三百人委員会イルミナティ

ゲームデザイナーの單気筒(たんきとう)が直筆する公式ブログです。
深層真実が広まれば幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三百人委員会の詳細

2009-01-12 22:26:10 | Weblog
三百人委員会の存在は長い間極秘にされてきた。
三百人委員会は1727年に英国の貴族によって設立されて、英国の東インド会社の300人の会議に基づいて作られた。その巨大な富は中国とアヘン貿易から作られました。このグループよる、偽の麻薬の戦い(アヘン戦争、アフガニスタン侵攻など)があった、これは米国の麻薬との戦いです。300の委員会は、小さな多く、および(小さな)よりよい世界(すなわちよりよい世界を構成するものについて)が昔から計画されていました。
有限な天然資源を消費する人と、浪費をしない高貴な貴族に分けられることになりました。産業の大進化は人口増加を支援します。したがって、人口増加を破壊しなければなりませんでした。
よって、基督教に対する攻撃を始めました。工業国の破壊、何億もの人々の消滅、三百人委員会によって計画されました。
わずか300人が終結して欧羅巴の運命を掌握している。彼らは国家というものを不必要な存在と考え、これを廃棄する手段を手に入れた。
300人委員会の根本思想は、イルミニズムでありルシファー(堕天使)信仰である。ルシファー信仰の起源を求めるなら、われわれは5000年前のエジプト文明に遡らなければならない。 しかし筆者はイルミナストに共感できる。何故ならば悪でも「良い悪」と「邪悪」の二種類がある。 所詮善も悪がなければ存在しえず、又悪も善が無ければ存在できない。 確かに三百人委員会は2013年の日本滅亡計画は邪悪そのものだが、メンバーの思想は極めて高次元といえる。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三百人委員会の陰謀2 | トップ | 永遠の未成年者集団と三百人... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事