のきっかけでした。  

そしてビデオゲームの父であるアタリ社のノーラン・ブッシュネルさんはユタ州生まれのモルモン教の信徒です。 

1982年のアメリカの年末に発生したアタリショックはブッシュネルさんが意図的に、任天堂をゲーム業界の王者にする目的でわざとゲームソフトを粗製濫造させました。

そしてアタリ社の社名は日本語の「当たり」から由来しており、アタリ社はなんと設立当初から日本を意識していた。

ATARI2600の対応ゲームソフトで日本で大流行したパックマンとスペースインベーダーが発売されたのは偶然ではなく、パックマンとスペースインベーダーは実際にはユダヤ人が創作したゲームだからです。 パックマンはアタリ社のユダヤ人が密に創作し、スペースインベーダーはタイトー創立者のロシア系ユダヤ人のミハエル・コーガンさんが密にアメリカで創作して、日本人を実験台にする目的でアメリカで開発したゲームであるにもかかわらず、日本で最初に立ち上げたのです。


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三百人委員会と電脳ゲーム | トップ | 三百人委員会の陰謀2 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事